News

2015年8月9日(日)

『ジャストコーズ3』のミッションでは建物を破壊して、スカイダイビングも!? 【gamescom2015】

文:喜一

 スクウェア・エニックスより北米・欧州で12月1日に発売されるPS4/Xbox One/PC用ソフト『ジャストコーズ3』の2種類のミッションを体験した。

『ジャストコーズ3』

 まず、広大な砂浜が描かれたゲーム画面から、プレゼンテーションがスタートした。アバランチスタジオののゲームディレクターRoland LesterlinさんとアートディレクターのZach Schlappiさんが、ゲームに関することを語ってくれた。

 大まかな部分は欧米で行われたE3でのインタビューでも触れられていたことなので割愛させていただく。

『ジャストコーズ3』
▲Rolandさん。E3のカンファレンスに登壇していた。

 筆者がプレイで体験できたのは、ウイングスーツを使ったダイビングと主人公のリコを操作する破壊ミッション。

 ダイビングは、空中からゴールを目指していくというもの。これがかなりリアルで、気流の流れや高度をしっかりと調整しながら進んでいかないと後半で地べたに這いつくばることになる。

 リングのようなものをくぐりながらゴールを目指していくこのミッションにはスコアが存在する。大きなリングの中にさらに小さなリングがあり、そこを通れば得点が大きくなる。

 最終的なスコアは5段階で評価され、評価に応じてスキルを獲得するのに必要となるポイントのようなものを取得できる。ちなみに4段階目の評価まではいけたが、最高評価を得るのは非常に難しいと感じた。

『ジャストコーズ3』
『ジャストコーズ3』

 そして、もう1つ体験できたのが破壊ミッションだ。海上基地のようなものをガンガン破壊していくものと装甲車に乗って周囲を破壊していく2種類があった。

 こちらのミッションも一筋縄ではクリアできない。まず、いかに効率よく建築物を破壊していくか、1つ破壊したら次までのインターバルを空けずに行動するということが重要になる。

 何故ならば、1つの建築物を破壊するとボーナスでポイントが加算されるからだ。このボーナスは時限式でなくなってしまうので、いかに早く建物をぶっ壊せるかが腕の見せどころとなる。

 このミッションにも5段階の評価があり、評価に応じてスキルポイントのようなものを獲得できる。どちかというと、ダイビングよりも破壊ミッションのほうが難しいと感じた。

『ジャストコーズ3』
『ジャストコーズ3』

 一部のミッションをプレイした感想はこんな感じだったが、プレゼンではトラクターなどのユニークな乗り物が見られたり、さまざまな武器があったりと、楽しめる要素がそこらかしこに散りばめられていると思えた。

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。