News

2015年7月1日(水)

『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』を遊んだ前作ファンの感想。レイコやキャシーは登場する?

文:喜一

 6月30日に都内某所にて、トレーディングカードアーケードゲーム『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』のメディア向け体験会が行われた。

『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』

 本作は、“宇宙世紀を、再構築(リビルド)せよ。”をキャッチコピーに掲げたAC『機動戦士ガンダム カードビルダー』シリーズの完全新作だ。

 この記事では、前作からのファンである筆者がプレイしてわかったことや安田直矢プロデューサーから聞けた情報などをお届けする。

■『機動戦士ガンダム カードビルダー』シリーズはここがおもしろい!

 本作は、モビルスーツ(メカニックカード)とパイロット(キャラクターカード)を組み合わせて自分だけの部隊を作り出せるという、『ガンダム』ファンなら誰もが楽しめるアーケードゲームだ。

 例えば、ガンダムにシャア・アズナブルを搭乗させることもできるし、逆にシャア専用ザクにアムロを搭乗させることもできるといった具合だ。

『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』
▲時代も作品も超えて夢の組み合わせが実現できる。

 このように想像上でしか実現できないモビルスーツとパイロットの組み合わせが簡単に実現できてしまうところが、本作の一番の魅力であると筆者は思っている。

■ゲームの流れを解説。デッキ作りから勝負は始まっている!

 自分だけの部隊を作りあげたら、早速戦場へ繰り出せる。最大3体のモビルスーツを操りながら、敵機を撃破し、相手のコストゲージを0にすれば勝利となる。

 前作から大きく変わっているのが、このコストゲージだ。『機動戦士ガンダム EXTERME VS.』をイメージしてもらうとわかりやすいのだが、本作では2000という固定のコストゲージがあり、味方モビルスーツが撃破されることでこのゲージが減っていく。

『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』 『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』

 上の写真をもとに説明すると、トータルコストが865となっている。つまり、各機体が合計2回ずつ落とされても-1730と、2000には届かないので、負けにはならない。

 だが、各機体が合計2回ずつ落とされた後の状態から、コスト485のユニコーンガンダムが撃破されてしまうと敗北となってしまう。

 ちなみにこのコストはパイロットカードとメカニックカードの組み合わせによって変動する。カードの右下のコスト値を合計した数字がそのユニットのコストとなる。

『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』 『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』
▲カミーユをユニコーンガンダムに搭乗させるとコストは680。中々の高コストだ。

 もちろん、コストが高いもののほうが優秀な能力などを持っているが、そのぶん運用をしっかりと考えなければならない。こういう部分を含めてデッキ編成をしていくのも、本作の醍醐味であり、おもしろいところでもある。

■攻撃範囲内に敵を補足し、レベルを上げることが重要に。4すくみも存在

 戦闘開始の前に出撃させるカードを登録する。ここで登場するのが、アシストユニットだ。メインユニット1体につき、3体1セットのアシスト部隊を2セットつけられる。

『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』

 このアシスト部隊は、戦闘中に呼び出して随伴機として活躍してくれるTrooper(トルーパー)という部隊と、後述する“ストライクオペレーション”の際に、サポート機として攻撃に加わるStriker(ストライカー)という部隊として設定される。

 戦闘が始まった直後から下画面の右にあるオレンジ色のボタンを押せば、トルーパー(随伴機)を呼び出せるので、まずは彼らを呼び出すのが重要となる。

『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』
▲画面右側にあるオレンジ色の部分をタッチすればトルーパーを呼び出せる。

 ざっくりと戦闘を説明すると、自ユニットに表示されている攻撃エリア(赤や黄色のもの)の中に敵機を入れると自動で攻撃が行われる。攻撃をあてていくと、自軍の戦術レベルが上がっていき、固有のスキルの発動や、後述の要素の使用に必要となる戦術ポイントを得ることができる。戦術レベルは自分のユニット全体で共通となっている。

『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』
▲こちらはカミーユのスキル。ロックオン速度上昇など強力なものもある。

 戦術レベルに対応して、発動可能な“ストライクオペレーション”の種類が増える。レベルが高くなれば高くなるほど、強力なものを繰り出せるので、しっかりとレベルを上げていきたい。

 また、前作では3すくみだったところが、本作では4すくみとなって生まれ変わっている。下画面の左上にわかりやすく表示されている。すくみの関係はA<D<C<Bとなる。

 表示されているA、B、C、Dのアイコンをタッチすれば、それに応じて機体のタイプも変化する。アルファベットはモビルスーツの武器に対応しており、変更することで攻撃の射程も変わる。

『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』
▲画面左上にあるアルファベットをタッチすれば、押した部分に対応したタイプに変更される。
『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』
▲ユニコーンガンダム(デストロイモード)のカードの裏面。カードを手に入れたら武装をしっかり確認しておこう。

 この4すくみによる細かい読み合いが非常におもしろくもあり、難しい。筆者は操作にブランクもあり、かなり手こずってしまったが、慣れてきたらかなり熱い読み合いが発生しそうだ。

■新システム“ストライクオペレーション”を使いこなせ!

 新たなシステム“ストライクオペレーション”は、戦術レベルを上げることで使用できる攻撃だ。戦術ポイントを消費し、ストライクオペレーションを発動できる状態になると、タイプがSに変化。

 緑色になった攻撃範囲に敵を補足し、ロックオンした後にすかさず筺体の横にあるボタンを押せば“ストライクオペレーション”が発動できる。この一連の動作は前作のプレイヤーならニヤリとできる要素だ。

『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』
▲ロックオンできたら……。
『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』
▲すかさず筺体右側のボタンを押す!

 ストライクオペレーションを発動したら、画面が下記のように移行する。大きく表示されている22073というのが敵に与えられるダメージで、その右側にある77%というのがいわゆる命中率だ。

『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』
▲ダメージと相手機体の耐久値を見て、素早く判断することが求められる。

 この時にストライカーをサポートとして参加させると、攻撃力や命中率が上がるなどの恩恵が受けられる。ただ、アシストユニットを参加させるのにも戦術ポイントが必要となるので、考えて使っていきたい。

 また、ストライクオペレーションを相手に使われてしまった場合も同様の状況になる。その場合は、相手の攻撃の命中率を下げるということができる。

『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』
▲この時点では60%の確率で被弾してしまうが……。
『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』
▲ジュドーの“歴戦のニュータイプ”を使うことで、命中率を10%下げられる。

 このアシストユニットの使用の選択は、制限時間10秒ほどで行わなくてはならないので、気をつけてほしい。

■サービス継続にしっかりと力を入れていく本作の取り組み

 安田直矢プロデューサーから、前作での反省を生かし、本作では運営やネットワークに関してしっかりと力を入れていくと語られた。

 さらに、ウェブサイトとの連動で、カスタマイズ要素を入れるなどゲームと連動したサービスも展開していくとのことだ。

 また、前作のファンなら“気になるかもしれない”部分を筆者の独断で安田プロデューサーに聞いてきた。

――アルファロケテストの時点で登場するカードはどれくらいになりそうですか?

 アルファロケテストではメカニック・キャラクターを合わせて29種になりますが、正式稼働第1弾ではメカニックだけで80種類以上のカードが登場します。

 主役機級のモビルスーツはもちろんですが、MSVやゲーム作品登場の量産機、戦車、戦闘機など渋い機体が続々登場予定です。どの作品のファンの方もお楽しみいただけると思います。

 また、カードは運営直後からも続々追加していく予定です。

――ストライクオペレーション時にサポートアタックとしてアシストユニットの攻撃が加わりますが、特定の機体やパイロットの組み合わせで特殊な演出は発動しますか?

 もちろんです。アルファロケテストの段階では追加できませんでしたが、正式稼働時には皆さんにニヤりとしていただけるものなども追加したいと思っています。

――『カードビルダー』と言えば、オペレーターさんです。前作では、いろいろと選択できた他、キャシーとレイコのような隠しオペレーターもいましたが、本作ではいかがでしょうか?

 レイコとキャシーに負けない魅力を持ったオペレーターが登場するかもしれません。稼働を楽しみにしておいてください(笑)!

■『ガンダム』ファンなら絶対に楽しめる夢のゲームが『カードビルダー』だ!

 自分が考えた理想の部隊でゲームが楽しめる本作。前作をかなりプレイした筆者も、気持ちを新たに遊ぶことができた。細かなシステムの変更はあったものの根底にあるおもしろい部分はそのままなので、ぜひロケテストにも足を運んでみてほしい。

『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』
▲稼働時には上のライトが青色以外にもなるとのこと。筺体も操縦席のようでモチベーションがあがる。

【ロケテスト日程】

●会場:namco ラゾーナ川崎店

・7月3日金曜日……18:00~23:30
・7月4日土曜日……10:00~23:30
・7月5日日曜日……10:00~23:30

※300円/1プレイ。
※特典のステッカーは数に限りがある。なくなり次第終了。
※風適法および各都道府県の条例により、既定時間以降の入場制限がある。
※実施内容は、予告なく変更・終了となる場合がある。
※詳細は公式サイトを参照してほしい。

(C)創通・サンライズ

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。