News

2015年9月3日(木)

夢の守護聖・オリヴィエを演じた子安武人さん『アンジェリーク ルトゥール』収録後インタビュー完全版

文:電撃Girl'sStyle

 乙女ゲームの草分け的タイトルが、20年の時を経てフルリメイク! 10月1日発売予定のPS Vita&PSP『アンジェリーク ルトゥール』より、人々に美しさをもたらす夢の守護聖・オリヴィエを演じた子安武人さんに収録後インタビューを決行。電撃Girl’sStyle9月号に掲載しきれなかった部分も含めた完全版をお届け!

『アンジェリーク ルトゥール』子安武人さん収録後インタビュー

――アフレコを終えての感想をお願いします。

 本作は1作目のリメイクですが、年月も経っていますしビジュアルも変わっているので大変でしたね。今回はセリフこそ同じですが、昔とそのまま同じお芝居をしているわけではありません。オリヴィエも見た目が変化しているので演技もそちらに寄せているため、みなさんの知っている彼とは少し違うものになっていると思います。しかしセリフはオリジナルのままなので、その兼ね合いをつけて違和感をなくす作業が難しかったです。

――ご自身の演じる守護聖の魅力は?

 好きなところはみんな違うと思うので、遊んだ方が好きだと思う部分が魅力だと思います。僕自身は、どこが魅力だと意識して演じることはないですね。そうすると、あざとい人間になってしまうので(笑)。個人的には、彼の表面的には見えていない部分がいいところだと思っています。オリヴィエは何かを考えているんじゃないかと、遊んだプレイヤーが思ってもらえるような人物。甘いセリフの裏に隠された思いが、すごくステキなんじゃないでしょうか。

――もしご自身が女王候補になるとしたら、恋と使命どちらを取る?

 出会いによりますね。仕事よりも恋を優先したいと思うような人がいたら恋ですし、そうじゃなければ仕事を取ると思います。そのとき仕事を捨てて逃避行したいとなるか、それほどでもないかとなるか(笑)。両方を天秤にかけてまったく同じということはないので、絶対にどちらか我慢できる部分があるはずです。

――もしご自身が守護聖になるとしたら、何を司る?

 オリヴィエも言っていましたが、守護聖にならなくていいです。何か夢があっても、叶えられなくなってしまいますからね。その代りに力を手に入れても、自分のためじゃなく奉仕するためのものですから。僕は欲望のかたまりなので、人のために働くのは嫌です(笑)。

――シリーズ20周年の思い出は?

 シリーズの始まりはゲームですが、声が最初についたのはドラマCDなので、その印象が強いですね。みなさんがすでに遊んでキャラのイメージもついてるのに、改めて声をつけたドラマCDを出そうというのは勇気ある決断ですよね。当時は若手でしたがキャストに名前を連ねて、横を見たら大先輩方ばかりで「このなかで!」と思ったのは今でも覚えています。その後、PC-FX版からはゲームにもボイスもつくようになり、いろいろなことが積み重ねられてきたのを感じますね。

 『アンジェリーク』は乙女向けゲームの歴史そのもので、数々のゲーム機とともに歩んできましたからね。今ではPC-FXを誰も覚えていないかもしれませんが、シリーズの作品のことを考えるときに当時のゲーム機も一緒に思い浮かべるじゃないですか。それも作品の歴史、思い出に加えてもらえたらステキですね。『アンジェリーク』のためにゲーム機を買ったファンの方も多いですし、それだけみんなに遊びたいと思ってもらえる作品です。みなさんそれぞれに思いいれのあるキャラがいて、大好きですと言われ続けてきたというのも思い出の1つだなと僕は思います。

――今後の『アンジェリーク』の展開に対する希望は?

 僕は正直に言うとオリヴィエをまた演じると思っていなかったので、リメイクという形でもう1度できることにびっくりしました。しかもほかのキャストも変わっていなくて、そのままでいこうという英断がすごいなと思います。今回はゲームなのでほかのキャストと一緒に芝居をしたわけではないので、『アンジェリーク』というよりもオリヴィエを演じたという印象があります。そう言う意味では、ドラマCDなどみんなで集まって何かを経験してみたいなと思います。でもその反面、ほかのメンバーがどのように演じているのかすごく怖いですね(笑)。

 僕がオリヴィエの芝居を変えたように、今までと違う演技をしている方もいれば、昔のまま変えていませんという人もいるはずです。その辺りの統制がみんなとれていないので、収録の最初は絶対にぐちゃぐちゃになると思うんですよ(笑)。かなり怖いですが、ぜひ見てみたいのでそういう場があるとうれしいです。今回は新キャラクターにブライアンが増え、今度の作品にも関わってくると思います。でもキャストにベテラン勢が多いだけに、なじむのが大変だと思いますよ(笑)。演じている逢坂くんも、このメンバーのなかに入るは怖いんじゃないかな。会ったこともないキャストもいるかもしれませんし、彼に優しくできるのは僕くらいかもしれません(笑)。

――ファンへのメッセージをお願いいたします。

 シリーズを遊んでいる方は懐かしくも、いい意味で違いを感じてプレイしていただけると思います。心地よい違和感を覚えつつ、ニコニコしながら遊んでいただけたらと思います。作品は20年前のもののリメイクでキレイになっていますが、演じる役者にも同じだけの時間が流れています。いろいろ思うところもあると思いますが、それは言っちゃダメ(笑)。初めて遊ぶという方は、単純に楽しんでいただけるはずです。全員が甘々になるというすごく王道の作品なので、そういうのを照れくさそうにプレイするのもいいのではないでしょうか。ぜひ、自分のごひいきのキャラをみつけてください。

データ

イメージ
▼『アンジェリーク ルトゥール』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:SLG
■発売日:2015年12月17日
■希望小売価格:6,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『アンジェリーク ルトゥール(ダウンロード版)』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:SLG
■配信日:2015年12月17日
■価格:6,000円+税
イメージ
▼『アンジェリーク ルトゥール トレジャーBOX』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:SLG
■発売日:2015年12月17日
■希望小売価格:12,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『アンジェリーク ルトゥール 20th アニバーサリーBOX』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:SLG
■発売日:2015年12月17日
■希望小売価格:30,000円+税
イメージ
▼『アンジェリーク ルトゥール』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:SLG
■発売日:2015年12月17日
■希望小売価格:6,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『アンジェリーク ルトゥール(ダウンロード版)』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:SLG
■配信日:2015年12月17日
■価格:6,000円+税
イメージ
▼『アンジェリーク ルトゥール トレジャーBOX』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:SLG
■発売日:2015年12月17日
■希望小売価格:12,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『アンジェリーク ルトゥール 20th アニバーサリーBOX』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:SLG
■発売日:2015年12月17日
■希望小売価格:30,000円+税

関連記事

関連サイト

電撃Girl'sStyle

最新号紹介

  • 電撃Girl’sStyle3月号

     電撃Girl’sStyle3月号表紙画像

    2017年2月10日発売/特別定価980円


    【スペシャル付録】
    ★『あんさんぶるスターズ!』&『ユーリ!!! on ICE』両面B2ポスター
    表紙を飾る『あんスタ!』と、オフショット風の『ユーリ!!! on ICE』のイラストを両面にあしらった、スペシャルなポスター♪

    【巻頭特集『あんさんぶるスターズ!』】
    Switch初表紙記念ということで、今月は『あんスタ!』を8ページで特集します!

    【ハートを伝えて・ハッピーバレンタイン特集】
    ガルスタだけの描き下ろしイラストやショートストーリーが満載です!!
    『DIABOLIK LOVERS』シリーズ
    『ドリフェス!』
    『ボーイフレンド(仮)』シリーズ
    『遙かなる時空の中で3 Ultimate』
    『夢王国と眠れる100人の王子様』
    『罪喰い~千の呪い、千の祈り~ for V』
    『スタンドマイヒーローズ』
    『プリンス・オブ・ストライド』
    『A3!(Act! Addict! Actors!)』
    『アイ★チュウ』
    『茜さすセカイでキミと詠う』>
    『輪華ネーション』

    >> 詳細はこちら