News

2015年7月10日(金)

今週末はインディーゲームの祭典『BitSummit 2015』に行こう! 電撃PS注目の出展タイトルをチェック

文:電撃PlayStation

 7月11日(土)と12日(日)の2日間にかけて、京都市・みやこめっせで開催されるインディーゲームイベント『BitSummit 2015』。このイベントでは、国内や海外問わず、さまざまな新作タイトルが出展される。ここではイベント開催に先駆け、電撃PS編集部が注目するオススメのタイトルを紹介していこう。

『BitSummit 2015』
『BitSummit 2015』

Back in 1995(Throw the warped code out)

 1995年当時の初代PS風ポリゴンモデルで作られた3Dアドベンチャー。当時の質感に加えて、ラジコン操作の独特なプレイ感覚も再現している。2Dによるドット絵ではなく、3Dポリゴンのレトロゲームという新しいジャンルだ。

『BitSummit 2015』

Mighty No.9(Comcept)

 稲船敬二氏を中心に、キックスタータープロジェクトで開発が始められた横スクロールアクション。往年の手ごたえがある2Dアクションを、現代風にリファイン。全世界で9月に発売予定で、PlayStation 4やXbox Oneなど、マルチプラットフォームで展開する。

『BitSummit 2015』

ボコスカウォーズ2(株式会社ピグミースタジオ)

 芸術的な作品をリリースするクリエイター・ラショウ氏が手掛ける戦略シミュレーション。1984年にPCで発売されたあと、ファミリーコンピュータにも移植された『ボコスカウォーズ』の続編となるが、ゲーム性などの詳細はまだ謎に包まれている。BitSummitの会場でぜひ確認してみよう。

『BitSummit 2015』

Jump Gun(Team hiropon)

 福島Game Jam 2013にて、6人の個人制作者が集まって作られたアクション。当たるとなんでもジャンプする銃を使って、ステージをクリアしていく。福島Game Jam版は、現在無料で公開中だ。

『BitSummit 2015』

Nom Nom Galaxy(有限会社キュー・ゲームス)

 宇宙のとあるスープ会社の社員となり、惑星を開拓しながらスープを作り、市場シェアを争う『PixelJunk』シリーズ最新作。アーリーアクセス版が昨年リリースされていたが、今年ついに正式版を配信! なお、マルチプレイなどの要素を大幅に追加したPlayStation 4版も現在配信中だ。

『BitSummit 2015』

Fractures(ViteiBackroom)

 土や水などのエレメントが失われた世界で、それぞれのエレメントを司る神に祈りを捧げることで出現するポータル(世界の傷)を通り、複数の世界を往復しながら謎を解いていくアクションパズル。絵本のようにアーティスティックな世界で、謎を解く楽しさを味わおう。

『BitSummit 2015』

D4:Dark Dreams Don’t Die -Season One-
(株式会社アクセスゲームズ)

 2年前に妻を殺され、記憶を失った男デイビット・ヤング。数奇な運命を抱えた男の物語を体験できるミステリーアドベンチャーゲーム。全世界で130万ダウンロードの売上を記録しており、PC版やXbox one版が現在配信中だ。

『BitSummit 2015』

The Tommorow Children(トゥモロー・チルドレン)
(有限会社キュー・ゲームス)

 冷戦当時の社会主義国をモチーフにした世界観で、人類をよみがえらせるために働くソーシャルアクション。“カスケード型ボクセルコーンレイトレーシング”と呼ばれる照明表現で描写されるグラフィックと、社会主義を戯画化したようなプレイスタイルが特徴的な作品だ。

『BitSummit 2015』

Shovel Knight(Yacht Club Games)

 ショベルを武器に戦う騎士が、行方不明の恋人を救うために戦う、8bitゲーム時代のよさが詰まった横スクロールアクション。レトロチックでありながら、現代の技術で描きこまれたグラフィックや、練り込まれたゲーム性が魅力的な作品だ。

『BitSummit 2015』

Vane(Friend& Foe)

 AAAタイトルを手掛けた経験豊富な開発者のインディースタジオが制作した、雰囲気バツグンのオープンワールドアドベンチャー。謎に満ちた世界を探索するシングルプレイゲームということ以外、詳細は謎に包まれている。ティザートレーラーはこちら。

『BitSummit 2015』

Peabox GOCCO OF WAR(オーツー)

 BitSummitで詳細が初公開となる作品。数十人のユーザーが交流できるロビー広場から、気の合う人とパーティを組んで共闘クエストに出かけるポップシューターだ。材料を集めてコスチュームや武器を制作することができる。

『BitSummit 2015』

 もちろん、ほかにも多くのタイトルが、BitSummit会場にて触れることができます。タイトル出展だけでなく、ステージイベントなども行われているので、詳細は公式サイトにてチェックしてください。

関連記事

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.641

    電撃PlayStation Vol.641表紙画像

    2017年6月22日発売
    特別定価:694円+税

    【表紙】モンスターハンター:ワールド
    【巻頭特集】New みんなのゴルフ
    【特集1】E3 2017特集
    【特集2】アクティビジョン特集
    【特集3】ドラゴンクエストXI
    【電撃特報】ハコニワカンパニワークス
     ネプテューヌVIIR / 深夜廻 / 祝姫 -祀-
    【SUPER PUSH】閃の軌跡III / GOD WARS
     ディシディア ファイナルファンタジー NT
     ARK: Survival Evolved / 地球防衛軍5
     リトルウィッチ アカデミア / LocoRoco
     よるのないくに2 / オメガラビリンスZ
     とある魔術の電脳戦機 / ポータルナイツ
     The Lost Child / イースVIII
     .hack//G.U. Last Recode ほか
    【ONLINE STATION】FFXIV / PSO2
     MHF-Z / LET IT DIE / FFXI / DDON
    【特別企画】SAO HR / AW VS SAO
     おそ松さん THE GAME / 塔亰Clanpool
    【コード付録】おそ松さん THE GAME
     イース(30周年記念アバターセット)
     GOD WARS / DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら