News

2015年8月14日(金)

【電撃PS】『FFXIV』光の戦士はパッチ3.0以降でどのくらい強くなったのか?【電撃の旅団冒険録】

文:電撃PlayStation

 『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド』以降、冒険者のレベルキャップは60になりました。新たな武器防具に身を包んでアイテムレベル(以下IL)も大きく上昇し、数々の新アクションも扱えるようになったことで、光の戦士たちは以前と比べ物にならないくらい強くなっています。

『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド』

 とはいえ、HPが増え、敵に与えるダメージもだいぶ増えているな……とは感じられても、昔と比べて実際どの程度強くなっているかというのは、なかなか気づきにくいもの。というわけで今回は冒険者として1人1人がどこまで強くなっているかを探るべく、電撃の旅団員のMagにいろいろと挑戦してもらいました。

◆FFXIV“ソロ蛮部”設立のお知らせ?

 どうもはじめまして。2.0開始時からの生粋の戦士・Mag(まぐ)と申します。よく蛮族とか言われます。こんなにおとなしいのにね。なぜでしょうかね。

『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド』 『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド』

 さて、私はつい先週機工城アレキサンダー零式:起動編2をクリアしたばかりなのですが、いやはや、高難度のバトルコンテンツを友人・知人とともに「あーでもないこーでもない」とやりながら苦心の末にクリアするのは、やはり非常にイイものです。

 が、8人の予定をそろえる必要があるレイドコンテンツにおいては、1週間のうちに未クリアコンテンツの練習が可能な日数はどうしても少なくなりがち。当然、勝利のカタルシスを味わう機会もそう多くはないわけで……。

 そんなこんなで、もっと勝利の喜びを! もっと血沸き肉踊るなんかエキサイトなサムシングをデストロイ! という原初の魂の欲求にしたがい、

(1)ソロで気軽に挑めて、
(2)適度な難度を味わえ、
(3)「勝った!」という喜びを得られる

 企画はないものかと考えてみたところ……見つけました。『蒼天のイシュガルド』リリース直後の別の記事にも書きましたが……。

ソロor少人数で蛮神などの討伐・討滅戦やダンジョンに挑んでボスをブッ飛ばせ企画

 略して【ソロ蛮部】といったところでしょうか。ドヤァ。これなら私のスリル(スリル・オブ・バトル)への欲求を満たすとともに、“光の戦士が2.0シリーズの頃と比べてどの程度強くなったのか”を調査するのにもぴったりだと思います。というわけで、いくつか挑んできましたよ。

『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド』

■概要&ルール
・コンテンツファインダーの“人数制限を解除”して少人数(今回はソロ)で挑戦
・“超える力”のほか、コンテンツ挑戦者以外からかけてもらったバフはすべて切る
・食事&薬品の使用はOK

 結果は下記のとおり。とりあえず“極”以外のコンテンツに挑んでみました。

バトルコンテンツ 勝敗 敗因

リットアティン強襲戦

――

ドルムキマイラ討伐戦

――

ハイドラ討伐戦

――

ギルガメッシュ討伐戦

×

混乱(10分間操作不能)

アマジナ杯闘技会決勝戦

×

カッパ

闘神オーディン討滅戦

×

おでん強い

真ギルガメッシュ討滅戦

×

ニワトリ

真イフリート討滅戦

――

真ガルーダ討滅戦

――

真タイタン討滅戦

×

岩。誰か出して

善王モグルモグXII世討滅戦

×

多勢に無勢。全員でボコボコはひどい

真リヴァイアサン討滅戦

――

真ラムウ討滅戦

×

おじーちゃん強い

真シヴァ討滅戦

――

 レベル60になったばかりで“法典”装備もなかった頃はティンさんこと『リットアティン強襲戦』もクリアできませんでしたが、やっぱり装備品がそろうといろいろ変わるものですね。

 今回は上記のうちの1戦、最もギリギリでの勝利となった真シヴァ討滅戦の様子を動画で撮影してきましたので、参考までにご覧ください。

※敵味方のアクションを見やすくするため、カメラは意図的に寄せてあります

 調査結果は“だいぶつよくなっとる”。

 ……やっていて思ったのは、初見で「ちょっとこれキツいんじゃ」と思った相手に対してスキル回しなどなど工夫して戦い、勝利するのはやはりおもしろいということ。零式:起動編の3~4もこの調子で……とはなかなかいきそうにないですが、試行錯誤が楽しいですので、今後も積極的に挑んでいく予定ですよ。

 というわけで、みなさんも機会があったらぜひ激戦での勝利の喜びを求めてソロor少人数での接戦に挑んでみてください!

『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド』

無糖 党さんの漫画第2弾! Vol.594~595掲載作品をお届け!

 漫画家・無糖 党(むとう たむら)さんと“電撃の旅団”の面々のプレイ模様をもとにした『FFXIV』漫画は、電撃PS Vol.592から好評掲載中! 今回お届けするのはVol.594とVol.595に掲載された作品です!

『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド』
『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド』

 次回は8月21日(金)に更新予定! お楽しみに!!

文:Mag

(C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

データ

▼『電撃PlayStation Vol.596』
■プロデュース:アスキー・メディアワークス
■発行:株式会社KADOKAWA
■発売日:2015年8月12日
■定価:676円+税
 
■『電撃PlayStation Vol.596』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:MMORPG
■発売日:2015年6月23日
■希望小売価格:3,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド(ダウンロード版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:MMORPG
■配信日:2015年6月23日
■価格:3,800円+税
▼『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド コレクターズエディション』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:MMORPG
■発売日:2015年6月23日
■希望小売価格:14,800円+税
▼『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド コレクターズエディション(ダウンロード版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:MMORPG
■配信日:2015年6月23日
■価格:5,800円+税
▼『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:MMORPG
■発売日:2015年6月23日
■希望小売価格:3,800円+税
▼『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド(ダウンロード版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:MMORPG
■配信日:2015年6月23日
■価格:3,800円+税
▼『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド コレクターズエディション』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:MMORPG
■発売日:2015年6月23日
■希望小売価格:14,800円+税
▼『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド コレクターズエディション(ダウンロード版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:MMORPG
■配信日:2015年6月23日
■価格:5,800円+税

関連記事

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.642

    電撃PlayStation Vol.642表紙画像

    2017年7月13日発売
    特別定価:694円+税

    【表紙】よるのないくに2
    【付録冊子】ハコニワカンパニワークス
    【PS EXTRA】グランツーリスモSPORT
    【特集1】RPG2017 SUMMER
     DQXI / FFXIV / FFXII / 閃の軌跡III
     よるのないくに2 / 塔亰Clanpool / PSO2
    【特集2】アクティビジョン特集
     Destiny 2 / CoD WWII
    【電撃特報】ネプテューヌVIIR
     限界凸城 キャッスルパンツァーズ
     ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団
    【SUPER PUSH】真・三國無双8
     KNACK ふたりの英雄と古代兵団
     リトルウィッチアカデミア
     ファイプロ ワールド / The Lost Child
     巨影都市 / ブルリフ / オメガラビリンスZ
     AW VS SAO / SAO HR ほか
    【ONLINE】LET IT DIE / FFXI / DDON
    【コード付録】DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら