News

2015年11月25日(水)

PS4の全世界累計実売台数が3,020万台を突破。歴代PlayStationハード最速で普及拡大中

文:電撃オンライン

 SCEは、次世代ハード“PlayStation 4(PS4)”の全世界における累計実売台数が11月22日時点で3,020万台(※1)を突破し、依然として歴代のPlayStationのハードウェア史上最速で普及拡大が続いていることを発表しました。

『PlayStation 4』

【代表取締役 社長 兼 グローバルCEO アンドリュー・ハウスのコメント】

 発売から2年を迎え、引き続きPS4が最高の遊び場として世界中の多くの皆さまに選ばれ続けていることに、心から感謝いたします。

 今後も魅力あるゲームや各種のエンタテインメントサービスを提供していくことをユーザーの皆さまにお約束します。

 また、パートナー各社様にとってもPS4が世界中のお客さまにエンタテインメントをお届けする最適なシステムとなるよう、開発やビジネスにおけるサポート体制も引き続き充実させてまいります。

 PS4向けのソフトウェアについて、この年末・年始商戦にかけて、ソフトウェアメーカーおよびSCEワールドワイド・スタジオ(SCE WWS)から『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』(スクウェア・エニックス)、『龍が如く 極』(セガゲームス)、『Bloodborne The Old Hunters Edition』、『GRAVITYDAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動』、『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』(SCE WWS)が登場します。

 さらに、インディーズから『宇宙戦士GALAK-Z』(17-BIT)、『Super Time Force Ultra』(Capybara Games)をはじめ、魅力的なタイトルを続々と発売する予定とのことです。(※2)

 また、SCEは、これからもより多くの人にPlayStationの世界を楽しんでもらうために、PS4の更なる普及拡大を強力に推進め、PS4の普及を基盤にコンテンツ、ネットワークサービスを充実させていくとのことです。

※1 実売数量は、SEC調査による推計値です。日本は、2014年2月22日から2015年11月22日までの数値、北米は2013年11月15日から2015年11月21日まで、ラテンアメリカ、欧州は2013年11月29日から2015年11月21日まで、アジアは2013年12月17日から2015年11月22日までの数値です。
※2 発売されるタイトルおよびタイトル数は地域によって異なります。
※『プレイステーション』および『PS4』は、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。
※その他記載されている名称は各社の商標または登録商標です。

(C)2015 Sony Computer Entertainment Inc. All Rights Reserved.

データ

▼『PlayStation 4 PlayStation Camera同梱版』
■メーカー:SCE
■発売日:2014年4月24日
■希望小売価格:43,980円+税
 
■『PlayStation 4 PlayStation Camera同梱版』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『PlayStation 4』
■メーカー:SCE
■発売日:2014年4月24日
■希望小売価格:39,980円+税
 
■『PlayStation 4』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『PlayStation 4 First Limited Pack with PlayStation Camera』
■メーカー:SCE
■発売日:2014年2月22日
■希望小売価格:43,980円+税
 
■『PlayStation 4 First Limited Pack with PlayStation Camera』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『PlayStation 4 First Limited Pack』
■メーカー:SCE
■発売日:2014年2月22日
■希望小売価格:39,980円+税
 
■『PlayStation 4 First Limited Pack』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。