News

2015年12月18日(金)

『ガンダム EXVS-FORCE』ではシャンブロ、サイコガンダムなどの巨大モビルアーマーと出撃できる

文:るやま

 バンダイナムコエンターテインメントは、12月23日発売のPS Vita用ソフト『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE(エクストリームバーサスフォース)』の最新情報を公開しました。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FORCE』

 本作は『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』シリーズの最新作。家庭用『EXVS.』シリーズ初登場のプレイアブル機体や僚機編成専用の新機体が続々参戦し、EXアクションでシリーズおなじみの2on2のバトルや新たにオリジナル部隊を率いて戦う“大規模部隊戦”を楽しめます。

 本記事では、巨大モビルアーマーを編成して出撃可能な特別ミッションや新システム“アドバンス”、ガンダムF91やサザビーなどのプレイアブル機体の情報をお届けします。

巨大モビルアーマーとともに出撃できる特別ミッション

 『EXVS.』シリーズ初となる、巨大モビルアーマーと一緒に出撃可能なミッションの存在が判明。敵として立ちふさがってきた強力機体が味方機として参戦します。本記事では、2機のモビルアーマーを紹介します。

▼シャンブロ(パイロット:ロニ・ガーベイ)

『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』
『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』

▼サイコガンダム(パイロット:フォウ・ムラサメ)

『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』
『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』

 巨大モビルアーマーは特定のミッション限定で出撃可能。圧倒的な力で戦場を制圧しましょう。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』
▲モビルアーマーは部隊の戦艦枠に設定されます。
『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』
▲出撃時の画面。モビルスーツと比較するとサイズの違いは歴然。
『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』
『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』
▲広大なフィールドを埋め尽くすビーム兵器。高い耐久値と強力な武装を持つため、1体でも戦線の維持、打開が可能。単機で突っ込ませるか、共闘させるか戦局に応じて展開しましょう。

アドバンス機能

 アドバンスは、GPを消費して部隊編成した全機体をパワーアップさせる機能です。攻撃力アップやブーストゲージの効果時間延長など効果はさまざま。使いたい効果を“ON”にして出撃しましょう。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』
▲複数のアドバンス効果を同時に持たせることも可能。殲滅ミッションであれば攻撃力アップ、長期戦のミッションであればフォースコマンドを使いやすくするフォースポイント獲得量アップなど、ミッションに応じて効果を選択しましょう。

 GPを大量に消費するぶん、その効果は絶大。待ち受ける手強いミッションに備えてGPをしっかり貯めておくことと、ミッションに応じたアドバンスを使うことが重要です。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』
▲ミッション中のアドバンス効果はコマンドモード画面で確認可能。アドバンスはミッション開始から終了まで常に効果を受けられます。

プレイアブル機体紹介

 新たに判明したプレイアブル機体を紹介します。

●ガンダムF91(パイロット:シーブック・アノー)コスト:2000

 高機動と射撃戦が持ち味の2000コスト機体。高火力を誇る“ヴェスバー”を中心に、中距離戦で活躍します。“M.E.P.E.”は短時間ながらも敵の攻撃の追尾性能を無効化することが可能な上、“ヴェスバー”の火力も上がります。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』
『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』
『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』
『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』

●サザビー(パイロット:シャア・アズナブル)コスト:3000

 高い機動力を生かした射撃戦が得意な3000コスト機体。“ビーム・ショットライフル”と“ファンネル”でけん制し、本命の“メガ粒子砲<照射>”を狙いましょう。“ファンネル”はリロードも早く、当たれば敵を大きくのけぞらせることができるので積極的に使いたいところ。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』
『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』
『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』
『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』

●シナンジュ(パイロット:フル・フロンタル)コスト:2500

 重武装モードと高機動モードの2つを切り替えながら戦う2500コスト機体。重武装モードは射撃戦を、高機動モードは格闘戦を得意としています。普段は重武装モードで確実に立ち回り、敵エース機と戦う時や乱戦などでは高機動モードで切り崩すなど戦況に応じて使い分けを心掛けるとよいでしょう。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』
『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』
『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』
『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』

●百式(パイロット:クワトロ・バジーナ)コスト:2000

 2000コストの万能機体。リロード可能な“ビーム・ライフル”や広範囲に拡散する“クレイ・バズーカ”、高い火力を誇る“メガ・バズーカ・ランチャー”など、使いやすい武装がそろっています。機動力も高い反面、耐久値が低めなので、うかつな被弾をしないよう気を付けましょう。

『機動戦士ガンダムEXTREME VS-FORCE』
『機動戦士ガンダムEXTREME VS-FORCE』
『機動戦士ガンダムEXTREME VS-FORCE』
『機動戦士ガンダムEXTREME VS-FORCE』

●ハンブラビ(パイロット:ヤザン・ゲーブル)コスト:2000

 “急速変形”を駆使した、ヒット&アウェイが得意な2000コストの射撃機体。さまざまな射撃アクションを“急速変形”でキャンセルできるので、絶え間なく攻撃を浴びせつつ安全な距離を確保しましょう。接近された際は、後格闘の“海ヘビ”を意識して立ち回りたいです。

『機動戦士ガンダムEXTREME VS-FORCE』
『機動戦士ガンダムEXTREME VS-FORCE』
『機動戦士ガンダムEXTREME VS-FORCE』
『機動戦士ガンダムEXTREME VS-FORCE』

僚機専用機体:戦艦

 僚機専用機体である戦艦のスクリーンショットも公開されました。

▼ガランジェール(パイロット:スベロア・ジンネマン)

『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』

(C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・MBS

データ

▼『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FORCE(エクストリームバーサスフォース)』
■メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:アクション
■発売日:2015年12月23日
■希望小売価格:6,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。