News

2015年9月18日(金)

『メタルギアオンライン』3つの兵種や1つのルールが判明。細かいテクニックにも注目【TGS2015】

文:Z佐藤

 『METAL GEAR ONLINE(MGO)』は、『METAL GEAR SOLID V:THE PHANTOM PAIN(MGSV:TPP)』の世界観やゲームシステムをベースとして、PS4/Xbox One/PCでは8対8の最大16人、PS3/Xbox 360では6対6の最大12人で対戦プレイが楽しめるオンラインマルチプレイモード。

『METAL GEAR ONLINE』

 東京ゲームショウ2015では、配信開始が10月6日であること、そして世界初のプレイアブル出展が実現したことで、ルールの1つや新たなシステム、そして基本無料でプレイできることなども明らかになった。

プレイヤーキャラクターと3種類の兵種について

 『MGO』では、『MGSV:TPP』で作成したアバターをプレイヤーキャラクターとして使用する。キャラクターの特性は、敵の発見能力が高い遠距離型の“偵察”、体力が高く重兵器を使いこなす中距離型の“重装”、ステルス性能が高い近距離型の“潜入”という3つのクラスから選択可能で、クラスによって足の速さや装備できる武器の重量などが異なる。

 特性は、ルールにあわせて選ぶのが勝利のポイントになるだろう。

ルールの1つ“BOUNTY HUNTER(バウンティハンター)”の詳細が明らかに!

 今回体験できたルール“バウンティハンター”は、チームデスマッチに似たルールで、まずは味方チームと敵チームに分かれて戦闘が始まる。敵チームのメンバーをフルトン回収するか、殺害すると敵チームの所持しているチケットが減少し、チケットの残数を0にすることで勝利となる。

 このルールで勝敗に大きく影響してくるのが、敵を倒すと頭上に賞金首ポイントが表示されるところ。敵を殺害せずにフルトン回収すると、その敵が持つ賞金首ポイントが味方チームのチケットに加算されるので、多くの味方を倒している敵(賞金首ポイントの高い敵)を回収すれば一発逆転も可能に!

 敵を倒すほどに狙われるようになるので、攻撃だけでなく生き延びるテクニックも磨く必要がありそうだ。

『METAL GEAR ONLINE』

さまざまな知識とテクニックを身に付け、戦場に繰り出そう!

 戦場では味方チームのメンバーはコードネームやマーカーが青色、敵チームのメンバーは赤色か無表示の状態になる。ブルーチームやレッドチームなどの区分けは存在しないのでお間違いなく。

 味方チームのメンバーとは、『MGSV:TPP』でL1ボタンを押して使用したCALLメニューを使うのと同じ要領で簡易無線が可能。L1ボタンを押しながら△ボタンを押せば、“!”の表示のオン/オフができ、無線に雰囲気を出すことができる。

 CQCで敵を拘束して尋問すると、ほかの敵の位置がマーキングされる。戦場にはウォーカーギアが配置されている場合があり、これを利用することで大きな戦力を得ることができる。

 また、右スティックを押し込み、味方チームのメンバーと向き合って敬礼をするとバディを組むことができ、バディ同士は狙っている敵の情報を共有できたり、ワームホール発生装置でバディのもとへ瞬間移動できたりするなど。ほかにも多数の要素が盛り込まれているので、それらを上手に利用して勝利を目指してほしい。

『METAL GEAR ONLINE』

■東京ゲームショウ2015 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2015年9月17日~18日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2015年9月19日~20日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)Konami Digital Entertainment

データ

▼『PlayStation 4 METAL GEAR SOLID V LIMITED PACK THE PHANTOM PAIN EDITION』
■メーカー:SCE
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクション
■発売日:2015年9月2日
■希望小売価格:49,980円+税
▼『メタルギア ソリッド V ファントムペイン(ダウンロード版)』
■メーカー:KONAMI
■対応機種:PC
■ジャンル:アクション
■配信日:2015年9月2日
■価格:8,400円+税
※Steamでの販売

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。