News

2015年9月20日(日)

梶裕貴さんと石川由依さんがゲーム『進撃の巨人』で巨人を駆逐! 石川さんには巨人がかわいく見える?【TGS2015】

文:りえぽん

 本日9月20日、東京ゲームショウ2015のコーエーテクモゲームスブースで、今冬発売予定のPS4/PS3/PS Vita用ソフト『進撃の巨人』スペシャルステージが開催されました。

『進撃の巨人』
『進撃の巨人』

 ゲーム『進撃の巨人』の鯉沼久史プロデューサーと、エレン役・梶裕貴さん、ミカサ役・石川由依さんが登場し、本作の魅力をたっぷりと紹介しました。

『進撃の巨人』
▲調査兵団のジャケットを着て登場した梶さんと石川さん。石川さんはミカサのマフラーもしっかり身に着けていました。

ゲーム『進撃の巨人』は予想をはるかに超える完成度

 ゲーム『進撃の巨人』を、ステージが始まる前に少し遊ばせてもらったという梶さん。梶さんは、ゲームになると最初聞いた時は、『進撃の巨人』の世界観をどこまで表現できるのかが少し心配だったとのこと。しかしゲームをプレイしてみて、予想をはるかに超える完成度だったので驚いたと語っていました。

 石川さんは、巨人の動きがなめらかで「かわいい」とコメント。まさかの感想に梶さんと鯉沼プロデューサーもびっくりしていました。

『進撃の巨人』
▲鯉沼プロデューサーは、8月に行われた“gamescom”で本作を発表した際、海外でも大きな反響があったと紹介しました。

 ゲームの音声収録も終えているとのことで、収録時の様子について、ミカサはアニメではあまり叫ぶシーンはなかったけど、ゲームではアクションシーンが多いのでかなり叫んでいるセリフを収録したと石川さん。梶さんも、ほとんどが叫んでいたので、のどを潰す覚悟で収録に挑んでいたと裏話を披露しました。

梶さん&石川さんが巨人の駆逐に挑戦!

 続いて、喜多村智行ディレクターが実際にゲームをプレイしながら、本作の立体起動の爽快感や巨人との戦闘を紹介しました。

 見ているだけでは我慢できなかった梶さんが、途中からプレイ役を交代! 途中で巨人に捕まりそうになってしまうシーンもありましたが、見事に立体起動を使いこなし巨人の弱点を一撃! 「ボタンを押すだけで立体起動で気持ちよく移動できる」と、本作に夢中になっているようでした。

『進撃の巨人』
『進撃の巨人』
▲石川さんもプレイしてみることに。最初はなかなか思うように進めず苦労していましたが、最後は巨人の駆逐に見事成功! 会場からは大きな拍手が。
『進撃の巨人』
『進撃の巨人』
▲会場で体験できる“進撃の自分”を梶さん&石川さんも体験! 超大型巨人に自分の顔をはめて遊べるアトラクションです。

 梶さんは、「このステージで皆さんの“駆逐熱”があがったんじゃないか」とコメント。石川さんもゲームの発売が楽しみになった様子でした。最後に鯉沼プロデューサーから、今後も本作についての情報を届けていくので、楽しみにしていてほしいとファンにメッセージが送られ、ステージは終了となりました。

■東京ゲームショウ2015 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2015年9月17日~18日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2015年9月19日~20日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.

データ

▼『進撃の巨人』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクション
■発売日:2016年2月18日
■希望小売価格:7,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『進撃の巨人』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2016年2月18日
■希望小売価格:7,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『進撃の巨人』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:アクション
■発売日:2016年2月18日
■希望小売価格:6,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。