News

2015年7月25日(土)

『彼女は遺伝子組み換え系』は最強&最恐のツンデレ美少女との近未来バトルストーリー!【電撃文庫新作紹介】

文:電撃オンライン

 嵯峨伊緒先生が執筆する電撃文庫『彼女は遺伝子組み換え系』の紹介記事をお届けします。

『彼女は遺伝子組み換え系_書影』

物語の見どころ

■遺伝子を組み替えられた美少女は
 最強の戦士で最恐のツンデレだった♪

 遺伝子組み換え系といっても、大豆やトウモロコシのお話ではありません!! 遺伝子を操作することによって強靭な肉体と美貌、そして超能力を手に入れた“ムーンチャイルド”という人間兵器――つまり、生まれながらにして戦うことを運命づけられた美少女テロリストたちの活躍を描いた近未来バトルストーリーが楽しめますよ♪

 新東京都に暮らす高校2年生の命川景は、ある日、14歳の愛らしいテロリストに自宅を占拠されます。彼女の目的は、“ムーンチャイルド”を開発した遺伝子工学者・命川景臣博士を人質にして、とある目的を果たすこと。しかし、景の父親・景臣はすでに他界していることが判明!! 戦う目的を見失った彼女は、そのまま景の家に潜伏することに。

 名前を名乗らず、景から“伊井さん”という仮名を与えられたその少女は、生まれて初めての“日常”に接して、大事な感情を芽生えさせていくのですが……。

 本格SF設定はさておき、ドS口調の伊井さんとM的な受け応えをする景の会話に笑わされます。主人公の口調にユーモアがあり、過酷な社会情勢が描かれていても気軽に読めるのが魅力! また、途中から幼いライラという“ムーンチャイルド”も仲間になり、美少女成分もバッチリです。

 やがては警察庁のテロ鎮圧隊や“ムーンチャイルド”の人権を求めて政府にテロを仕掛ける“武装人形楽団”など、景と伊井さんを巻き込んだ戦闘も激化。まさか景自身の出生の秘密も暴かれて……!? さまざまな登場人物たちのエピソードがクロスして物語に厚みを増していく本作。戦いの先にどんな未来が待つのか注目です!!

『彼女は遺伝子組み換え系_書影』

人物の見どころ

■「この屑」と男子に冷たく言い放つのは
 照れ隠しだと信じています♪

 クズな人間にはなりたくない。でも、美少女からクールに「死んでください。この屑」と罵られると胸がときめいてしまう。それが世の中の不思議というもの。

 “ムーンチャイルド”の伊井さん(仮名)も、主人公の景にツンデレと毒舌の二段攻撃をしかけ、読者を夢中にさせるタイプのヒロインです。ふわりとした金髪に整った顔、細い体を動きやすいパーカーで隠している14歳。お年頃とは思えないツルペタぶり!(褒めてます!!) そういえば、入浴中に景に裸を見られた時も「色気がない」といわれていたっけ……。

 そんな伊井さんに監視されながら、1つ屋根の下で同居生活ですよ? 1日に何回「屑」と呼ばれるのか、刺激的で楽しみになることでしょう。でも、冷たい言動が多いのではなく、ケガをしたら絆創膏をくれる根は優しい子なんです。あれ? これはまさか……飴とムチ!?

 冷酷なテロリストだった彼女が、ごくふつうの少年との出会いによって年相応の乙女らしい一面を取り戻していくのもドキドキなので、見逃せません!! 罵りから始まる2人のボーイ・ミーツ・ガールにこうご期待♪

(C)嵯峨伊緒/ KADOKAWA CORPORATION 2015
イラスト:refeia

データ

▼『彼女は遺伝子組み換え系』
■著者:嵯峨伊緒
■イラスト:refeia
■プロデュース:アスキー・メディアワークス
■発行:KADOKAWA
■発売日:2015年7月10日
■価格:630円+税
 
■『彼女は遺伝子組み換え系』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。