News

2015年11月5日(木)

『To LOVEる ダークネス TP』レビュー! 美柑が大好き過ぎるライターは満足できたのか?

文:スズタク

 フリューから11月5日に発売されたPS Vita用ソフト『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』。この記事では、本作をプレイしたライターのレビューをお届けします。

 おいしい……ミカンおいしいよ。甘くてジューシィだよ……。あ、どうも、ライターのスズタクです。え、文頭から気持ち悪いって? いやだなー、果物のほうのミカンを食べてただけですよ。本格的に寒くなってきましたしね。

 さて、というわけで『To LOVEる-とらぶる- ダークネス』を原作とした恋愛SLG『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』のレビューをお届けしますよが発売目前です。

 本作は、プレイヤーが主人公・リトとなり、1人のヒロインと結ばれることを目指す“脱ハーレム”作品となります。原作がハーレム全開の内容なので、ファンにとっては新鮮なテーマですね。

 先日行われた座談会では、不幸な事故もあって、4人も編集者が集まっておきながら誰も美柑ルートを選ばなかったことがわかりました。これは、『To LOVEる-とらぶる-』神の見えざる手に違いない! ということで、美柑ルートをプレイした僕のレビューをお届けしようと思います。

『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲右上に! 右上にいるのが僕の嫁です!

●初心者でも安心してヒロインと添い遂げられる

 さっそく美柑ルートに触れたいのですが、その前に『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』のシステムをおさらいしましょう。恋愛SLGである本作では、リトのパラメータを上げて好みのヒロインのイベントを進める、というのが基本的な遊び方になります。

 パラメータを上げたり、イベントを発生させたりといった行動を2回行うと1日が過ぎ、30日間でヒロインと結ばれることを目指します。

『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』

 マップにはさまざまな施設があり、選択するとリトのパラメータがアップ。各施設とアップするパラメータは以下のとおりです。

生徒会室……誠実
体育館……体力
旧校舎……勇気
図書館……知力
花屋……優しさ

『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』

 施設の中で“神社”だけは、ラッキースケベゲージをダウンさせる効果があります。このゲージは、その名の通りラッキースケベなイベントを見ると増え、ゲージが満タンになると1日行動不能に。ゲージがたまってきたら、神社に行ってリセットすること!

『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲左上にあるのがラッキースケベゲージ。過激なイベントに遭遇すると、驚くほど一気にゲージがたまってしまいます。

 リトのパラメータはヒロインのイベント出現に影響し、パラメータが足りないとシナリオを進められません。ヒロインごとに、次のイベント出現に必要なパラメータを確認できるので、不足しているパラメータがあったら該当する場所に訪れて育成しましょう。

『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』

 ゲームを進めるうえで覚えることは以上! 要は、“狙ったヒロインの理想のパラメータを上げる”“マップ上でヒロインを選択してイベントを進める”の2点だけです。恋愛SLGの経験がない人でも、これでカンタンにお目当ての子のルートに入れちゃいます!

『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲マップにお目当てのヒロインが出現したら、すかさず選択。美柑かわいいよ美柑。

みんなお待ちかねの美柑ルートにダイブ・イン!!

 前置きはこのくらいにして本題に入りましょう。僕が美柑ルートをプレイして楽しかったシーンを選り抜いてを見ていきましょう! ただし序盤のみ。続きを見たいと思った人は、ぜひプレイしてみてくださいね。

『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』

・美柑ルートの楽しかったところその1:リトと思い出の公園へ

 共通ルートで記憶喪失になってしまったリト。大切な妹の記憶もあいまいになり、美柑も不安げな様子です。そんな中、散歩で公園に立ち寄った2人はある思い出話をして……。このシーンは、美柑がカワイイとかいうよりも、兄妹のきずなって、すばらしいものだな~、と感じましたよ。

『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲正しい選択肢を選べば好感度がアップ!
『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲個人的に好きな美柑の表情。どうでしょうか?

・美柑のルートの楽しかったところその2:雷が怖い? よろしい、ならば一緒に寝よう

 とある夜。美柑が苦手な雷が外で鳴り響き、我らがリトさんが優しく付き添ってくれます。当然そのまま話が終わるわけもなく、「じゃあ、一緒の布団で寝る?」という期待通りの展開へ。やったぜ!

 結構展開としてはベタではあるのですが、この記事を書いた時点では、逆に最近こういうシーンを見た記憶が薄かったおかげで、ニヤニヤしながら楽しめちゃいました。ベーシックなものはやはり強い! こういうところも外さずにきちんと押さえているのが実にいいですね。

『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲ここで一緒に寝ないなんて、人として間違ってると思うんだ。

・美柑ルートの楽しかったところその3:愛する妹のことは舌が覚えてる

 ララたちが作った料理を食べたら、リトの記憶が戻るんじゃないか? という話に。ララの料理の腕前を知るファンなら、だいたいの成り行きは想像できるでしょう。最終的にリトの心を一番刺激したのは、やはり愛しの妹の真心が込められた手料理でした。

『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲ぶちまけてしまったサラダは、PS Vita越しに僕が美味しく召し上がりました。ぺろぺろ。

・美柑ルートの楽しかったところその4:パンツorブラの究極の選択がここに!!

 プレイしていて、序盤では一番テンションが上がったイベントです。目覚めたら下着になってたリトが、そのまま美柑に着用されて……文字通り1日をともに過ごします。選択肢でパンツになるかブラになるか選べますが、僕は即決でパンツにしました(キメ顔)。

 あっ、ブラルートはプライベートで楽しむんで、問題ありませんよ。

『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲パンツ!
『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲ブラ!!
『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲ちょっとリトさん、もぞもぞしちゃダメだってば!(グッジョブ!!)
『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲おまわりさんこっちです。

・美柑ルートの楽しかったところその5:風邪に効くのは妹の看病

 リトが風邪をひいてしまい、ララたち三姉妹があれこれ看病します。しかし、例によってろくなことにならず、結局は美柑が看病することに。リトに頼られた時の、美柑の嬉しそうな様子がなんともキュートでした!

『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』

 この後は、順調だと思われていた2人の展開が少しづつ……。リトの看病合戦がきっかけとなり、美柑はリトへの気持ちを(顔を真っ赤にしながら)否定。リトも「実の兄妹に対してそんなこと思うわけない」と言いますが、その言葉を聞いた美柑はスーッと冷たい目になっていき……。

『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲残念、この記事でかけるのはここまでだ! ここからは皆さん自身の目で見届けてください!
『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲美柑のこんなシーンもあります!!

●結ばれたあとは後日談が楽しめる!

 イテテテテ、やめて物を投げないで。わかりました、特別に美柑エンドを迎えた後に解放される後日談をチラ見せしますから!

『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲ヒロインの好感度が一定以上ある状態でクリアすると、後日談が解放されます。

・美柑ルート後日談:お兄ちゃんに甘えまくりの美柑が見られる!?

 夜、急にリトの部屋にやって来た美柑。いつもと様子がおかしく、どうやらデビルーク産のチョコが原因で酔っぱらったような状態になっています。呂律も回らずベッタリ甘えてくる美柑に対し、はたしてリトは……?

『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』

本作を味わい尽くすなら初回生産限定版!

 初回生産限定版には、ヒロインの衣装が透けるアイテムやモモ&メアのブランケットなどが付属します。本作を120%楽しみたい人にピッタリです! そんな初回生産限定版を事前に入手できたので、開封する様子も皆さんにご覧いただきたいと思います。

『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲こちらが初回生産限定版です。描き下ろし限定パッケージはウェディングドレス姿のヒロインたちがまぶしいですね。
『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲横から見るとこんな感じ。かなりぶ厚いですね。
『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲そしてふたをカパリ。描き下ろし“モモ&メア”添い寝ブランケットの迫力あるビジュアルが。
『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲続いて“すけすけゴーグルくん”が手に入るプロダクトコードがお目見え。
『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲キャラクター別着せ替えジャケット(全11種)。箱を開けた時にモモの顔を見る機会が多いですね。
『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲最後に見えたのは、ソフト本体。
『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲内容物をすべて並べてみたところ。
『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲キャラクター別着せ替えジャケットを全部並べてみました。皆さん頬を赤らめていてとてもいいと思います。
『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲全ヒロインの下着姿が楽しめる“すけすけゴーグルくん”のコードが記載されたカード。“すけすけゴーグルくん”の魅力は下記で詳しく紹介します!
『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲高さ1200mm×幅1000mmサイズのブランケットを広げてみました。モモとメアがセットで私たちを誘惑します。しかしでかいですねコレ。
『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲大きさをイメージできるよう、パッケージを並べてみました。
『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲ふと思いついたので、ブランケットを折り返して掛け布団を演出。いかんですよこれは!!

すけすけゴーグルくんは想像以上に有能!!

 レビュー用のROMでは、上記で紹介した“すけすけゴーグルくん”が使用できるようになっていたので、もちろん試してみました。使用感については……。うん、これ会話が頭に入ってこないね。下着ばっかに目がいく。

 素晴らしいのは、イベントCGやサブキャラに対しても適用できる点! 特にイベントCGはヒロインがアップになるものが多いので、その分下着もド迫力で目に飛び込んできます。

 なお、この記事を書いている時点では“すけすけゴーグルくん”は初回生産限定版だけでしか入手できないとのことなので、それだけでも限定版を買う価値ってあるんじゃないでしょうか……。

『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲イベントCGもほれこの通り。
『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲沙姫さん&九条先輩の下着姿、いただきました!!

ヒロインそれぞれとの未来を夢見た人にこそオススメ

 美柑ルートをプレイしたうえでの総評ですが、本作は恋愛SLGとして無難に楽しめる内容に仕上がっています。各ヒロインのルートに入るのがカンタンで、気軽にお目当ての子を攻略できるのが魅力ですね。シナリオについても、少なくとも美柑ルートはニヤニヤしながら進められました。

 会話ログやログからのシーン巻き戻し、クイックセーブ・ロードなど、基本的な要素はしっかりと押さえてあるので、あまりストレスを感じることなくプレイできます。ちょっとスキップ速度が速くないと思いましたが、そこは慣れれば気にならない程度かと。攻略ヒロインが11人もいるので、全体のボリュームも文句なし。すべての『To LOVEる-とらぶる-』ファンにぜひ遊んでほしい作品だと思います!

『To LOVEる-とらぶる- ダークネス トゥループリンセス』
▲「誰がホントのお姫さま?」その答えはゲームにありますよ!

(C)矢吹健太朗・長谷見沙貴/集英社・とらぶるダークネス製作委員会
(C)FURYU Corporation.

データ

▼『To LOVEる‐とらぶる‐ ダークネス トゥループリンセス(完全初回生産限定版)』
■メーカー:フリュー
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:SLG
■発売日:2015年11月5日
■希望小売価格:8,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『To LOVEる‐とらぶる‐ ダークネス トゥループリンセス』
■メーカー:フリュー
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:SLG
■発売日:2015年11月5日
■希望小売価格:6,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『To LOVEる‐とらぶる‐ ダークネス トゥループリンセス(ダウンロード版)』
■メーカー:フリュー
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:SLG
■配信日:2015年11月5日
■価格:6,480円+税

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。