News

2015年7月14日(火)

ウメハラ「勝ったら事件」。『GG Xrd -SIGN-』の大会“闘神激突”はプロゲーマー連合軍が優勢

文:kawaP

 今月初めに大きな話題となった、世界的プロゲーマー・ウメハラこと梅原大吾さんの“闘神激突”参戦。実際のところ、オファーがきた時の心境はどうだったのか? そして、プロゲーマー連合軍に勝算はあるのか?

“闘神激突”

 そこで、“闘神激突”への参戦が決まったウメハラさんにインタビューをしてきました。開戦日の8月22日まで、残すところ1カ月と数日。どのような練習をし、どう仕上げていくかも気になるところです。

●闘神激突とは

 アークシステムワークスのPS4版『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ギルティギア イグザード サイン)』を使ったSCE主催の大会イベントです。『GUILTY GEAR』シリーズの最強プレイヤーたち“ギルティギア王者軍”10人と、さまざまな格闘ゲーム大会で名を残してきた“プロゲーマー連合軍”10人が、プライドをかけて闘います。

――約10年ぶりに『ギルティギア』シリーズをプレイするとのことですが、初めて『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』は触った感触はどうでしたか?

 “闘神激突”への参戦を決めて日本に戻ってから練習を始めたんですけど、思っていた以上にしっくりきましたね。

“闘神激突”

 システム面に複雑な追加がなく、それにもともと使っていたソル(ソル=バッドガイ)の使用感があまり変わっていなかった、というのも大きかったです。参戦を決めたはいいが、内心どうなることかと思っていた部分もあったので。

“闘神激突”

――参戦PVのほうで大会スタッフの方からオファーがあった時に少し間がありましたが、あの場面では何を考えていましたか?

 実際のところ、結構戸惑いましたね。正直言うと「今年じゃなくてもよかったんじゃないか」っていう(笑)。今年は今までずっとプレイしていた『ウルトラストリートファイターIV』にとって特別な年なんですよ。大きな賞金がかかった大会があって……。

――“Evo2015”のことですね。

 ええ。でも『ギルティギア』自体は好きで、自分の中にまたプレイしたい気持ちがあり、その時のスタッフの熱意もすごく伝わってきたのでオファーを受けました。

――先日の“ウメハラチャンネル”で、現在はトレーニングモードでコンボを中心に練習されているとのことですが。

 ほとんど操作性が変わらないとはいえ、以前と違うところもちょくちょくあります。そこでつまづくのが嫌だったので、最初に慣れてしまおうと。

――では、その後に仲のいい仲間たちといっしょに対戦をして仕上げていくと。

 そうですね。その予定です。

――現在、“ギルティギア王者軍”にFAB選手とナゲ選手が参戦されていますが、もし対決するとなったら勝算はありますか?

 FABさんとは10年前に対戦したことがあるんですが、ナゲ選手はかなり最近の選手なので……。

“闘神激突”
“闘神激突”

 救いは、使用キャラを以前から知っていることですね。ソルだけでなく他のキャラクターも、そこまで大きく変わっていないと思うんです。なので、何が起きてるのかがまったくわからずに負けることはないかと。

――では、『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』で追加された新キャラクターへの対策はどうされていますか?

 自力で対策を立てていては間に合わないので、定期的に家に来てくれているまちゃぼー(※)に教えてもらっています。

※『ギルティギア』シリーズでカイ=キスク使いとして有名なプレイヤー。“ウメハラチャンネル”にも出演している。

――自チームでは、先日に中村選手(※)の参戦が決まりましたが、やはり頼れる存在ですか?

 頼れる……と聞いています(笑)。まあ、実際に見ていて安定感がありますよね。1人目の味方としては、かなりいい人を引きました。

※関東地方でトップクラスの実力を誇る。使用キャラはミリア=レイジ。

――他に参戦してもらいたいプレイヤーはいますか?

 あと、関東勢だけで固めてもおもしろくないので、関西やその他の地方のプレイヤーが集まってくれればと思います。あと、チームの見栄え的に、いろいろなキャラクターがいると理想的ですね。

 そこも踏まえて、“ウメハラチャンネル”第1回の時にどぐらを第1希望で推したんですけれど……まさかの不戦敗。かなりおもしろいこと(※)をやってくれるな、と。まあ、彼の復活を期待していますよ(笑)。

“闘神激突”

※7月11日に実施された第2回オンライン予選で、1人だけPS4版ではなくPS3版でエントリーして不戦敗になった。

――『ギルティギア』を代表するプレイヤーとして小川さん(※)がいますが、彼の存在は意識はしていますか?

 そうですね。やはり『ギルティ』といえば彼、みたいなところはもちろんあります。

 彼が“闘神激突”に参加するとしても、おそらく“プロゲーマー連合軍”には来ないでしょう。対策は今からしておくに越したことはない、とも思っています。

※『ギルティギア』シリーズで最強のザトー=ONE(エディ)使いとして名高いプレイヤー。

――主に、小川さんのどのような点が優れていると思いますか。

 自分にできることはきちんとやる姿勢というか、ザトーを使うからには徹底するというのは画面を通しても感じますね。彼はとにかく『ギルティギア』に特化して、さらにその中でザトー=ONEに特化している珍しいタイプです。

――ウメハラさんでもあまり見ないタイプのプレイヤーなんですね。

 極まれにいるのでしょうけど……。『ストリートファイターIII 3rd STRIKE』のクロダと近いものを感じますね。「何でお前このゲームそんなに好きなの?」っていう(笑)。

“闘神激突”

――まだまだ予選開催中ではありますが、“プロゲーマー連合軍”はイケそうですか?

 今は“プロゲーマー連合軍”のほうが予選参加者の比率が大きく、かなりの強豪プレイヤーが参戦しつつあるので、このままいけば勝つ可能性が高いです。もしそうなったら、これは事件ではないかと。

 そうならないためにも、“ギルティギア王者軍”に頑張ってほしいですね。

【イベント概要】
●大会名
 ・PlayStation 4×『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』 ギルティギア王者軍 vs プロゲーマー連合軍 “闘神激突”
●チーム構成
 ・ギルティギア王者軍 10名(代表選手5名+オンライン予選通過選手5名)
 ・プロゲーマー連合軍 10名(代表選手5名+オンライン予選通過選手5名)
●オンライン予選日程(7月14日時点)
 ・7月3日(金)21時~
 ・7月11日(土)21時~
 ・7月25日(土)13時~
 ・7月31日(金)21時~
 ・8月9日(日)13時~
 ※5月28日時点での予定です。変更の可能性があります。
●オンライン予選参加方法
 ・PS4版『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』のオンラインで実施。詳細は特設ページに掲載。
●決勝の日程と開催場所
 ・8月22日(土)にニコファーレで開催
●決勝観戦について
 ・ニコファーレ現地での観覧席あり。生放送配信予定。

(C) ARC SYSTEM WORKS

データ

▼『ギルティギア イグザード サイン(限定版)』
■メーカー:アークシステムワークス
■対応機種:PS4
■ジャンル:対戦格闘
■発売日:2014年12月4日
■希望小売価格:9,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ギルティギア イグザード サイン』
■メーカー:アークシステムワークス
■対応機種:PS4
■ジャンル:対戦格闘
■発売日:2014年12月4日
■希望小売価格:6,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ギルティギア イグザード サイン(ダウンロード版)』
■メーカー:アークシステムワークス
■対応機種:PS4
■ジャンル:対戦格闘
■配信日:2014年12月4日
■価格:5,502円+税
▼『ギルティギア イグザード サイン』
■メーカー:アークシステムワークス
■対応機種:PS3
■ジャンル:対戦格闘
■発売日:2014年12月4日
■希望小売価格:6,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ギルティギア イグザード サイン(ダウンロード版)』
■メーカー:アークシステムワークス
■対応機種:PS3
■ジャンル:対戦格闘
■配信日:2014年12月4日
■価格:5,502円+税

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。