News

2015年6月25日(木)

【電撃PS】『艦これ改』PS Vita版独自要素が続々判明!! ブラウザ版と比較しつつ最新情報を一挙紹介

文:電撃PlayStation

 6月25日(木)発売の電撃PS Vol.593では、PS Vita『艦これ改』の最新情報を掲載。今回はPS Vita版ならではの要素にスポットを当て、ブラウザ版との違いを交えつつ紹介している。

■多数の艦隊を運用でき、シミュレーション要素が大きく向上

 『艦これ改』ではヘクス(六角形)で分割された各海域に、提督=プレイヤーが各艦隊を配備・展開できる。状況によっては敵『深海棲艦』艦隊が海域に侵攻してくることもあり、これはブラウザ版との大きな違いだ。

『艦これ改』
▲『艦これ』の四艦隊を超える数の艦隊を運用可能なようだ。さらに高度な艦隊運用と戦略が試される!?

■敵艦隊との交戦はブラウザ版を踏襲しつつ演出&機能面が進化!

 『艦これ改』の戦闘は、会敵陣形の選択など基本は『艦これ』のシステムを継承。艦隊編成や装備に応じて、索敵から航空戦や砲撃戦、雷撃戦などが行われていく。演出面に加えて、機能面の強化も図られているようだ。

『艦これ改』
▲戦闘時に敵艦がアップになるなど、ブラウザ版とは異なる演出がなされている。

■“任務”でボーナスをゲット&“明石の工廠”で装備を強化

 ブラウザ版でおなじみの「任務」や、装備を改修強化していける「明石の工廠(こうしょう)」などのやり込み要素は『艦これ改』でも健在! それぞれ画面の表示形式は、『艦これ改』独自のものに更新されている。

『艦これ改』
▲ブラウザ版と比較して、改修素材のアイコンも変更されているようだ。

 このほかにも多数の画面写真を掲載して、本作ならではのポイントを紹介している。詳細は、6月25日(木)発売の電撃PS Vol.593誌面で確認してほしい。電子版もKindleやBOOK☆WALKER、Reader Storeなどで同日配信されるので、こちらもチェック!!

(C)2015 DMM.com POWERCHORD STUDIO / C2 / KADOKAWA All Rights Reserved. ※画面は開発中のもの。

データ

▼『電撃PlayStation Vol.593』
■プロデュース:アスキー・メディアワークス
■発行:株式会社KADOKAWA
■発売日:2015年6月25日
■定価:657円+税
 
■『電撃PlayStation Vol.593』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『艦これ改(限定版)』
■メーカー:角川ゲームス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:SLG
■発売日:2016年2月18日
■希望小売価格:9,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『艦これ改』
■メーカー:角川ゲームス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:SLG
■発売日:2016年2月18日
■希望小売価格:5,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連記事

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.630

    電撃PlayStation Vol.630表紙画像

    2017年1月12日発売
    特別定価:694円+税

    【表紙&巻頭10P】ニューダンガンロンパV3
    【PS EXTRA】ドラゴンクエストXI
    【特集1】クリエイターに聞くゲーム業界
     2016 → 2017 [ 2017年の展望編 ]
    【特集2】PROJECT Re FANTASY
     が目指すものを橋野氏に聞く
    【電撃特報】アクセル・ワールド VS SAO
     魔女と百騎兵2 / ガンガンピクシーズ
     四女神オンライン
     ねぷねぷ☆コネクト カオスチャンプル
    【SUPER PUSH】GRAVITY DAZE 2
     KH 2.8 / BLUE REFLECTION / FFXV
     蒼き革命のヴァルキュリア ほか
    【ONLINE】FFXIV / PSO2 / DDON
     Destiny 鉄の章 / FFXI
    【特別付録】カジュアルゲーム冊子
    【ポストカード付録】GRAVITY DAZE 2
     ニューダンガンロンパV3
    【データ付録】GRAVITY DAZE 2
     DDON / チェンクロV

    >> 詳細はこちら