News

2015年7月12日(日)

『シェンムー3』新要素が発表。攻城戦やシェンファとの親密度の他、フォークリフトが再登場する可能性も!?

文:そみん

 本日7月12日に配信された生放送“鈴木裕が語る『シェンムーIII』プロジェクト”で発表された最新情報や気になるコメントを紹介します。

『シェンムー3』

 E3 2015で発表されて大きな反響を集めた『シェンムーIII』プロジェクト。この番組では、作家の渡辺浩弐さんと『シェンムー』の生みの親であるゲームクリエイターの鈴木裕さんが出演し、コメントを行いました。

『シェンムー3』

●気になったコメントや発表内容

・10年くらい前から本格的に『シェンムー3』を考えるようになり、権利関係などを含めた調整を意識し始めた。

・『シェンムー』についてはオープンワールドの部分だけでなく、日本ならではの文化などを細かく表現しているところも、海外で楽しんでいただけている理由の1つだと感じている。

・開発を担当するネイロの平井武史さんとは『シェンムー 1・2』で一緒に仕事をし、その後もワイン仲間としてずっと交流があった。

・キックスターターについては、現時点で468万ドルを達成。

・『シェンムー3』は、『シェンムー2』のラストの舞台である桂林の白鹿村のシェンファの家からスタート。白鹿村の本格的な探索から物語が始まる。

・山の中から始まることもあり、シェンファと2人という時間が長くなり、その部分を深く描くための親密度や会話選択のシステムなども用意している。

・もう1つのエリアはオープンワールド的な港町であるチョウブという場所。そこは3つのエリアに分かれているが、中でもバイシャというエリアに鈴木さんがやりたい新しい要素が詰まっているとのこと。

・具体的には『三国志』で描かれている中国の古典的な戦法などを楽しめる攻城戦のようなシステム。シェンファの親が蚩尤門にさらわれ、敵のアジトを攻略していくような要素も考えているとのこと。水攻めといった古典的な計略など、『三国志』好きにはニヤリとできるものになるようだが、難しいゲームシステムにはならないとのこと。

・プレイヤーキャラクターを変えるシステムも考えており、例えば芭月涼とレン、女性であるシェンファなど、操作キャラの性格や性別などによって行える行動や選択の幅が変わるような仕組みも考えている。

・山をのぼったりガケを越えたりするシチュエーションもあるので、芭月涼のアクションの種類も増える予定。

・フォークリフトレースについては各所で聞かれることが多い。現在の開発規模ではチョウブにフォークリフトを設定できないかもしれないが、キックスターターの規模が大きくなると実現するかも?

・当初はプロット用に11章くらいの小説を作り、3章は列車での移動だった。そこは丸々カットした。

・チャイは再登場する予定とのこと。

・過去シリーズを知らない人のために、前作までの物語を振り返るようなシーンは用意するとのこと。

・日本にいる稲さんに電話をかけられる要素の盛り込む予定。キックスターターの権利の中に、稲さんや福さんとツーショットでのグラフィックを作り、ガチャの景品とするものもある。

・国際テレフォンカードというシステムを用意する予定。それにより、原崎望や陳貴章(チン・キショウ)と電話で話せるようにする予定。

・芭月涼の衣装を変えることも検討中。革ジャンをもっとリアルな形に変えたり、武道着のような衣装に着替えたりする案も考えている。

 E3での発表後の反響に対する感想、そもそもなぜ鈴木裕がゲームクリエイターになったのかなど、さまざまなトークが展開した番組でした。タイムシフトで視聴できる方は、ぜひチェックしてみてください。

 キックスターターの参加期間も残り6日ほどとなりました。ここでの参加によって、『シェンムー3』がより楽しくなる可能性が高くなるので、ご興味がある方はぜひ!

『シェンムー3』
『シェンムー3』
▲アーケードでの体感ゲームに関する思い出や開発秘話も明かされました。
『シェンムー3』

(C)SEGA
Original Game(C)SEGA (C)Ys Net

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。