News

2015年12月25日(金)

【DDON攻略連載】シーズン1.2の新エリアへの行き方&見どころ、リファインされたポイントを紹介

文:ヒビキタケル

 カプコンが基本プレイ無料でサービス中のPS4/PS3/PC用ソフト『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』の企画。第16回では、12月15日にアップデートされたシーズン1.2の新エリアなど、実際にプレイしてわかった内容を中心に、Kanon Hibikiがお届けします。

『ドラゴンズドグマ オンライン』

 新ジョブに新エリア開放、それに伴う新たなクエストの数々に、楽しいレスタニア生活を送っているKanon Hibikiです。シーズン1.1の時は2つのエリアが開放されましたが、シーズン1.2では3つのエリアが新たに登場します。

 どのエリアもこれまでとは違う雰囲気で、とくに亡都メルゴダは“天空に浮かぶ都市”ということで、かなりテンションが上がっちゃいますよ。まずは、これらの新エリアにどのようにして行けるようになるかを紹介しましょう。

ザンドラ東部

 メインクエスト“友を思う”で、禊の神殿 離殿を通ってザンドラ東部の拠点であるゾマに行けるようになります。ここでAR(エリアランク)を3以上に上げると、ウォリアーのジョブが開放されるので、ウォリアーを目指している人はまずメインクエストを進めましょう。

『ドラゴンズドグマ オンライン』
▲エリアマスターがいる“ゾマ組合宿 金の杯亭”は、拠点の礎から見える、NPCのライオネットがいる建物の2階部分にあります。
『ドラゴンズドグマ オンライン』
▲ザンドラ東部のエリア試練には、新モンスターのジオゴーレムが出現。怒り状態になると体が炎に包まれるうえに、地面から火柱を噴き上げるのでその点に注意です。
『ドラゴンズドグマ オンライン』
▲ウォリアーのジョブマスターは“ゾマ組合宿 金の杯亭”の向かいにあるオズワルドの店の地下にいます。ウォリアーを解放したらココにきましょう。

 ザンドラ東部はせまい地域にクエストが密集していて、比較的回りやすいのがポイント。ザコ敵を倒すクエストや収集系のクエストもあるので、ソロでレベル上げやAP(エリアポイント)を稼ぐのにも向いています。新モンスターもエンプレスゴーストやゴーストメイル、ブラックグリフィンなどが登場。

 おおよそのクエストは、到達時点で覚者パーティーならクリアできるものですが、LV.52の“荒地の主”は、狭いダンジョン内にゴーストメイルやスカルロードなどの敵が集団で現れるので、かなり難易度が高いです。

 ただ、安定して勝てるようになると、BO(ブラッドオーブ)稼ぎにもなるいいクエストになりそう。

『ドラゴンズドグマ オンライン』 『ドラゴンズドグマ オンライン』
▲攻略班メンバーで様子を見に行ってみたら、あっさりと返り討ちに……。レベルと上げて装備をそろえないと厳しいかもですね。

ザンドラ禁域

 バートランド平原北部のARを6にすると、フロックヴァルト大橋が開通。そこからザンドラ禁域に行くことができます。ザンドラ禁域は、エリアの高低差があり、全エリアの中でもとくに迷いやすい地形になっています。

 最初に行く時はかなりの距離を進むことになるので、回復薬などの準備は忘れずに。ここではシャドーウルフやシャドーゴブリンファイター、ジオゴーレム、ブラックグリフィンなどが登場します。

『ドラゴンズドグマ オンライン』
▲拠点の礎がある“標の祠 ザンドラ禁域”はココ。ここにくるためには一度マップの奥のほうから回ってくる必要があります。

 メインクエストを進めるためには、ザンドラ禁域のARを3に上げる必要があります。とはいえ、来たばかりですと受けられないワールドクエストも多く、クエストの発生場所もバラバラなんですよね。

 そこで“標の祠 ザンドラ禁域”の近くにある“呪縛の廃屋”と“禍々しき獣”を周回するのが序盤のAP稼ぎとしてはオススメです。パーティーメンバーにアタッカーが多ければ、2手に分かれてクエストをクリアするというのもアリですね。

 このエリアでの最大の見どころはメルゴダ護政区。これはメインクエスト“託された未来”で行けるようになる場所なのですが、書棚がズラリと並んでいるところがあったり、ゴリアテが鎮座している場所があったりと、探索していて楽しいダンジョンです。

『ドラゴンズドグマ オンライン』
▲NPCのリズがいる場所から、メルゴダ護政区を望むことができます。複雑に入り組んだ地形から、広大な建物に出てくるのが壮観。この近くから滑り降りて下まで移動できます。
『ドラゴンズドグマ オンライン』
▲書棚が立ち並ぶところも雰囲気がとてもいいので、撮影スポットに人気が出そうな気配。
『ドラゴンズドグマ オンライン』
▲執務室のようなところにあるイスには、座ることができます。
『ドラゴンズドグマ オンライン』
▲ゴリアテが巨大ロボのように鎮座している場所。いつか、これが動き出すクエストが出る……のかな?
『ドラゴンズドグマ オンライン』
▲ゴリアテがいたところの近くにあるレールは滑り降りることが可能。結構スピードが出るので、見てて気持ちいいんですよ!

亡都メルゴダ

 メインクエスト“黄金郷の住人”を進めていくと、亡都メルゴダに行けます。ここは空中に浮かぶ都市。メルガンガーダーやメルガンファイターといった、メルガン系の敵やゴーストメイル、スカルロード、ダムドゴーレムなどと戦うクエストが用意されています。

『ドラゴンズドグマ オンライン』
▲エリア全体が“絶景ポイント”と呼べるくらい、これまでにない開放感があるところです。
『ドラゴンズドグマ オンライン』
▲空中に浮かんでいるだけあり、エリア外に飛び出すと死亡状態になってしまうので注意です。
『ドラゴンズドグマ オンライン』
▲このエリアの重要人物である錬金術師のテオドール。彼の家の調度品などもかなり凝っていますね。
『ドラゴンズドグマ オンライン』
▲メインクエストではグリフィンアルケミーとも戦うことに。攻撃力がかなり高く、こちらの視界を奪う状態異常にしてきたりと、かなりの強敵でした。

シーズン1.2のリファイン

 シーズン1.2では、システム面のリファインも数多く実施されています。そのなかでも、実際に遊んで個人的に気に入った部分を紹介していこうと思います。

●その1:ダッシュ移動中のスタミナ消費が1/2に

 戦闘時以外のダッシュ移動中のスタミナ消費が1/2に変更になり、かなり移動が便利になりました。現状では、ダッシュ中にジャンプをするとスタミナを消費してしまうのですが、ジャンプなしで移動していてもかなりガラエキスの節約になっています。なお、こちらは今後修正予定とのことです。

●その2:着飾り装備が実装

 既存の装備の上に、着飾り用の装備を上書きすることで、防御力はそのままに見た目をある程度自由に変えられるようになりました。

 ただし、現状では今のジョブの装備+全職業用装備のみに適用でき、元の装備を取りはずすことはできません。それでも、見た目の選択の幅がかなり広がっています。

●その3:保管ボックスの枠が拡大、同一アイテムを999個までまとめることが可能に

 保管ボックスの枠が、通常枠と拡張枠で1ページ(40個)ずつ拡大。また、同一アイテムを999個までまとめることが可能になっています。まとめる際はR3スティックでアイテムをつかんで、同じアイテム名のところに移動して選択すると出る“合算”を選べばOKです。

『ドラゴンズドグマ オンライン』
▲他にも□ボタンでアイテムを複数選択できるように。素材アイテムなどをまとめて移動したいときに便利です。
『ドラゴンズドグマ オンライン』
▲以前に□ボタンでできた“せいとん”は、アイテム選択後のメニューに出るようになりました。

●その4:冒険パスポートの利用で、宿屋の宿泊料金が無料に!

 これまでは遠くのエリアに行くほど、宿屋の宿泊料金が高くなっていましたが、冒険パスポートの利用で、すべての宿屋での宿泊料金が無料になりました。これまでは、宿代の節約のためにわざわざ白竜神殿に戻っていたのですが、気軽に泊まって回復できるようになったのはありがたいですね。

『ドラゴンズドグマ オンライン』
▲宿屋での宿泊前のセリフも変更されています。いやぁ、覚者でよかった!

 アップデートで行けるエリアがどんどん広がって行ったり、システム回りのリファインで遊びやすくなったりと、進化を続けていく『ドラゴンズドグマ オンライン』。まだまだ遊びつくせぬこの世界の広がりを、これからも楽しんでいきますよー!

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『ドラゴンズドグマ オンライン リミテッドエディション』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクション
■発売日:2015年8月27日
■希望小売価格:7,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ドラゴンズドグマ オンライン リミテッドエディション』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2015年8月27日
■希望小売価格:7,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ドラゴンズドグマ オンライン』サービス概要
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS4/PS3/PC
■ジャンル:アクション(オンライン専用)
■正式サービス開始日:2015年8月31日
■プレイ料金:基本無料/アイテム課金

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。

ゲーム実況エクストリーム
再生数ランキング(04/17~04/23)

  1. 1

    【MHW】壊れ性能の新防具と鑑定武器の強さと仕様「マム・タロト」は最高の神アップデート【モンハンワールド】

  2. 2

    【MHW】新モンスター「マム・タロト」は期間限定クエストだった!有利に戦える方法や環境利用、肉質や弱点属性など【モンハンワールド】

  3. 3

    【MHW】落石利用で「マム・タロト」を達成度MAXで攻略、調査前と調査後の比較【モンハンワールド】

  4. 4

    【MHW】歴戦個体に閃光弾が一部無効に!?ツタの葉の増殖や調査クエストのソートが可能に「第二弾大型アップデート」に伴う仕様変更【モンハンワールド】

  5. 5

    【MHW】驚愕!アップデートで有料ダウンロードコンテンツがサイレント修正「乱れ桜は春爛漫」の詳細【モンハンワールド】

  6. 6

    【MHW】アステラ祭No.1の神クエスト!HR、痕跡、装飾品、竜玉、紅玉、宝玉が同時に収集できる「丘の上の雪見桜」【モンハンワールド】

  7. 7

    【MHW】大幅下方修正!最強のコンテスト大剣「竜熱機関式【鋼翼】改」がサイレント調整、影響は少なそう?【モンハンワールド】

  8. 8

    【MHW】新要素16人で討伐!新モンスター「爛輝龍 マム・タロト」の実機プレイはカプコンTVで【モンハンワールド】

  9. 9

    【MHW】マルチ!最強の鑑定武器狙いで「マム・タロト」をしばくモンスターハンターワールドなのである【モンハンワールド】

  10. 10

    【MHW】発掘武器復活か?「鑑定武器」やマム・タロトの武器や防具、重ね着が生産可能に【モンハンワールド】