News

2015年9月18日(金)

『スター・ウォーズ バトルフロント』クリエイターインタビュー。コンセプトは「夢のようなバトルの実現」【TGS2015】

文:イトヤン

 現在開催中の東京ゲームショウ2015で、エレクトロニック・アーツブースにて試遊可能な『スター・ウォーズ バトルフロント』。ここでは開発スタッフのインタビューをお届けする。

『スター・ウォーズ バトルフロント』

 本作の開発を手がけるDICEから、ヒーローデザイナー統括を務めるジェイミー・キーンさんが、東京ゲームショウ2015に合わせて来日。ゲームの詳細や、『スター・ウォーズ』に対する想いを聞くことができた。

プレイヤー自身が考える、夢の『スター・ウォーズ』バトルを体験できる!

――会場での試遊では、40人対戦の“ウォーカー・アサルト”と、2人協力プレイの“タトゥイーン サバイバル”を体験できましたが、本作には他にどんなモードが存在するのでしょうか? 

『スター・ウォーズ バトルフロント』
▲DICEで『スター・ウォーズ バトルフロント』のヒーローデザイナー統括を務める、ジェイミー・キーンさん。

 製品版のゲームには、全部で14種類のゲームモードが用意されています。その中には“ファイター・スコードロン”といって、XウイングやTIEファイターといった戦闘機で戦う、空中戦に特化したモードもあります。

 本作のコンセプトは、“Live out your star wars battle fantasy(自分が考える夢の『スター・ウォーズ』バトルを実現しよう)”というものです。でも『スター・ウォーズ』ファンの人に、「あなたがいちばん印象に残っている『スター・ウォーズ』のバトルシーンは?」と聞いたら、みんな違う答えが返ってくるはずです。

 スピーダーバイクのチェイスが好きな人もいるだろうし、ホスでのAT-ATウォーカーの襲撃が好きな人も、ライトセーバーでのバトルが好きな人もいるでしょう。それをなるべくみなさんに体験してもらいたいと思って、それぞれのバトルシーンを再現した多彩なモードを用意しているのです。

 映画で観たシーンをゲームでも体験できるというのは、とても楽しいものです。それだけでなく、映画に出てくる状況を組み合わせてまったく新しい体験ができるのも、本作の魅力です。たとえば、ルーク・スカイウォーカーとボバ・フェットが1対1で対決したらどうなるのか。こういった“what if(もしも)”の戦いは、ゲームでしか味わえない楽しみだと思います。

『スター・ウォーズ バトルフロント』
▲当時見ていた映画のワンシーンが現代の技術でさらに綺麗になって、そして自分の手で動かせる。

――キャンペーンのようなストーリーモードは、本作に存在していますか? 

 シングルプレイという意味では、“サバイバル”のようなミッションを1人でプレイすることもできますが、キャンペーンといった形では存在していません。

 先ほどお話ししたように、本作ではそれぞれのプレイヤーが考える夢の『スター・ウォーズ』バトルを真っ白な状態で体験してもらいたかったので、ストーリーはあえてつけないことにしているのです。

――キーンさんは“ヒーローデザイナー統括”という役職だそうですが、ルークやダース・ベイダーといった人気キャラクターを表現する際に心がけている点は? 

 映画の中の登場人物を、ゲームの登場人物としてふさわしい形に表現するのが難しいですね。ゲームの楽しさということを考えた場合、ヒーローキャラクターをあまり強くしすぎてしまうと、他のプレイヤーとのバランスが取れなくなってしまうのです。

 たとえば、ダース・ベイダーに対して反乱同盟軍の兵士が1人で立ち向かっても、まず勝てないですよね(笑)。でも他のプレイヤーと協力して一斉に襲いかかれば、少しは善戦できるかもしれません。

 それでもダース・ベイダーには敵わないかもしれないけれど、倒される瞬間に、映画に出てきたフォースで敵の首を絞めるシーンが再現されれば、倒された兵士のプレイヤーのほうも楽しいと感じることができますよね。そういう点に気を配るようにはしています。

――ルークやダース・ベイダーを使用して、ライトセーバーで戦うと、やっぱり強力ですか? 

 もちろん! 1対1で戦うためのアクションや、複数の敵を相手にする際のアクションなど、多彩な動きを用意しています。映画で出てきたように、敵のブラスタービームをライトセーバーではじき返すこともできますよ。

――そうなるとやはり、製品版でどんなキャラクターが使用できるのか、気になるのですが……。

 今のところ発表しているのは、ルークとダース・ベイダー、そしてボバ・フェットですが、もちろんそれ以外にも使用可能なキャラクターはまだいますので、楽しみにしていてください。

『スター・ウォーズ』に対する私たちの愛と情熱を、世界中のファンに感じてもらいたい

――本作を実際に試遊してみて、同じくDICEの開発している『バトルフィールド』シリーズに、プレイの感覚が近いという印象を受けました。

 DICEには、自分のゲーム開発者としてのキャリアを『バトルフィールド』に捧げてきた人たちが多数いますから、『バトルフィールド』シリーズで培われた豊富な経験を、今回のゲームにも反映することができています。

 ただ、『スター・ウォーズ』ファンというのは『バトルフィールド』のファン以上に多彩な広がりを持っていますから、その点をより強く意識するようにしています。

『スター・ウォーズ バトルフロント』
▲『スター・ウォーズ』についての話題になると、より一層熱くなって語るジェイミー氏。

――ご自身が『スター・ウォーズ』のゲームを開発できると、最初に聞いた時の感想は? 

 「信じられない!」って思いました。私は4歳の時に最初の映画を観て以来、ずっと熱狂的な『スター・ウォーズ』ファンだったんです。映画で観たヒーローたちを自分の手で表現できるというのは、私にとって仕事とは思えないぐらい楽しいことですね。

――ご自身が熱心なファンだけに、世界中の『スター・ウォーズ』ファンの本作に対する反応が気になるのでは? 

 今回の開発チームが他のゲームと異なっているのは、私だけでなくスタッフ全員が『スター・ウォーズ』に対する愛情で満ちあふれているという点です。その想いがプレイヤーのみなさんにも伝わってほしいという気持ちは、本当に強いですね。

 私たちとしては、とにかくベストを尽くして映画の世界を忠実に再現しようとしていますし、それと同時に最高のゲームを作ろうとも思っています。しかし『スター・ウォーズ』のファンの中には、「この部分は自分が思っているのとは違う」という反応をする人もいるでしょう。

 それでも、私たちがこのゲームに、そして『スター・ウォーズ』に対して捧げている愛と情熱を、世界中のファンのみなさんに少しでも感じてもらえたら嬉しいですね。

――ちなみに、キーンさんご自身がいちばん好きな『スター・ウォーズ』の名場面は? 

 1つだけしか選べないんですか?(笑) そうなると月並みな答えかもしれませんが、『帝国の逆襲』でダース・ベイダーがルークに向かって、「私がお前の父親だ」と語りかける場面ですね。

――本作にはゲーム本編から少し遅れて配信される“ジャクーの戦い”というDLCも用意されていますが、これはどんな内容なのでしょうか?

 この年末に公開されるエピソード7『スター・ウォーズ フォースの覚醒』の予告編は、もう観ましたか? その中に、砂漠に墜落した巨大な宇宙戦艦“スター・デストロイヤー”の残骸が出てきたはずです。

“ジャクーの戦い”では、まさにそのスター・デストロイヤーが墜落した際の戦いを体験できます。エピソード7につながる内容なので、詳細はまだお話しできませんが、スター・デストロイヤー以外にも多数の兵器が激突する壮大なバトルが展開されますので、お楽しみに。

――本作に期待している日本の『スター・ウォーズ』ファンに、メッセージをお願いします。

 みなさんが本作を待ち望んでいるのと同じぐらい、私たち開発スタッフもこのゲームをみなさんの元にお届けする日を楽しみにしています。本作を制作する過程で私たちが味わっているワクワクするような楽しさを、みなさんにもぜひ感じてもらえればと思います!

■東京ゲームショウ2015 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2015年9月17日~18日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2015年9月19日~20日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

Star Wars (C) & (TM) 2015 Lucasfilm Ltd. All rights reserved. Underlying technology and game design (C) EA. All rights reserved.

データ

▼『スター・ウォーズ バトルフロント』
■メーカー:エレクトロニック・アーツ
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクション
■発売日:2015年11月19日
■希望小売価格:7,800円+税
▼『スター・ウォーズ バトルフロント』
■メーカー:エレクトロニック・アーツ
■対応機種:Xbox One
■ジャンル:アクション
■発売日:2015年11月19日
■希望小売価格:7,800円+税

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。