総合 > 電撃App > 記事一覧 > 『ひめがみ絵巻』運営スタッフ&声優座談会。荒浪和沙さんのガチャ運が今回もさく裂!?
2015-07-10 19:00

『ひめがみ絵巻』運営スタッフ&声優座談会。荒浪和沙さんのガチャ運が今回もさく裂!?

文:リューヤ

 Aimingが配信しているiOS/Android用アプリ『ひめがみ絵巻』。本作に出演する声優陣&運営スタッフの計4名を集めて、本作の魅力について語り合う座談会を行いましたので、その模様をお届けします!

『ひめがみ絵巻』

 『ひめがみ絵巻』は、天竺(インド)、蓬莱(中国)、高天原(日本)の神々――“姫神”たちが暮らす“森羅万象の世界”を舞台に、乱れた“世界の秩序”を正そうと奮闘する青年の戦いを描いたターンバトルRPG。姫神の配置を状況に応じて入れ替える、シンプルかつ奥深い“ポジションちぇんじバトル”で人気を博しているタイトルです。

 今回は、そんな本作を知り尽くす運営チームのAiming 金子勝さんと、本作をプレイしている出演声優の荒浪和沙さん、土谷麻貴さん、藤井アユ美さんの3名に、本作の魅力について存分に語っていただきました。声優陣のガチャ対決もあり、大いに盛り上がりましたので、ぜひご覧ください!

『ひめがみ絵巻』
▲左から荒浪さん、藤井さん、金子さん、土谷さん。4人が約2時間にわたって熱いトークを繰り広げました!

元々『ひめがみ絵巻』は台湾生まれのゲームだった!

――まずは声優の皆さんに、どのキャラを演じているかも含めた、読者への自己紹介をお願いします。

荒浪和沙さん(以下、荒浪):初めまして、荒浪和沙です。『ひめがみ絵巻』では、主に乙姫役をやらせていただいています。他にも2キャラくらい担当しています。姫神の雰囲気や絵のタッチがすごく独特で、世界観に合ってるなあと思いながら楽しく演じさせていただきました。

土谷麻貴さん(以下、土谷):土谷麻貴と申します。初期実装のキャラクターはプリパスちゃんを担当しているんですが、他にも小判ガチャでないと出てこない墨麟(ぼくりん)ちゃんやウズメちゃん、霊貨ガチャで引ける燭陰(しょくいん)ちゃん役で出演しております。

藤井アユ美さん(以下、藤井):初めまして、藤井アユ美です。私は白娘子(はくじょうし)ちゃんと、お守りで買える限定キャラの瓜姫ちゃんの役をやらせていただいております。どの子もとってもかわいいキャラクターなので、皆さんぜひゲットして使ってやってください!

土谷:お守り限定キャラかー。まだお守りが350個くらいしか貯まってなくて、取れてないんですよ。

荒浪:でも、そんなにお守りを持っているの? すごーい! 最初のうちはわかんなくて使っちゃいますよね。

土谷:ガチャで★3とか★4のキャラが出て、育てないって決めたらお守りに変換して、★1とか★2のキャラは経験値に。それをひたすら繰り返していたら貯まりました。

荒浪:やっぱり弱いキャラは、かわいそうだけど経験値にしていかないといけないですよね。

土谷:貯められる経験値には限りがあって、コスト解放しないと経験値の上限が上がらずにあふれちゃうんですよ。だから、あふれないようにちょこちょこ使って、キャラを鍛えながらがんばっているところです。

――ありがとうございます。では次に金子さんにうかがいますが、『ひめがみ絵巻』は元々台湾のブラウザゲームだったんですよね?

金子勝さん(以下、金子):そうです。台湾で出た『仙姫幻想』というタワーディフェンス型のブラウザゲームが元になっています。これは日本でも『幻想戦姫』というタイトルでサービス開始されているんですが、そのアプリ版が『ひめがみ絵巻』になります。

――どういった経緯でローカライズすることになったんですか?

金子:まず、絵がほんとにかわいいですよね。海外で作られたゲームのグラフィックは日本市場では受け入れられないケースが多いですが、このゲームの姫神たちはそのままでも十分に日本で愛されると確信しました。ゲーム性もテンポよく手軽にプレイできながらも奥も深くて、このまま日本でサービスしたとしても受け入れられるだろうと。彼らのセンスに賭け、ぜひ一緒にやりたい思ったのがきっかけです。

――元のゲームがタワーディフェンス型ということは、『ひめがみ絵巻』とはまったく違うシステムだったんですか?

金子:そうですね、絵や世界観は一緒でしたが、ゲームシステムは全然違っていました。本当にスマートフォン向けに作り直された感じでしたね。

藤井:日本人と台湾人だと、ゲーム上での嗜好が違うと聞いたことがあるんですけど、やっぱり日本人向けになるように手を入れたりしたんですか?

金子:日本でも多くのゲームをサービス実績がある開発会社ということもあるんだと思うんですが、元々日本人の好みにあっていておもしろかったです。ただ、そこからさらに日本人の嗜好にあった設定に変更した部分はあります。そこはもう、ホントに試行錯誤しながら調整でしたので大変でした(笑)。

土谷:でも、おかげでキャラクターが全員、個性が立ってて尖っているというか、特徴がある子が多くなりましたよね。その特徴がスキルなどに表れているから、すごくやり込みがいがあるなとプレイしていて感じました。やればやるほど、いろいろスキルを考える楽しみが出てきますよね。

金子:私も台湾版のアプリをプレイした時に、序盤は何もしなくても勝てるので簡単なゲームなのかなと思ったのですが、ゲームを進めるにつれてポジションちぇんじやメインスキル、パッシブスキルを意識するようになって、このゲームの本当のおもしろさが見えてきましたね。

『ひめがみ絵巻』

荒浪さん&土谷さん&藤井さんが語る、音声収録の裏話

――今、お話に出てきた個性的なキャラクターについて声優の皆さんにお聞きしますが、ご自身が演じられている姫神の特徴を教えてください。

荒浪:はい。乙姫は、ちゃんとしたいなと思いながらもちゃんとできない女の子だと収録の時に感じました。立場上キリっと振る舞おうかと思うんですけど「やっぱやーめた」みたいな。ちょっとワガママで、周りを振り回しちゃうようなところがあると思います。天真爛漫で、割と自分に近いところがあるので、演じるのは楽しかったんですが、「はいOKでーす」ってすぐに収録が終わっちゃいましたね。

『ひめがみ絵巻』
▲荒浪さんが自分と近いところがあるという乙姫。

――では、演じるのにあまり苦労はなかったんですか?

荒浪:そうですね、乙姫に関しては全然でした。別のキャラクターで、すごく小さなキャラもやったんですけど、それはどうやって演じていこうかなと悩んだりもしました。

――ありがとうございます。では土谷さん、お願いします。

土谷:プリパスは最初、色っぽさを前面に出して演じたら「もう少しかわいい部分も見せてください」と言われたのを覚えています。後はどうだったかな……声を聞けば思い出すんですけど、このゲーム、キャラのレベルを上げないとステータス画面で色々な声が聞けないんですよね。私のプリパスちゃんはまだレベル1なので……。燭陰ちゃんは育ててるので覚えてるんですけどね。「ふにゃ!」って言って撤退します(笑)。

金子:ナマ燭陰ちゃんだ! 燭陰ちゃん、かわいいですよね。

土谷:あまりHPが高いキャラではないので、後ろに置いてスキルを使わせています。演じた感想は、テストの際にあまりにも頭が悪そうなキャラを演じてしまい「土谷さん、ヨダレをしまってください」って言われました。で、しまった結果が現在配信されているものです。

荒浪:ぜひヨダレをたらしたバージョンのほうも……。

藤井:聞いてみたかったですよねー!

土谷:いやー、アレはホントに頭が悪すぎて(笑)。だからプリパスちゃんは頭が悪くならないようにがんばりました。あとはウズメですけど、ウズメちゃんは天照大神(あまてらすおおみかみ)ちゃんが大好きすぎてちょっと変態っていうキャラで、演じていてとても楽しかったです。

『ひめがみ絵巻』
▲竜神の燭陰(しょくいん)。ヨダレバージョンが気になります!

――では最後、藤井さんお願いします。

藤井:はい。白娘子ちゃんは、おっとり天然でかわいいお姉さんキャラです。スタイルがよくて、男性にもモテモテなリア充キャラなんですけど、本人はまったくそれに気付いていないという。私は普段ロリキャラを演じることが多いので、「こんなナイスバディなお姉さん、できるのかな」と不安いっぱいで収録に臨んだのですが、実際やってみるとまさかの一発OKでしたね。あと、白娘子ちゃんは性能がよくて、すっごく強いんですよ。

土谷:そう! HPもそこそこ高いし、スキルのダメージも400%以上あって、めっちゃ強いんですよ。

荒浪:外見からは全然そうは見えないですよね(白娘子のイラストを見ながら)。

『ひめがみ絵巻』

藤井:見えないですね。おっとりしてるんですけど、実はすごく強いんですよ。さらに白い蛇を連れてるので、とっても縁起がいいです! ということで、もう1パーティーに1人は必要なキャラだと思っておりますので、よろしくお願いします。

『ひめがみ絵巻』
▲藤井さんが演じる白娘子。スキルも優秀な人気キャラクター。

お気に入りのキャラクタートーク、白熱! LINEスタンプ化もあるかも!?

――ところで、『ひめがみ絵巻』には他にも多くのキャラが登場しますが、その中で皆さんのお気に入りのキャラは誰でしょうか?

土谷:(挙手して)はい! 土谷、カーリーです! 始めて引いた★7がカーリーで、成長限界のレベル55まで育てました!

荒浪藤井:すごーい!

金子:めっちゃやり込んでますね。

荒浪:私はかぐやが結構好きです。元ネタが神話のキャラだと調べないとわかりませんが、出典がおとぎ話だとひと目見て「あっ、竹だ」とすぐにわかるので。キャライラストで竹に座ってるんですけど、それがすごくいいなあと思いました。

藤井:私は、自分の演じているキャラがすごく好きなタイプなんですよね。瓜姫ちゃんとか、まだ実装されてませんけど二郎真君(じろうしんくん)とか。それ以外だと、白娘子がおともに連れてる小青(しょうせい)というキャラが、手に蛇みたいなパペットを付けていてすごくかわいいです。小青は口が悪いけど白娘子のことがすごく好きで、「なんてツンデレなんだ!」ということでお気に入りです。しかも結構強いですし、よく助けていただいております。それから乙姫ちゃんも、全体攻撃をやってくれてすごく強いので頼もしいです。自分は持っていないんですけど、ゲストで持ってる人がいると助っ人に選んじゃいます。

荒浪:うれしいです。ブラウザゲームの時から「乙姫は結構人気だよ」って言われていて。強いし、かわいいし、いいですね。

――ちなみに、金子さんのお気に入りキャラクターは?

金子:えっ、僕もですか? えーと、お気に入り……。

荒浪:誰かなー?

土谷:誰かなー?

藤井:白娘子! 白娘子ですよね!

金子:い、言いづらーいっ! えーと、どのキャラも好きっていうのは逃げですよね。誰か1人選ぶとしたら乙姫かな。

荒浪:やったー!

金子:乙姫のスキルエフェクトが画面いっぱいに水が走るというもので、すごく派手で綺麗なんですよ。やっぱり僕は運営を担当しているので、スキルエフェクトとかゲームでの強さとか、そんなところばかり見てしまうので。でも実際のところ、どのキャラも好きですよ。みんなかわいいですし、ボイスもいいですし。僕、仕事中にボイス聞きながら、1人で悶えたりしています(笑)。

『ひめがみ絵巻』
▲乙姫の前衛メインスキルは、他のキャラクターのスキルよりも断然派手なエフェクトとなっています。

荒浪:ところで、全体的なキャラ人気って誰が一番なんですか?

金子:一番人気は天照じゃないですかね。やっぱり初期キャラクターは人気がありますから。

藤井:でも私、何気なくTwitterで白娘子の人気を調べたら「白娘子強えー!」「白娘子かわいい!」「白娘子欲しい!」って声がいっぱいあって、すごくうれしくなっちゃいました(笑)。

土谷:白娘子強いですよねー。かわいいし。

荒浪:かわいいといえばSDキャラがすごくかわいいですよね。チマチマしててすごく癒されます。

金子:ギルドの掲示板とかでも、SDキャラのLINEスタンプが欲しいなんて言われてますね。

藤井:あっ、いいですねそれ!

土谷:LINEスタンプ欲しい……! メチャメチャ欲しいです、それ!

――リリースされる予定はあるんですか?

金子:いや、今のところまだ僕の脳内企画ですね。

荒浪:やりましょう、やりましょう! ボイススタンプにしちゃって!

『ひめがみ絵巻』
▲LINEスタンプ化が望まれるSDキャラ。動きもかわいいので動くスタンプなどでも人気が出そうです。

そして始まる、声優陣のガチンコガチャ対決!

――ではここで、声優の皆さんのガチャ運を占ってみたいと思います。小判ガチャを引いていただき、一番高いレアリティを引いた方が優勝。賞品をプレゼントさせていただきます。

荒浪:単発ですか? 私10連じゃないといいのが出ないんですけどー!

藤井:そうですか? 引いていると普通にレア度高いの出ますよね。

土谷:出ます出ます、高レアリティの★7が8%って高いですよね。前、単発で引いたら1回で出たんですよ、★7の桃胡が!

――荒浪さんは電撃オンラインで連載していたプレイ日記で、強烈なガチャ運を披露していらっしゃいますので期待しています!

土谷:それじゃあ順番はジャンケンで決めましょう。

荒浪土谷藤井:最初はグー! ジャンケンポン! あいこでしょ! あいこで……。

――決まりましたか? では、荒浪さん、土谷さん、藤井さんの順でお願いします。

荒浪:いきまーす! おっ? これは……★5! レアです!

――★5の弁財天ですね。では次、土谷さん、どうぞ。

土谷:はい。でも私、早朝に引くといいのが出るっていうジンクスがあるんですけど、今は時間的にダメだと思う……はいダメだー! 負けたー!

荒浪:えっ、何引いたの?

土谷:★4のカッサパ。こんなのお守りに変換ですよ!

――では最後、藤井さんお願いします。

藤井:はい。白娘子、白娘子、白娘子……! あっ、斉天大聖。★5です!

荒浪:おー。レア度一緒だー。

藤井:一緒だー! これ、どうするんですか?

――それでは、荒浪さんと藤井さんにもう一度引いていただきましょう。

土谷:じゃあ私は傍観者で。あーあ、賞品欲しかったな!

荒浪:それじゃ引きます! ……おっ? あー、★4ですー。かわいいですけどね。

『ひめがみ絵巻』

――応龍ですね、残念でした。では次、藤井さん。

荒浪:カッサパ、カッサパ、カッサパ……お爺ちゃん出ろお爺ちゃん!

藤井:やめてくださいよー(笑)! 白娘子、白娘子、白娘子……! あれ、またレア度同じだ。★4のガネシュです。

土谷:おー! 何この宿命のライバル対決。

――いやもう、決着が付くまで何度でも続けましょう!

荒浪:それじゃもう1回……よっ! ……きゃああああ!

土谷:何を引いたんですか?

荒浪:恵比寿(えびす)! ★7です!

『ひめがみ絵巻』

一同:おおーっ!(拍手)

荒浪:やったー、やったー! きたああああ!(ガッツポーズ)

藤井:うわー……2連続で★7は引けないだろうなあ……。

土谷:まだわかりませんよ、8%ですから!

藤井:白娘子、白娘子、白娘子! あっ……負けました~!

――★5の応龍。ということは、荒浪さんの優勝です。おめでとうございます!

荒浪:ありがとうございます! 私、何故かわからないんですけど、電撃さんのビルに来ると引きがよくなるんですよ。自宅ではダメなのに(笑)。

――それでは、賞品の贈呈を金子さんの方からお願いします。

金子:わかりました。では、荒浪さん、おめでとうございます!

『ひめがみ絵巻』

荒浪:ありがとうございます。やったー、うれし~い!

金子:いやー、めっちゃ盛り上がりましたね。

土谷:やっぱりガチャっておもしろいですね! 課金して自分で引いてみよう。

――そういえば『ひめがみ絵巻』は、課金するごとにVIPランクが上がっていく仕組みになっていましたね。

金子:そうですね、VIPランクが一応あります。でも、VIPだからといってものすごく優遇されるような差別化はしたくなかったんですよ。だから、VIPランクによる特典は、ちょっとゲームが楽になるオマケ程度のものに留めてあります。例えば、キャラクターの枠が増えるとか、戦闘の速度を3倍速にできるとか。VIPランクが上がっていないとこのステージはクリアできない、といったようなものは一切設定していません。

藤井:優しい真心設定ですね。

声優陣が語る『ひめがみ絵巻』攻略アドバイス

――ところで、未プレイの方や初心者さんにプレイのアドバイスをするとしたら、どんなことを言いたいですか?

藤井:バトルの際には、他プレイヤーのキャラを助っ人として1人選べますので、敵が強くなったらレベルの高いキャラを選んで、その人に全部倒してもらいましょう!

土谷:任務をこなしていくとご褒美がもらえて、それでレベルが上がるとスタミナが回復するじゃないですか。あの報酬を、スタミナを使い切った後とかにもらえば、スタミナを絶やさずだいぶ先まで進めます。つまり、任務のご褒美を受け取るタイミングを間違えるな、ってことです。

荒浪:私が言えるのは、チュートリアルをちゃんとやりましょう、ということくらいかなあ(笑)。

土谷:そのチュートリアルも、特定のボタンを最初にタップしたときに説明が入ったりとか、あちこちに隠れてるんですよ。だから早い段階でいろいろボタンを押して、操作を少しずつ理解してから効率よく進めていくといいと思います。

『ひめがみ絵巻』

荒浪:土谷さんが優秀すぎて、金子さんのしゃべる機会がなくなってる(笑)。

金子:いやー、ホントにやり込んでますよね、土谷さん。

土谷:実は私が座談会に呼ばれた理由は「ガチ勢だから」だそうです。あと、小判ガチャは1日1回やったほうがいいってことかな。

藤井:そうなんですか? 私、小判が5枚貯まった時にしか引いていませんよ。

土谷:指定された行動を取ると毎日もらえるボーナスっていうのがあって、それを全部クリアすると小判が5枚返ってくるの。

金子:ボーナスの達成項目の中に“小判召喚(ガチャ)をする”というのがあるので、小判5枚で小判ガチャを引くと、ボーナスの報酬でその分は戻ってきます。他のボーナスの達成項目もクリアする必要はありますが、達成できれば1日1回無料で小判ガチャが引けるような形ですね。

土谷:そうなんですよね。他にも、任務の達成とかで小判はもらえるけど、それは大事にとっておいて50枚貯めてから10連で引くといいよ。10連だと★6以上が1体確定で出るから。

藤井:そっかー、深い。それじゃ貯めます。今から私は貯金する女になります。でも、1日1回だけ小判ガチャが無料で引けるって、すごくうれしいですね。

金子:そうですね。1日1回小判ガチャを引けるようにしたのは、ユーザーさんにいろんなキャラクターを育てる楽しみを味わってほしかったからなんです。ちゃんと育てれば、全部のキャラクターを最高レアリティの★10にできますから、やり込めばやり込むほど強くなります。そこがこのゲームのコンセプトですね。

――では最後に、読者の皆様にメッセージをお願いします。

荒浪:独特な世界観を筆頭に、ハマれる要素が盛りだくさんな作品だと思います。私が担当させていただいた乙姫ちゃんとか、キャラクターもみんなかわいいですし。遊んでみたいと思えるような、入り込みやすい要素がいっぱいありますので、まずはプレイしてみてください。神話やおとぎ話に詳しくない方は、より楽しめるように遊びながら勉強してみてはいかがでしょうか。私は今、勉強中です!

土谷:チュートリアルが短めに感じましたので、試しプレイがしやすいと思います。なので、まずはやってみて、かわいいキャラクターたちと戯れていただければと思います。後は1日1回プレイするもよし、毎日どっぷりプレイするもよしで、自分のペースで遊んでいけばいいかなと。何にせよまずはギルドに入って、お友だちを作って攻略方法を聞いたりすれば、色んな意味でおもしろくなると思うので、ぜひ遊んでみてください!

藤井:私は普段、あまりゲームをしないんですけど、『ひめがみ絵巻』は時間を忘れて夢中になってプレイできました。なので、私と同じようなゲームをしない女の子も、楽しんでできるゲームだと思います。私は、自分でギルドを立ち上げようと思ってます。ボスとしてみんなを引っ張るぞ! なので皆さんも一緒に遊んでみませんか?

金子:僕は『ひめがみ絵巻』は、みんなでやるゲームだと思っています。なのでギルドに入っていただいたり、友人を誘っていただいたりして、一緒に楽しんでほしいなと。最初のほうは簡単でどんどんクリアできるけど、後々のほうで絶対攻略法が必要になってきますので、仲間からの情報収集は大事ですよ。そこまでプレイしていただけたら、ゲームシステムの奥深さもわかって楽しいゲームになっていると思いますので、ぜひプレイしてみてください。

『ひめがみ絵巻』

データ

▼『ひめがみ絵巻』
■メーカー:Aiming
■対応端末:iOS
■ジャンル:RPG
■配信日:2015年6月23日
■価格:基本無料/アイテム課金
▼『ひめがみ絵巻』
■メーカー:Aiming
■対応端末:Android
■ジャンル:RPG
■配信日:2015年7月1日
■価格:基本無料/アイテム課金

関連記事

関連サイト

アプリ人気ランキング

集計期間:12/1~12/31

  1. 1 『Fate/Grand Order(フェイト/グランドオーダー)』

    『Fate/Grand Order(フェイト/グランドオーダー)』

    TYPE-MOON / FGO PROJECT

  2. 2 『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』

    『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』

    バンダイナムコエンターテインメント

  3. 3 『チェインクロニクル3』

    『チェインクロニクル3』

    セガゲームス

アプリ人気ランキングに投票

アプリ人気ランキングをもっと見る

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『Bプロ』アプリ世界最速プレイレポ!! 気になるライブやクエストの詳細も初公開

  2. 2

    『ポケモン GO』北米限定ケンタロスをゲットできるか!? E3取材の裏であった激闘レポ

  3. 3

    『FGO』亜種特異点IIの情報が一部公開。舞台は中央アジアの地下に広がる巨大空間

  4. 4

    『フェイト/グランドオーダー』地下生活が続くマシュたちの前にセイバーがやってくるが……

  5. 5

    【スパロボ クロスオメガ】アイドル姿のベルタ&カタリーナを初公開(オオチP情報局#12)

  6. 6

    『FGO』アルトリア、ジャンヌ〔オルタ〕のiPhoneケースが予約受付中

  7. 7

    英語版『FGO』が北米地域向けにiOS/Androidで配信開始

  8. 8

    【FFRK名場面】地獄の沙汰も金次第? ギルの交渉で手に入る召喚獣“ようじんぼう”

  9. 9

    『グリムノーツ』のアリスやジャンヌ・ダルクが24時間ずっとあなたのそばに

  10. 10

    『Fate/Grand Order』ルーラー/ジャンヌ・ダルクが堂々フィギュア化! 巨大な宝具も完全再現!!

[集計期間:06月21日~06月27日]

ページ
トップへ