News

2015年9月19日(土)

『YU-NO』PS4/PS Vitaで2016年2月18日発売決定。小林ゆう画伯が描くキャライラストにも注目【TGS2015】

文:そみん

 9月17~20日に幕張メッセで開催されている東京ゲームショウ2015(TGS2015)。そのセガゲームスブースで、MAGES.のゲームブランド・5pb.が発売する『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO』の最新情報が発表されました。

※掲載している画像は生放送をキャプチャしたものです。

『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO』

 本作は、数多くの名作アドベンチャーゲームを世に送り出した故・菅野ひろゆき氏の代表作の1つ。 1996年にPC版、1997年にセガサターン版、2000年にWindows版が発売されたSFアドベンチャーゲームです。

 9月19日に行われたステージイベントには、林勇さん(有馬たくや役)、小林ゆうさん(武田絵里子役)、与猶啓至さん(サウンドクリエイター)、浅田誠さん(プロデューサー)が出演。ゲームの最新情報や初公開映像などが発表されました。

PS4/PS Vitaで2016年2月18日発売決定! セガブースで試遊が可能

 ステージ冒頭の映像公開で、本作の機種と発売日が発表されました。ちなみに浅田さんはPSマークのついたTシャツを着てステージに登場したため、その時点でピンと来た人も多かったのでは?

『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO』
『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO』
『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO』
『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO』
『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO』
▲ストーリー性を感じさせるアニメムービーが公開されました。

 なお、本日12時からセガゲームスブースで本作の試遊が解禁になるとのこと。ブース付近では本作の特製リュックが配布されているので、会場に行った方はブースをのぞいてみては?

自分が演じたキャラをイラストで表現!?

 イベント中には、林勇さんと小林ゆうさんが、それぞれご自身が演じたキャラをイラストで表現するコーナーがありました。

『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO』
▲林勇さんが描いた有馬たくや。かなりガチで頑張ったそうです。
『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO』
▲小林ゆうさんによる武田絵里子!? ちゃんと白衣を表現しているそうですが……。

 林勇さんは有馬たくやに対して、いろいろな顔を持っているキャラだとコメント。モテまくることについても「幸せです!」と語っていました。

 小林ゆうさんは武田絵里子に対して、姉御肌で素敵だと話していました。

『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO』
▲ゲーム中には多数の女性キャラが登場。ちなみにセガブースには、彼女たちのコスプレをしたコンパニオンがいて、特製リュックをもらえます。

■東京ゲームショウ2015 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2015年9月17日~18日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2015年9月19日~20日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)MAGES./5pb.

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。