News

2015年10月7日(水)

【電撃PS】『MAD MAX(マッドマックス)』をVol.600で特集! この秋、2つの“MAD”に身を委ねよ!!

文:電撃PlayStation

 10月8日発売号で記念すべき600号を迎える『電撃PlayStation』。そんなおめでたい600号に、狂気の『MAD MAX(マッドマックス)』特集が掲載されています。

――――――――――――――――――――――――――――――
『マッドマックス』は、CERO Z(18歳以上のみ対象)のソフトです。
※18歳未満の方は購入できません。
――――――――――――――――――――――――――――――

 今回の特集の冒頭では、ウォーボーイズ・OSHOによる『マッドマックス』賛歌、および『MAD MAX』作品年表を掲載。

『マッドマックス』

 もちろん、ゲーム版『マッドマックス』についても、讃えるべき8大要素を中心に紹介。4人の編集&ライターによるMADなプレイレビューや、クリエイティブディレクターのフランク・ルーク氏のコメントも!

『マッドマックス』 『マッドマックス』

 さて、ここでは、今回の特集の冒頭にも掲載されている、ウォーボーイズ・OSHOによる『マッドマックス』賛歌をお届けします。

【『マッドマックス』賛歌 】

「V8! V8! V8! V8!」

 さて……あなたの周りには今年の6月以降、そのような奇声をあげつつ、突然両手の指を組んで頭上にかかげる人がいたりするでしょうか? もしいたとしたら、それは映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観てしまった人です。残念ですが治りません。かく言う自分も治る気配はまったくありません。

 かつての『マッドマックス』シリーズといえば、もはや“伝説級”の映画でした。

 とくに『マッドマックス2』は、核戦争後の世紀末=荒野+革ジャン+モヒカン+肩パッドのイメージを我々に植え付け、膨大な数の映画・マンガ・アニメ・ゲームに影響を与えた作品です。

 しかし、過去の作品がレジェンドなだけに、3作目『サンダードーム』からじつに30年ぶりに製作・公開されたこの『怒りのデス・ロード』に対する期待は、最初はさほど高くなかったような気がします。

 ところがいざ予告編の映像が世に出て、映画が公開されてみると、映画評論家もただの映画好きも、たまたま観てしまったシリーズ未鑑賞の人も驚いた! 齢70歳のジョージ・ミラー(全シリーズ作品の監督)が撮ったこの4作目こそが最高傑作、オールタイム・ベストに入る1作と評されるまでの作品となりました。

 とんでもない密度のアクションで展開する本作は、一度観ただけで(もしかしたらセリフがナシでも!)すべてを理解できる単純明快さがありながら、何度も観るたびにいろいろ考察ができる深さがあり、それでいてやっぱり頭空っぽで「ヒャッハー!」と楽しめる。

 さらには、殺伐とした世紀末の荒野のドラマを描いているのに、観終わったあとは絶望ではなく“生命力”しか感じないという“生命賛歌”であり、“女性賛歌”でもあり“ヒーロー賛歌”でもあり、“ヒール(悪役)賛歌”でもある! そしてなにより、これは“映画”でしか表現できない! こんなとんでもない映画、10年単位で観てもそう出てくるもんじゃありません。

 しかも、今年はそれだけじゃない! PS4のオープンワールドアクションとしても『マッドマックス』が登場です。

 ゲーム『マッドマックス』は、映画『怒りのデス・ロード』と同じウェイストランドを舞台に(直接的な物語的のつながりはないものの)、マックスを主人公としたドラマが展開しますが、やはり映画ファンが気になるのは“ちゃんと『マッドマックス』なのか?”というところだと思います。

 そこは心配ご無用! まず開始直後のオープニングを見て(マックスとスクロタスのバトルはある意味『マッドマックス』すぎて大爆笑)、さらに広大な荒野に走り出した瞬間に「あ、こりゃ『マッドマックス』だ!」と感じました。

 ということで、唐突ですが、電撃PSでも『マッドマックス』を讃えなければならない、という謎の使命感から生まれたこの企画。

 まず映画を観ていない人は、誌面を読んだらまだ上映中の映画館に行くか、速攻でBlu-rayを予約しましょう。映画は観たけどゲームをプレイしていないという人は、PS4のなかでもハイオク人になりましょう。

 そして両方楽しんでいる人は、シリーズ最高傑作の映画と、マックス自身になって荒野を爆走できるゲームが同じ年に体験できることに歓喜しつつ、一緒に唱和しましょう。

「What a lovely year!(なんてサイコーな年だ!)」

ウォーボーイズ・OSHO
ウォーボーイズ・OSHO

(C)2015 WARNER BROS.ENT.ALL RIGHTS RESERVED
Mad Max and all related elements are trademarks of and (C) Warner Bros. Entertainment Inc.
WB GAMES LOGO, WBIE LOGO, WB SHIELD: TM & (C) Warner Bros. Entertainment Inc. (s15)

データ

▼『電撃PlayStation Vol.600』
■プロデュース:アスキー・メディアワークス
■発行:株式会社KADOKAWA
■発売日:2015年10月8日
■定価:759円+税
 
■『電撃PlayStation Vol.600』の購入はこちら
Amazon.co.jp
イメージ
▼『マッドマックス』
■メーカー:ワーナー エンターテイメント ジャパン/ワーナー・ホーム・ビデオ
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクションADV
■発売日:2015年10月1日
■希望小売価格:7,600円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『マッドマックス』
■メーカー:ワーナー エンターテイメント ジャパン/ワーナー・ホーム・ビデオ
■対応機種:Xbox One
■ジャンル:アクションADV
■発売日:2015年10月1日
■希望小売価格:7,600円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『マッドマックス(ダウンロード版)』
■メーカー:ワーナー エンターテイメント ジャパン/ワーナー・ホーム・ビデオ
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクションADV
■配信日:2015年10月1日
■価格:7,100円+税
▼『マッドマックス(ダウンロード版)』
■メーカー:ワーナー エンターテイメント ジャパン/ワーナー・ホーム・ビデオ
■対応機種:Xbox One
■ジャンル:アクションADV
■配信日:2015年10月1日
■価格:7,100円+税

関連記事

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.635

    電撃PlayStation Vol.635表紙画像

    2017年3月30日発売
    特別定価:639円+税

    今号も感謝の特別価格号!
    【表紙&攻略特集16P】BLUE REFLECTION
    【月イチ付録】デンプレコミック #4
    【特集1】著名人が選ぶPS4の至高の1本
    【特集2】『PSO2』『SAO』スペシャル鼎談
    【PS EXTRA】とある魔術の電脳戦機
    【電撃特報】ハコニワカンパニワークス
     限界凸城 キャッスルパンツァーズ
     ガンガンピクシーズ
    【SUPER PUSH】無双☆スターズ / DQXI
     ダントラ2-2 / イースVIII / 地球防衛軍5
     オメガラビリンスZ / NieR:Automata
     DARK SOULS III / Horizon Zero Dawn
     CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!! ほか
    【ONLINE STATION】
     FFXIV / LET IT DIE / DDON / FFXI
    【コード付録】無双☆スターズ / SAO HF
     ブルーリフレクション / 閃乱カグラ PBS
     フィギュアヘッズ / DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら