News

2015年9月17日(木)

トライエース開発の期待作『イグジストアーカイヴ』をプレイ! フィールド探索やバトルをレポート【TGS2015】

文:る~ぱ

 千葉の幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2015内SCEブースに出展されている、スパイク・チュンソフトのPS4/PS Vita用ソフト『イグジストアーカイヴ -The Other Side of the Sky-』をプレイ。そのレビューを掲載する。

『イグジストアーカイヴ』

 本作『イグジストアーカイヴ』は、邪神が引き起こした事故に巻き込まれ、不慮の“死”を遂げた主人公たち12人の群像劇を描くRPG。トライエースとスパイク・チュンソフトのタッグによる期待度大の作品だ。

『イグジストアーカイヴ』

 本作に注目している人はもちろん、TGS2015で試遊しようと思っている人にも一度目を通してもらいたい。

アクション満載のフィールド探索

 探索パートの舞台となるのが、起伏に富んだサイドビュー型のフィールド。ジャンプやスライディングといった基本アクションに加えて、敵の動きを止める“バインドスフィア”や、動きを止めた敵を足場にする“バーストジャンプ”を利用して進んでいくことになる。

『イグジストアーカイヴ』

 バインドスフィアとバーストジャンプを駆使することで、通常ではたどり着けない場所にも移動できるようになる。フィールド探索の基本となるアクションなので、その使い勝手はぜひ試遊台で確認してもらいたい。

 なお、ジャンプ中にスライディングすることも確認できた。

『イグジストアーカイヴ』
▲フィールドアクションは全解放されているが、本来はゲーム進行に応じて増えていくとのこと。

 フィールド内には敵シンボル以外にも、アイテムボックスや“存在結晶”と呼ばれるギミックが用意されている。存在結晶を調べることで、主人公たちの過去の記憶や遺された人たちの想いが明らかになっていく。試遊台でも“あるキャラクター”の存在結晶を見ることができるので、ぜひチェックしてみよう。

『イグジストアーカイヴ』
▲切ない物語を確認できた。各キャラクターのサブストーリーにも注目だ。

 戦闘はシンボルエンカウント方式となっており、フィールド内を移動する敵シンボルに接触すると、戦闘シーンへと突入する。

シンプルかつ爽快感のあるアクティブチェインバトル

 戦闘は4人のパーティメンバーを○×□△ボタンで操作するアクティブチェインバトル。複雑なコマンド操作もなく、ボタンを押すだけで誰でも爽快なコンボを決めることが可能だ。

『イグジストアーカイヴ』

 戦闘中は画面下に表示されるキャラクターのウェイトゲージに注目。ウェイトゲージはスキルや魔法攻撃を行う際に消費するゲージで、今回は月館まゆらが使用可能になっている。まゆらの攻撃は強力だが、ゲージがなくなると攻撃が行えなくなるので、ここぞというタイミングで使いたい……のだが、せっかくプレイできるのに使わないのはもったいないので、とりあえず使ってみるのもいいだろう。

『イグジストアーカイヴ』

 隊列を変更することで、パーティ間での前衛、後衛のシフトチェンジが可能。前列は攻撃力が上がりウェイトゲージ回復率がダウン、後列は攻撃力が下がるかわりにウェイトゲージの回復率がアップする。

 強力な魔法攻撃を修得しているまゆらを後列に配置するのが基本だが、いざという場面では前列に配置して一気に大ダメージを与える、といった戦略も可能だ。

 攻撃を与えていくと画面左下のゲージが上昇。1以上になると強力な必殺技が使用可能になる。試遊台では2人分の必殺技しか使えなかったが、どちらもド派手な演出が施されているので、ぜひチェックしてもらいたい。

『イグジストアーカイヴ』

 敵の攻撃ターンでは、ガードが可能。タイミングよくボタンを押すことでカウンターを行うスキルが装備されているとのこと。敵の攻撃モーションに合わせてボタンを押せばいいのだが、咆哮やフェイントをすることもあるので、敵の動きに注意したい。

 なお、フィールド探索中にR1ボタンを押すと邪神の力を宿す“グリードモード”へと移行。グリードモードが発動すると移動速度がアップし、より快適にフィールドが探索できるように。しかし、移動速度が上昇すると不意のエンカウントが増えるので注意しよう。

 また、グリードモード中は連続して戦闘を行うチェインバトルが発生する点にも注目。戦力が足りない場合は危険だが、パーティのレベルが十分ならあえてチェインバトルを発生させ、レアなアイテムを狙ってみるのもおもしろい。

試遊プレイで感じる本作への期待度

『イグジストアーカイヴ』

 今回、比較のためにPS4版、PS Vita版のどちらもプレイしたが、PS Vitaでもグラフィックはかなり綺麗であった。PS4に比べるとロード時間は少し長かったが、操作にかんしては問題なくプレイできたので、所持しているハードやプレイ環境で選んでいいかと。

 今冬発売されるタイトルの中でもひと際注目の『イグジストアーカイヴ』。試遊台で体験できる要素は本作の一端にすぎないものの、これだけで期待度を高めてくれるのはさすがトライエースといったところ。これから発表される情報をチェックしつつ、発売日まで準備しておこう。

■東京ゲームショウ2015 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2015年9月17日~18日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2015年9月19日~20日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved. Developed by tri-Ace Inc.

データ

▼『イグジストアーカイヴ -The Other Side of the Sky-』
■メーカー:スパイク・チュンソフト
■対応機種:PS4
■ジャンル:RPG
■発売日:2015年12月17日
■希望小売価格:7,200円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『イグジストアーカイヴ -The Other Side of the Sky-』
■メーカー:スパイク・チュンソフト
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:RPG
■発売日:2015年12月17日
■希望小売価格:6,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。