News

2015年9月24日(木)

【電撃PS】『New みんなのGOLF』PS4で新生した本作の魅力に最新情報&開発者インタビューで迫る!

文:電撃PlayStation

 誰でも遊べるシンプルな操作性と豊富なやり込み要素で、今やゴルフゲームの代名詞となった『みんゴル』シリーズ。そのPS4最新作『New みんなのGOLF』の詳細が“SCEJA Press Conference 2015”で明らかに!

PS4『New みんなのGOLF』

→“SCEJA Press Conference 2015”発表内容はこちら
→“TGS2015”セッションレポート&開発コメントはこちら

 9月24日(木)発売の『電撃PS Vol.599』では『NewみんGOL』の収録コースをはじめ、マイキャラやアクティビティなど基本システムを紹介している。

 とくに本作では、従来の1ホールごとの構成から“9ホールが1つのオープンフィールド”で構成されている点に注目。別のホールを利用してのショートカットや、同時にプレイしているほかのプレイヤーとの意外なコミュニケーションが楽しめそうだ。

PS4『New みんなのGOLF』
▲まさにリアルな“ゴルフ場”の雰囲気を反映した開放感あふれるコースの数々。記事では、前作までと比較しつつ、本作がどのような進化をしたかがわかるようになっている。
PS4『New みんなのGOLF』
▲自分の分身“マイアバター”を作成し、ラウンドを行ったり、自分のプレイに合わせて成長していくシステムなども紹介。

 さらに、開発を手がけるクラップハンズの村守将志氏をはじめ、SCEの小番芳範プロデューサー、長井伸樹シニアプロデューサーのキーマン3名をお迎えして、インタビューを実施! PS4で開発された経緯や、新システム誕生秘話などが明かされる、必見の内容だ。

 ここでは、そのインタビューの一部を抜粋してお届けする。

――まずはタイトルが『7』ではなく『New』となったところからお話をうかがいたいのですが。

村守将志氏(以下、敬称略):これまで順番に『6』まで作ってきたので、ふつうに考えれば次は『7』なんですけど……。数字もかなり大きくなってきて、それによって一部のユーザー向けのサービスになっていないかという懸念があったんです。

 初代『みんなのGOLF』は当時、敷居の高いゴルフゲームが多くて、そこにひょこっと敷居の低いゴルフゲームが出てきたことで、ユーザーの掘り起こしができたというのがあったんです。今回ハードがPS4に変わるというタイミングもあって、掘り起こしをもう1回やってみたいという思いがありました。でも、それだと『7』じゃいけないんじゃないかと。

――確かにナンバリングタイトルの数字が大きいと新規ユーザーは入りにくいかもしれません。

村守:そこでリセットしましょう、と。いろいろ候補はあったのですが、名は体を表すということで『New』に落ち着きました。『みんGOL』を再スタートしようということですね。

――再スタートということで、ゲームのデザインだったりコンセプトだったりも一新されているのでしょうか?

村守:そうですね、掘り起こすからには、これまでゴルフゲームをやったことがない人も振り向かせたい、というのがあって。同時に『6』までのユーザーの人たちにも納得してもらえる、いってみれば『7』としての存在感も作り上げていかないといけない。この2つを併せ持ったものにしなければいけないなと。難題なんですけど。

――プレイヤーが作ったキャラでラウンドするのはシリーズ初ですが、どんな経緯でそうなったのでしょう?

村守:『ポータブル』にも若干ではありますが似た要素はありましたけど、顔をいじるところまではできませんでした。TVでの芸能人ゴルフ大会じゃないですけど、いろんな顔がコースで見られたらいいと思っていたんです。

――これまでだと既存のキャラを選ぶ関係で、コース上には見慣れた顔、ときには同じ顔ばかりでしたからね。

村守:海外のRPGなどでは顔のカスタマイズが細かくできる反面、敷居が高くて。リアル系ならそれでもいいんでしょうけど、『みんGOL』にはイラストチックなほうが合っているのかな、と思っています。

長井伸樹氏:自分に似せたキャラを作る人も多いと思うんです。素材をゲットして着飾りたい、カスタマイズしたいといった楽しみ方もありますし。自分の分身を『みんGOL』の世界に連れて行って楽しんでもらいたいですね。

(電撃PS Vol.599より抜粋)

 インタビューでは、このほかに“オンラインとオフラインでの遊び方”や“実際のプレイ時の雰囲気”、“マイキャラの成長要素”、“シリーズ初心者に向けてのフォロー”など、開発陣が本作に込めた熱い想いが伝わる内容になっている。

 携帯機ではハードと同時発売するなど、今やPSハードの“顔”ともいわれる存在になった『みんGOL』シリーズ。そのナンバリング最新作を“New”にすることで“誰でも遊べるゴルフゲーム”への原点回帰を図りつつ、PS4ならではの進化を遂げた作品が『NewみんGOL』です。

 『みんGOL』ファンもそうでない方も『電撃PS Vol.599』の記事を読んで、ぜひその魅力に触れてください。

(C)Sony Computer Entertainment Inc.

データ

▼『電撃PlayStation Vol.599』
■プロデュース:アスキー・メディアワークス
■発行:株式会社KADOKAWA
■発売日:2015年9月24日
■定価:694円+税
 
■『電撃PlayStation Vol.599』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『New みんなのGOLF』
■メーカー:SCE
■対応機種:PS4
■ジャンル:スポーツ
■発売日:2016年
■希望小売価格:未定

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.674

    電撃PlayStation Vol.674表紙画像

    [ 5月号 ] 2019年3月28日発売
    特別定価:880円+税

    【表紙&冊子付録】
     SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE
    【毎号付録】デンプレコミック #28
    【Visual Gallery】岸田メルの世界
    【特集企画】『戦国無双』シリーズ15周年
     クリエイターに聞く忘れられないPS4ゲーム
     歌広場淳×ふ~どの格闘ゲーマー座談会
    【POWER PUSH】イースⅨ / 閃の軌跡Ⅳ
     SAO FB / 勇者ネプテューヌ
    【電撃特報】
     ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団
     殺人探偵ジャック・ザ・リッパー
    【MONTHLY DEEP】Days Gone
     EDF:IRON RAIN / ラングリッサーⅠ&Ⅱ
     スターリンク バトル・フォー・アトラス
     コール・オブ・クトゥルフ ほか
    【BRAND NEW】進撃の巨人2 -Final Battle-
     デート・ア・ライブ 蓮ディストピア
     アライアンス・アライブ / PixARK
     GRANBLUE FANTASY Versus
    【話題作】ルルアのアトリエ
     スパロボT / LoveR(ラヴアール)
    【Online Game】PSO2 / Anthem
     バトオペ2 / FFXIV / FFXI
    【コード付録】戦国無双シリーズ
     ルルアのアトリエ / LoveR(ラヴアール)
     エンゲージプリンセス / DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら