総合 > 電撃App > 記事一覧 > 『家電少女』声優の高野麻里佳さん&立花理香さんを直撃。新鮮な泡立ちの魔法に大興奮!
2015-08-25 00:00

『家電少女』声優の高野麻里佳さん&立花理香さんを直撃。新鮮な泡立ちの魔法に大興奮!

文:葛城亮

 我々の暮らしをサポートし、生活を豊かにしてくれる家電製品たち。新旧さまざまな家電を美少女に擬人化し、パズルゲームを通じて世界を平和に導く作品がiOS/Android用RPG『家電少女』です。

『家電少女』

 そんな本作に新キャラの“てら”と“ソニア”が実装されるとのことで、それぞれを演じる高野麻里佳さんと立花理香さんのボイス収録現場に突撃取材! 声優インタビュー第2回として、いろいろとお話をうかがってきました。

 記事の最後では、高野さん&立花さん直筆の寄せ書きサイン色紙をプレゼントするコーナーもあります。お2人のファンはぜひ最後までご覧ください。

トランセンドの大容量2TBポータブルストレージが擬人化!

 高野さんが演じる“てら”は、『StoreJet 25M3』をモチーフにした家電少女。信頼性の高い大容量USBやドライブレコーダーで人気のあるトランセンド・インフォメーションが開発した、PC用ポータブルストレージです。

『家電少女』
▲てら役の高野麻里佳さん。
『家電少女』
▲てらのモチーフとなる『StoreJet 25M3』。

 薄型&計量でありながら衝撃にも強く、PCにある重要なデータを高速で転送してくれます。そのデータのバックアップが、PCに繋いでからボタンを押すだけのワンタッチ操作でできるのもポイントです。

 『家電少女』では、その『StoreJet 25M3』が“てら”という名の美少女に早変わり! 自分の仕事に誇りとやりがいを感じている真面目な彼女を高野さんが見事に演じています。ちなみに、“てら”という名前はストレージの容量を表す“テラバイト”からきているとか。

●てら(声優:高野麻里佳)

『家電少女』

いつも新鮮な泡立ち『ソニックアワーポータブル』が美少女に

 立花さんの演じるソニアは、『ソニックアワーポータブル』をモチーフにした家電少女。タカラトミーアーツが開発した、ビールの泡をいつでも注ぎたてのように蘇らせるという魔法のアイテムです。 

『家電少女』
▲ソニア役の立花理香さん。
『家電少女』
▲ソニアのモチーフとなる『ソニックアワーポータブル』。

 泡生成の秘密は、本体横のソニックポイントが発する超音波振動。ソニックポイントをグラスに押し当てると超音波振動によりキメ細かい泡が作られ、のどごしのいい最初の一口をいつでも味わうことができるのです!

 その『ソニックアワーポータブル』が、『家電少女』の世界で“ソニア”という名の美少女に変身! 狙撃手のようにソニックポイントを当てる場所を冷静に探す冷たい雰囲気と、自らの役目に集中する情熱をあわせ持つキャラクターを立花さんが演じています。

●ソニア(声優:立花理香)

『家電少女』

高野さん、立花さんの家電エピソードに花が咲く。“扉がどちらからでも開きます”は罠?

※インタビュー中は敬称略

――『家電少女』の“家電を少女に擬人化する”というコンセプトについて、どういった感想をお持ちでしょうか。

高野麻里佳:最初にいいなって思ったのは、アプリを起動した後に“電源ON”でゲームをスタートするところです。

 地味な部分かもしれませんが、「これから電源を入れて家電の女の子に会いに行くんだ!」という気持ちが強く出ていて、こだわりを感じました。

『家電少女』

立花理香:私は以前から“家電を女の子に擬人化したらおもしろい”と思っていたので、まず妄想が現実になったことがうれしかったです。

 たとえば、今にも消えかかりそうに点滅している電球を見ると「病弱な少女なのかな?」と妄想して、すごく愛着が湧いてくるんですよ。

『家電少女』

高野:それいいですね! チカチカしてる感じが儚いかも。

立花:『家電少女』では家電の細かいパーツも体の一部に反映されているので、見ているだけでいろいろな発見があって楽しいです。

――どの家電少女にも製品の個性がしっかりと反映されていますよね。では、お2人の演じる“ソニア”と“てら”はどういった家電少女になりますか?

立花:ソニアちゃんは、セリフの端々に消えたビールの泡を復活させようとするところがあります。まるで狙撃手のようにポイントを探る演技があるんですけど、「いいぞ、もっとやってくれ!」って思っちゃうくらい健気でかわいいです。

 そのもととなる『ソニックアワーポータブル』を先ほど体験したのですが、一家に一台の神アイテムだと思いました! ビール好きの私にはたまりません(笑)。

『家電少女』
▲『ソニックアワーポータブル』の性能を体験して、興奮を隠せない立花さん。

高野:私は、今回の収録でポータブルストレージというものを初めて知りました。ワンタッチで大容量のデータをバックアップできるなんて、すごく便利ですよね。

 そんな大容量のことを褒められると、“てら”ちゃんは「やめてよ、恥ずかしい……」とうつむいちゃうんです。謙虚でかわいいな~と思いますし、「自分にもっと自信を持って!」と応援してあげたくなります。

――本日収録したセリフの中で印象に残っているセリフはありますか?

立花:パズル中のセリフにいろいろな種類のビールを叫ぶところが印象的でした。「黒ビール!」とか、「地ビール!」とか……中には「発泡酒!」なんかも。

 それを読みあげているうちに、なんだか自分が居酒屋で注文をしているような気分になって楽しかったです(笑)。

高野:私は“てら”ちゃんが倒されてしまった時の「ファイルが転送できない……!」になりますね。

 普段は何気なく使っていますが、収録ではすごく悔しさがにじむような感じで演じました。他のセリフが凛としているものが多くてギャップがあったので。

――少し話がずれますが、今欲しいと思っている家電はありますか?

立花:今欲しいというか、録画したテレビ番組を家の中で共有して、お風呂の中でも見られるようになるDLNA環境に憧れています。導入したら長湯しちゃいそうですけど(笑)。

高野:あっ、私もそれ欲しい!(笑)

立花:でも、早急に欲しいのは懐中電灯です。

――懐中電灯……ですか? 個人的にはあまり使いどころがない家電と思うのですが。

立花:実は家のクローゼットが室内灯を点けていても暗いので、中に入っている服が何色かわからないんですよ。着ていく服を探す時に、正しい色を確認するのに懐中電灯で照らす必要があるんです。

――なるほど。

高野:私は、服をハンガーに掛けたままアイロンをかけられる『衣類スチーマー』が欲しいです! わざわざアイロン台を出したり、アイロンを温めたりするのはちょっと面倒だし、着たい服をすぐに着られるので!

 あとは『レイコップ』っていう、お布団のクリーナーですね。布団についたゴミや虫の死骸を綺麗に吸い取ってくれるので、清潔感があっていいと思います。

――これまでに購入した家電で、何か思い入れのあるエピソードはありますか?

高野:つい最近買った43インチの4Kテレビです。フルハイビジョンのテレビと比較してみると確かに4Kの方が圧倒的に高いのですが、そのぶん迫力も段違いで。

 結構悩んだ末に、思い切って4Kのほうを買っちゃいました。今では家に帰ってテレビをつけるのが楽しくて仕方がありません。

立花:私の場合は、初めて1人暮らしをする時に買った冷蔵庫ですね。あの頃どうしても黄色の冷蔵庫が欲しくて、とあるお店でようやく見つけたんです。

 その冷蔵庫には“扉がどちらからでも開きます”と書いてあって、引っ越し先の部屋の間取りも決めてなかった私は「なんて優秀な子なの!?」と感動して即決しちゃいました。

 でも家に届いたあとに、よくよく見たら“扉の蝶番(ちょうつがい)を左右どちらにも変更できる”という意味で、そこまで革新的な作りでもなかったんですよ(笑)。といいつつ、かれこれ10年くらい使っていますが。

『家電少女』
▲家電に関するエピソードでこれ以上ないほど盛り上がる高野さんと立花さん。

――売り文句は画期的に見えても、実際は割とアナログだったということですね(笑)。ところで、擬人化してほしいと思う家電はありますか?

高野:マッサージチェアですね! 肩を優しく叩いたり、揉んだりしてくれて、包容力のありそうな女の子だったらいいなーと思います。

――マッサージチェアの子はまだ実装されていないだけで、すでにキャラとボイスの収録は終わっているみたいですよ。名前は“さおり”らしいです。

高野:なんと、そうなんですか! じゃあ実装が楽しみということで(笑)。

立花:私は……う~ん、美顔器なんてどうでしょう? あとは懐中電灯とか!

――美顔器はまだですが、懐中電灯はボイスも収録して実装前の段階とのことです。名前はシンプルに“あかり”ちゃんだとか。

立花:いいですね、あかりちゃん楽しみです! でも美顔器は作られてないんですね……。

――立花さんプロデュースで作ってしまうというのは?

立花:それいいかも! “美の伝道師”みたいな感じで、めっちゃキラキラした感じにするとか……どんどん注文出しちゃいます!(笑)

――それでは最後に、お2人の出演を楽しみにしている読者に向けてメッセージをお願いします。

高野:家電少女たちは、自分の家電に関係したセリフをしゃべるのですが、その演技を通じて「そのセリフはそういう時に言うんだ」みたいな発見があっておもしろいです。

 実際に持っている家電に愛着が湧きますし、妄想で日々の生活が華やかになるんじゃないかな~と思います(笑)。ぜひ皆さんも一度アプリを遊んでみてください。

立花:古い家電をモチーフにした子は最新の子に比べてちょっとポンコツなところもあるなど、単純な擬人化ではないところに味があるな~と思います。

 そういう製品の移り変わりを実際に目の当たりにしてきた身としては、私生活で「使わなくなっちゃってごめんね~!」という気持ちにさせられることも。家電の懐かしさと大切さを感じられる素晴らしい作品なので、皆さんにオススメしたいです。

『家電少女』

高野さんと立花さんの寄せ書きサイン色紙を3名様にプレゼント!

 今回のインタビュー終了後、高野さんと立花さんにメッセージ入りの寄せ書きサイン色紙を書いていただきました! こちらを抽選で3名様にプレゼントしますので、ご希望の方は下のフォームより奮ってご応募ください。応募の締め切りは2015年8月31日23:59

読者プレゼントに応募する

『家電少女』

データ

▼『家電少女』
■メーカー:番町製作所
■対応端末:iOS
■ジャンル:RPG
■配信日:2015年5月8日
■価格:基本無料/アイテム課金
▼『家電少女』
■メーカー:番町製作所
■対応端末:Android
■ジャンル:RPG
■配信日:2015年4月30日
■価格:基本無料/アイテム課金

関連記事

関連サイト

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『シャドバ』第11弾アディショナルカード“舞い踊る刃・ディオネ”、“アンネローゼ”を独占先行公開

  2. 2

    『モンスト』×『遊戯王』遊戯のステ判明。神化は砲撃型威力の“全敵ロックオンレーザーL”持ち

  3. 3

    『モンスト』×『遊戯王』コラボは2月15日開始。記念カードのデザイン公開

  4. 4

    アプリ『オーバーロード』事前登録者数が50万人突破。混沌石600個が配布決定

  5. 5

    『ディスガイアRPG』キャラ人気投票“魔界闘一選挙”が本日スタート! 魔界最凶は誰!?

  6. 6

    『モンスト』×『遊戯王』海馬の“アルティメット・バーストを放つ”SSの威力に注目。杏子のステが公開

  7. 7

    『モンスト』×『遊戯王』ミレニアム仕様の記念カードをドロー! ピールオフイベントの様子をお届け

  8. 8

    『グラブル』アルベールの最終上限解放で奥義ゲージを100%増加しアビリティを即時使用できる新アビが追加

  9. 9

    『シャニマス』PC・アプリでの展開発表。より多くのユーザーに遊んでもらうため

  10. 10

    『千銃士』の次回イベントで描かれるかつてない危機! ★5シャスポーの狂気に満ちた愛とは!?

[集計期間:02月11日~02月17日]

ページ
トップへ