News

2015年9月18日(金)

『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』シリーズ初参戦のG-セルフをレビュー【TGS2015】

文:あんまさ

 アーケード用ゲームでも大人気の『EXTREAME VS.(通称:EXVS)』シリーズ。その最新作となるPS Vita専用ソフト『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE(エクストリームバーサスフォース)』がTGS2015の会場で試遊できました。

 気になるそのゲーム性とシリーズ初登場となる“G-セルフ”について、『EXVS』シリーズのプレイ経験がある、担当ライターあんまさがレポートします。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』
▲バンダイナムコエンターテインメントブースでは、実物大シャア専用ザクヘッドが展示。会場内で配布されていたシャアの仮面を装着。まさに気持ちはシャア・アズナブルそのものに!

 本作は、『機動戦士ガンダム』シリーズに登場する兵器、“モビルスーツ(MS)”を操作して戦う、チームバトルアクションゲームです。前作『フルブースト』まではアーケードでリリースされたものが、後から家庭用ゲーム機に移植されていました。

 しかし、『EXTREME VS-FORCE』は家庭用携帯機向けに開発された新作! シリーズ伝統のチームバトルアクションをもとに、遊び方やゲームシステム、操作などが進化しています。まずはその操作について紹介していきましょう。

 従来のシリーズ通り、操作は射撃・格闘・ジャンプ・サーチ替えがそれぞれのボタンに振り分けられていて、移動は左スティック、または方向キーで行います。

 2つのボタンを同時に押して発動するサブ射撃や特殊射撃、特殊格闘のコマンドについて、今回の体験版ではRボタン+□ボタンの“特殊コマンド1”と、Rボタン+△ボタンの“特殊コマンド2”として搭載。製品版では2つのボタンの同時押しでも“特殊コマンド”が出せるようになるとのこと。

 ほかにもシリーズ初となるRボタン+○ボタンの組み合わせでフリーカメラモードが体験できました。広い戦場での戦闘では移動の際に使われます。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』
▲初となるPS Vitaでの『EXVS』に戸惑いましたが、プラットフォームにあわせた操作の変更により、数回のプレイで慣れました。

 次に本作のゲーム性についてお届けします。過去のシリーズでは限られたフィールドで2on2で戦闘を行っていましたが、本作ではそれらに加えて最大で6機のMSと1隻の戦艦の部隊を編成して戦う大規模な“部隊戦”を搭載。

 TGS2015では特別なミッションが3ステージ用意されており、最後のミッションが新たに搭載された“部隊戦”の遊びを一部体験できる“拠点を占拠しながら戦艦を倒すステージ”となっており、“フォースシステム”やフリーカメラなどを活用して戦う戦略性の高いミッションになっています。

 “部隊戦”のミッションでは、今までになかった広大なステージで戦闘が繰り広げられます。複数の味方小隊に指示を出し、1番機は従来通り直接機体を操作してフィールド内にある拠点を制圧しながら進軍し、戦艦やボスの撃破などミッションごとに設定された勝利条件を達成するとクリアとなる今までのシリーズにはないゲーム性が目立ちました。

 そして、“バーストアタック”に代わり搭載された“フォースシステム”。今回の体験版では、フォースシステムの一部が遊べるようになっていました。“部隊戦”ミッションの戦闘中にLボタンを押すとコマンド画面へ移行し、2機1組の小隊と戦艦に移動先を指示することができます。操作は『EXVS』シリーズのままで、大規模な戦闘を行えるのが本作の特徴と言ったところでしょう。

 最後は気になる新機体についてお届けしていきます。シリーズ初参戦となる、『ガンダム Gのレコンギスタ』より、ベルリ・ゼナムが駆るG-セルフを紹介します。コストは2500コストの換装機体。特殊コマンドで“宇宙用バックパックモード”と“リフレクターパックモード”を切り替えることができます。

 “宇宙用バックパックモード”は通常のビームライフルと格闘に加えて、敵機に突撃する“高トルクパック 呼出”があります。ほかにも、下格闘でドーム状の衝撃波を放出。過去のシリーズをプレイ済みであれば、キュベレイのプレッシャーと同じようなものであると言っていいでしょう。

 “リフレクターパックモード”は射撃に特化された機体。強力な照射ビームを持ち合わせ、敵の射撃攻撃を一定量防ぐこともできます。

 そして、2つのモード共通でジャンプを押しながらステップをすると“アサルトパック”に換装。大型ビーム・サーベルや大型ビーム・キャノンで敵機を薙ぎ払います。機動力もあるので、広大なフィールドで戦闘を行う部隊戦で真価を発揮する機体でしょう。

 プレイを通して感じたことは、アーケードの移植版ではないので対人対戦をメインで楽しむのではなく、ソロプレイのメインモードで自分の好きなMSで部隊を編成し、原作に登場するステージやミッションをじっくりやり込む、携帯機向けに特化した『EXVS.』だと感じました。

 シリーズ未経験の人にとっては入りやすく、プレイ済みの人は従来の戦力ゲージによるMS同士のバトルと大規模な部隊戦ミッションを、持ち前の腕に加えて戦略を考えながらいかにして攻略するかといった印象です。

 腕に自信のある方はぜひ会場に足を運んで挑戦してみてください!

■東京ゲームショウ2015 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2015年9月17日~18日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2015年9月19日~20日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・MBS

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。