News

2015年10月19日(月)

『RPGツクールMV』公式プラグインやパッケージキャラクターの素材が収録。パワーアップした機能が大公開

文:たけのこ

 KADOKAWAは、12月17日にスパイク・チュンソフトから発売されるWindows/Mac用ソフト『RPGツクールMV』の最新情報を公開しました。

『RPGツクールMV』

 『RPGツクール』は、プログラミングの知識などがなくても簡単にオリジナルのRPGを制作できるRPG作成ツール。シリーズ最新作の『RPGツクールMV』では、iPhoneやAndroid端末で遊べるRPGを作ることもでき、全部でWindows/EXE形式、Mac/APP形式、Android/APK形式、iOS/IPA形式のデータ形式に対応します。

 また、各種ブラウザでプレイできるHTML5形式での出力も可能で、さまざまなプラットフォームに対応したRPGを創作することが可能です。本記事では、新設されたプラグインシステムやパワーアップしたキャラクター生成ツールなどの情報をお届けします。

RPGツクール史上初の“公式プラグイン”を収録!

 新設されたプラグインシステムで使用できる、“モンスター図鑑”、“アイテム図鑑”、“画面レイアウト変更”など、便利で使える公式プラグインが同梱されます。これらはゲームに利用できるだけでなく、プラグインの仕組みやJavaScriptの組み方などの参考にすることもできます。

■AltMenuScreen

 メニュー画面を別のレイアウトに変更するプラグイン。

『RPGツクールMV』
▲標準メニュー画面。
『RPGツクールMV』
▲AltMenuScreenプラグインあり。

■AltSaveScreen

 セーブ画面、ロード画面を別のレイアウトに変更するプラグインです。パーティメンバーの顔画像などが表示できるようになります。

『RPGツクールMV』
▲標準セーブ画面。
『RPGツクールMV』
▲AltSaveScreenプラグインあり。

■EnemyBook

 戦った敵を一覧できる“モンスター図鑑”が作れるプラグイン。

『RPGツクールMV』

■ItemBook

 集めた装備やアイテムを一覧できる“アイテム図鑑”が作れるプラグインです。

『RPGツクールMV』

■SimpleMsgSideView

 サイドビュー戦闘時の上のバトルログを消すプラグインです。

『RPGツクールMV』
▲SimpleMsgSideViewなし。
『RPGツクールMV』
▲SimpleMsgSideViewあり。

■TitleCommandPosition

 タイトル画面のコマンドウィンドウの位置や背景を変更するプラグインです。

『RPGツクールMV』
▲通常タイトル画面。
『RPGツクールMV』
▲TitleCommandPositionあり。

1プロダクトキーで2台のPCまで認証できるように

 『RPGツクールMV』では、1つのプロダクトキーで2台のマシンまで認証できます。デスクトップPCで制作して、ノートPCで続きの作業やテストプレイをするなど使い分けることが可能に。

パッケージキャラクターが、ついに素材化

 要望が多かった、パッケージ(キービジュアル)キャラクターの素材が同梱されます。16名のキャラクターを使って、あなただけの物語を創ってみましょう。また、通常のBGMとしても使用できる、各キャラクターのテーマ曲も制作されました。

『RPGツクールMV』
『RPGツクールMV』 『RPGツクールMV』
『RPGツクールMV』 『RPGツクールMV』
『RPGツクールMV』 『RPGツクールMV』

キャラクター生成ツールが大幅パワーアップ

 キャラクターの容姿を違和感なく生成できる他、サイドビュー戦闘キャラクター、要望の多かった倒れキャラの生成もできるようになりました。また、ランダム生成機能、倒れキャラ、SV戦闘キャラなどを個別にインポート、エクスポートできます。

 インポートでは、ベースの画像をファイルから読み込み、新たに生成した画像を自由に配置できるとのこと。さらに、制作途中の状態をセーブできる“設定の保存”機能も実装!

『RPGツクールMV』
『RPGツクールMV』

イベントテスト機能が実装

 イベントコマンドを設定するリストボックスのコンテキストメニューで、“テスト”を選択できます(ショートカットはCtrl+R)。これを選択すると、戦闘テストのようにゲームエンジンが起動し、空状態のマップでそのとき選択されていたイベントコマンドだけが実行されます。

『RPGツクールMV』
『RPGツクールMV』

簡単操作で、一枚絵のマップに対応

 前作までは、遠景を床にしたい場合の取り扱いが困難でしたが、本作では遠景の画像ファイル名の先頭に“!”を付けるだけで、簡単に視差ゼロの床を作成できます。

『RPGツクールMV』
『RPGツクールMV』
『RPGツクールMV』
『RPGツクールMV』

ゲームプレイ時にウィンドウサイズをドラッグで変更可能に

 出力されたゲームexeなどのウィンドウの枠をドラッグして画面を引き伸し、任意のサイズに変更できます。

細部までこだわった快適ゲームプレイ機能が大充実

 ゲームプレイが大幅に最適化され、プレイのしやすさや難易度調整の幅も大きく広がりました。

『RPGツクールMV』

・コマンド“オプション”が追加(オプション項目:常時ダッシュ、コマンド記憶、音量BGM/BGS/ME/SE)
・戦闘のテンポを速めに調整
・決定キーを押しっぱなしで連打扱いに
・決定キーを押しっぱなしでイベントを倍速処理
・マップと戦闘のBGMが同一のとき、切り替え時に演奏を止めない
・最後に使用したスキルが、移動中と戦闘中で別々に記憶されるようになりました。
・セーブファイルの最大数が16個から20個に変更されました。
※上記以外にもさまざまな最適化が行われています。

好みのフォントが使用できるように

 CSSを書き換えることで、好みの文字フォントを使ってゲームが製作できるように。

『RPGツクールMV』
▲標準フォント。
『RPGツクールMV』
▲好みのフォントに変更しよう!

RTPの煩わしさから解放!

 前作までは、ゲームを制作する時やそのゲームをプレイする時に、あらかじめRTP(ランタイムパッケージ)をインストールしておく必要がありました。

 この目的は、主にゲームのダウンロード容量を小さくすることでしたが、ブロードバンドの普及によって従来ほど容量を気にする必要がなくなってきたことなどから、『RPGツクールMV』ではこの仕様を廃止。新規でゲームを制作する時に、ゲームフォルダにすべての素材ファイルをコピーするようになりました。

ゲームプレイの動作環境

【動作環境】
・HTML5 CanvasとWeb Audio APIに対応したもの
・iOS8以上
・Android4.4以上

【推奨環境】
・Windows
・Android:Google Chrome
・Mac OS X
iOS:Safari

※『RPGツクールMV』で制作されたゲームの動作環境です。

※画面はすべて開発中のもの。
(C)2015 KADOKAWA CORPORATION./YOJI OJIMA

データ

▼『RPGツクールMV』
■メーカー:スパイク・チュンソフト(開発:KADOKAWA)
■対応機種:Windows/Mac
■ジャンル:その他
■発売日:2015年12月17日
■希望小売価格:12,800円+税

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。