News

2015年10月30日(金)

電撃文庫『もう中二病でもいいもんっ!』は敵もヒロインもみんな中二病!?

文:電撃オンライン

 翡翠ヒスイ先生が執筆する電撃文庫『もう中二病でもいいもんっ!』の紹介記事をお届けします。

『もう中二病でもいいもんっ!』

物語の見どころ

登場人物が全員中二病!?
前代未聞の異能バトルがここに開幕!!

 人間の“想い”が怪物の姿に具現化して人間を襲う事件が多発している日本――。 その怪物は妄現体(パラノイア)と呼ばれ、政府直属の秘密組織“零式機関”から派遣されたエージェントたちが異能力を使って討伐に当たっているのだとか。

 といっても、本作はふつうの異能バトルものではありません!! 中二病がらみの怪事件に中二病のヒロインが登場する、中二成分100パーセントというべき話題作なのです!

 注目のメインヒロインは、右腕が暴れる系女子中学生の奈瑠。彼女は右腕を包帯でグルグル巻きにしていますが、それはパラノイアに寄生されて真っ黒になった肌を隠すため。しかも、その黒い腕は奈瑠の意思とは関係なく暴れまくり、彼女の口から勝手にエッチな言葉や暴言を吐かせてしまうのです!! これはちょっとお嫁にいけないかも……?

 その上、なぜか学校ではクラスメイトや学級担任の中で中二病が大流行。因果律だの、聖域だの、封印だの、誰もが会話の最中に中二ワードを連発するようになり、ホント尋常じゃありません。

 この調査に訪れたのが、零式機関のエージェント・無ヶ原黒曜とその従者・紫音。黒曜は奈瑠を保護し、自分が率いる部隊のメンバーに招きます。が、この男、本性はセクハラ発言を繰り返し、規則や常識は通用しない能天気オトコ。“能なしの猛犬”(バウンド・ハウンド)の異名を持つ、超問題児で……。

 黒曜は無事パラノイアを殲滅させ、奈瑠の腕をもとに戻せるのか? 傍若無人な黒い腕に振り回され、黒曜の容赦ないセクハラにアワアワする奈瑠のかわいい姿は必見です!!

『もう中二病でもいいもんっ!』

登場人物の見どころ

黒曜が率いる部隊のメンバーも
キュートで頼れる中二病っ娘ばかり!?

 ふつうの女子中学生だった奈瑠が、無ヶ原黒曜が率いる零式機関独立遊撃部隊“ブラック・ドック”の一員に!! 自分の腕に寄生したパラノイアの調査に参加することになってから、物語が大きく動き出す本作。

 メンバーは黒曜以外、すべて女子というだけあってとても華やか♪ そして、やっぱりみんな中二病!? 気になる仲間をここで紹介しますね。

・星美津奈瑠……ごくふつうの女子中学生。照れ屋でちょっぴりドジで慌てん坊。

・真泉ユリ……フードを目深にかぶり、“閃華”(ブレイズ)の異名を持つ美少女。一人称は「オレ」。自称・雅でダークなハンター。

・近江美湖斗……情報収集のエキスパート。自称・エレガントでエクセレントでエキセントリックな天才中学生。ユリとはケンカ仲間。

・幸宮紫音……黒曜直属の従者。クール顔立ちのツンデレ美少女。プライベートでは愛らしいメイド服を愛用。

 ……う~ん、名前からして中二っぽい娘も!? 以上の4人に、リーダーの黒曜が加わった5人で事件解決に挑むのですが、個性が強いヒロインと規定外の男のチームだから平凡とは無縁。毎回、あっと驚く何かが起きるのでワクワクしますよ! テンポよく交わされる5人の会話を楽しみながら、ぜひ物語の行く末を見届けてね!!

(C)翡翠ヒスイ/ KADOKAWA CORPORATION 2015
イラスト:そりむらようじ

データ

▼『もう中二病でもいいもんっ!』
■著者:翡翠ヒスイ
■イラスト:そりむらようじ
■プロデュース:アスキー・メディアワークス
■発行:KADOKAWA
■発売日:2015年10月10日
■定価:570円+税
 
■『もう中二病でもいいもんっ!』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。