News

2015年9月17日(木)

『クリミナルガールズ2』は興奮も背徳感も2倍以上。夢のおしおき生活を堪能してきた【TGS2015】

文:ophion

 前代未聞の少女おしおきRPG『クリミナルガールズ2』が、11月26日にPS Vitaでついに登場します。それに先駆けて、TGS2015会場のセガゲームスブースでは本作の試遊台が設置。序盤と思われるダンジョンとおしおきパートを楽しめました。

『クリミナルガールズ2』
『クリミナルガールズ2』
▲プレイした人には、メインキャラクターがプリントされた缶バッジがプレゼントされます。自分はユリネの缶バッジをもらいましたが、実はいろいろ小さかったり貧しかったりする少女が好みだったり。

 『クリミナルガールズ』といえば“おしおき”ですが、まずはRPGとしての部分から。本作の基本は、ダンジョンで戦闘を重ねながら、半罪人である女の子たちを成長させていく一般的なRPGと似ています。といっても、この戦闘がひと筋縄ではいかないんですよ。

 RPGの戦闘というと、多くの人はプレイヤーが行動を選択して、キャラクターがそのアクションを行う流れを想像するでしょう。しかし、『クリミナルガールズ2』では、どの行動をしたいかを女の子たちが提案してきます。

 そしてプレイヤーが実行するのは、女の子が提案する行動のどれを採用するかを選ぶことだけ。どの女の子も賢く、基本的にはプレイヤー自身が行いたい最適な行動を提案してくれます。

『クリミナルガールズ2』

 肝心な時に使ってほしい行動を提案してくれないこともありますが、自分の思い通りに戦闘を進められないもどかしさは、女の子たちに振り回されているようでちょっとM的な心がくすぐられました。逆に、戦闘が最初から最後までうまくいったときは素直に気持ちのいいものです。

 わがままを言ってくれる女の子も最高、こっちの気持ちを察してくれる女の子も最高と、戦闘だけでシチュエーション的に2度おいしいなんてたまりませんよ!

『クリミナルガールズ2』

 ふぅ……ちょっと盛り上がり過ぎてしまいましたが、まだ肝心なおしおきパートを語っていません。おしおきパートでプレイできたのは、女の子の体をブラシでこする“ゴシゴシ調教”と2人の女の子を同時にムチでたたく“スパンキングX”の2種類。

 いやあ、おしおきっていいものですね。ただ女の子の露出が多かったりするエロスとは違う背徳感。しかも、おしおきすればするほど女の子が成長していくわけですから、やらないわけにはいきませんよ。

 ブース内にはヘッドホンも完備されているので、こすったり叩いたりした時に女の子があげる声を独り占めにできます。おしおき中のなんとも言えない声の連続は、正直たぎりますよ。

 特に“スパンキングX”は、女の子を2人同時におしおきできる贅沢なものなので盛り上がりも2倍! 女の子2人との3人プレイ(ゲーム的な意味で)は、最高でした。

『クリミナルガールズ2』

 そうこうして夢中になっていたら、あっという間にプレイ時間終了に。もう少しおしおきしたかっ……いや、遊びたかったなあ。

 女の子だらけのRPGで、しかも女の子に振り回されたりお仕置きしたりしていろいろな欲求を満たせるゲームは、本シリーズだけでしょう。プレイヤーの仲間となる半罪人の女の子たちも、みんな魅力的でヨミガエリさせてあげたい! と思えること請け合いです。

 TGS会場に来られる方はぜひセガゲームスブースに立ち寄って、女の子に振り回されつつおしおきする快感を味わってみてください。

『クリミナルガールズ2』

■東京ゲームショウ2015 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2015年9月17日~18日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2015年9月19日~20日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C) 2015 Nippon Ichi Software, Inc.

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。