News

2016年1月1日(金)

2015年のPlayStationを総括。PS4、PS3、PS VRなど1年を振り返る【電撃オンラインアワード2015】

文:電撃オンライン

 現在、電撃オンラインでは、ユーザー投票で2015年のベストコンシューマソフト&アプリを決める“電撃オンラインアワード2015”を開催中! 本記事では、年末の特別企画として、2015年のPlayStation振り返り座談会をお届けします。

PlayStation

 電撃PlayStationを代表する名物ライターのまさん、Ak、ophionの3名と、電撃オンラインの編集・あべくんが、2015年にPlayStationフォーマットから発売されたソフトやニュースについて、自由気ままに語ります。「こんなタイトルもあったな」と2015年を思い出しながら読み進めていってください!

PS4の2015年上半期とラストを飾った『Bloodborne』

あべくん:さて、2015年のPlayStationを振り返るということで皆さんに集まっていただきましたが、どうですか? 印象に残っている出来事やタイトルなどはありますか?

まさん:俺がまた1つ歳を取ってしまった……。

Ak:タイトル、タイトルの話!

ophion:気を抜くといきなりボケるんだから。ただ、1年を振り返ると言っても幅が広いですよね。『Bloodborne』が発売されたのだって、ずいぶん昔のようで2015年の話ですから。

あべくん:いきなり『Bloodborne』とは、いいところが来ましたね。そういうのを待っていました。Akさんとophionさんはしっかりプレイしたと聞いていますが、実際どうでした?

PlayStation
▲3月26日発売のPS4用ソフト『Bloodborne(ブラッドボーン)』。

Ak:個人的にはおもしろかったですが、万人受けはしないのかな~という印象でした。

ophion:敵の配置が完全に固定だったり、きちんとスキのある攻撃を繰り出してきたりとトライアル&エラーでなんとかなるタイトルなのですが、そもそもの難易度が高いかなと思いました。そのぶん、コアなゲーマーになら迷うことなくオススメできるタイトルなんですけれどね。

まさん:かなり話題にもなったし、PS4を代表するタイトルという風に見えることもあったけれど、プレイした人の印象は違うみたいだね。

あべくん:僕も軽くプレイしましたが、びっくりしました。村人が「怖い! 怖い!」って言いながら農具を振り回してくるんですから。

Ak:あれ「wait!! wait!!」でしょう。

あべくん:えっ? てっきり何かを怖がっているかわいそうな村人かと思った。

ophion:かわいそうなのはあべくんの英語力じゃないでしょうか。

あべくん:やっぱり『BloodBorne』って難しいタイトルなんですね。

まさん:そういう意味じゃない。

Ak:ゲームとしての難易度は間違いなく高いです。とはいえ、アップデートで遊びやすくなりましたし、12月にはダウンロードコンテンツもセットになった『Bloodborne The Old Hunters Edition』も発売されたので、興味がある人は今からでも買って遅くはないと思います。

PlayStation
▲11月24日に配信された大型ダウンロードコンテンツ『Bloodborne The Old Hunters』。12月3日には本編とセットになった完全版が発売されている。

あべくん:2015年が始まって間もない3月に発売された『Bloodborne』。そして、12月に発売されたばかりの『Bloodborne The Old Hunters Edition』。2015年のPS4は『Bloodborne』に始まり『Bloodborne』に終わる、という印象も受けますね。

まさん:お、まとまった。それじゃあこの座談会は終わり!

あべくん:ちょっと待って! まだ帰らないでください!!

Ak:そうですよ。『ウィッチャー3 ワイルドハント』や『ロード オブ ザ フォールン』、それに『Fallout 4(フォールアウト4)』など、PS4だけでも語るべきタイトルはいっぱいありますよ。

ophion:編集部ではある人が「ああでもない、こうでもない」ってひたすら『フォールアウト4』のキャラクターメイキングに時間を費やしていましたね。

PlayStation
▲12月17日発売のPS4用ソフト『Fallout 4』。

あべくん:それはちょっと楽しみ方が違うような……。でもそれだけ作りこめるというのもスゴイことですよね。

まさん:なにげに『Minecraft(マインクラフト)』のPS Vitaのパッケージ版が発売されたのも2015年だよね。

PlayStation
▲PS Vita用ソフト『Minecraft(マインクラフト): PlayStation Vita Edition』のパッケージ版は3月19日に発売された。

ophion:どれもボリュームがすさまじいタイトルばかりですよね。今挙げた海外発の4タイトルだけでも全部遊びきったっていう人はそうそういないんじゃ。物理的に時間が足りませんよ。

あべくん:そうすると、2015年は海外タイトルの勢いが強かったということになるのでしょうか?

まさん:いやいや日本だって負けてはいないよ。ボリュームなら『魔界戦記ディスガイア5』なんて圧倒的だし、他にも『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN(メタルギア ソリッド V ファントムペイン)』や『龍が如く0(ZERO)誓いの場所』とか、大作もたくさん出た。

PlayStation
▲9月2日にPS4/PS3で発売された『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN(メタルギア ソリッド V ファントムペイン)』。

Ak:『メタルギア』シリーズや『龍が如く』シリーズは海外にもファンが多いですからね。ただ、うちのマザーベースから核を奪ったアメリカ在住のプレイヤー。あの人は許さない!

ophion:まあまあ、落ち着いて。それと対戦格闘好きとしては、2015年は年末のラッシュがすごかった。『ブレードアークス from シャイニングEX』に『ニトロプラス ブラスターズ -ヒロイン インフィニット デュエル-』、そして『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION』。

 全部並行してプレイしていると、操作方法に混乱します(笑)。

PlayStation
▲12月17日に発売された、PS4/PS3/PS Vita用2D対戦格闘ゲーム『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION』。

あべくん:おお。タイトルを挙げているだけできりがないですね。

まさん:じゃあ、いっそのこと座談会はこれで終わりってことで。

あべくん:なんでそんなに帰りたがってるんですか!

まさん:俺は帰って、電子の積みゲーと化しているインディーゲームをやりたいんだよ!

あべくん:じゃあせっかくなんでまさんさん、2015年のインディーゲームについて聞かせてくださいよ。

まさん:しまった。逃げられない!

2015年はインディーゲーム豊作の年!

ophion:まあまあ、諦めて(笑)。まさんはインディーゲームをかなりの本数買っていますけれど、2014年と比べて2015年に大きな変化はありました?

まさん:2015年になってようやく、いいインディーゲームが買えるようになってきたって印象かな。

Ak:2014年までのインディーゲームはイマイチだったのですか?

まさん:そんなことはないけど、『アスタブリード』や『ローグ・レガシー』など、PCで評判の高かったタイトルがPS4でもリリースされるようになったのが2015年だね。

PlayStation
▲PS4/PS3/PS Vitaでプレイ可能な『ローグ・レガシー』。

ophion:『ローグレガシー』は僕もプレイしましたが、楽しかったですね。ここぞという時に微妙な跡継ぎばかりになったりもしましたが、そういったランダム要素も含めて楽しめるいいタイトルでした。

 ただ、いいタイトルが増えてきたぶん、お値段もそこそこしますよね。PC版での評判を知っている人ならまだしも、いきなり知らないタイトルに1,000~2,000円を出すって言うのはちょっと厳しい気がします。

まさん:それについてだけど、インディー系のゲームって、発売と同時か少したつとPlayStation Plusのフリープレイタイトルにラインナップされる可能性が高いんだよ。

Ak:言われてみればPS4のフリープレイタイトルって、インディーゲームが多い印象ですね。

まさん:ophionも言っていたように正直なところ、インディーゲームはその作品を知らないと手を出しにくい。だからまずはフリープレイタイトルにして、そこから口コミでそのゲームのよさが広まっていくことに期待しているんじゃないかな。

あべくん:なるほど、まずは誰かに遊んでもらって知名度を高めていくんですね。個人的には『ロケットリーグ』にハマりました! ラジコンでプレイするサッカー!

PlayStation
▲PS4のフリープレイタイトルに登場した『ロケットリーグ』。

まさん:『ロケットリーグ』もPCで大人気のタイトルなんだけど、実はPC版のリリース自体も2015年なんだよね。

Ak:PCから即座にPS4に来たって感じですね。

まさん:そう。しかもPS Plusで12月1日までフリープレイ対象タイトルだったから、さらに人気に火が付いた感じだね。でも、当たり前のことだけどPS Plusのフリープレイ対象タイトルは一定期間でラインナップが変わるから、今は『ロケットリーグ』は有料なんだ。

 だから、インディーゲームに注目している人はつねにPS Plusに入っておこう。宣伝みたいだけれど、それだけの価値はあるよ。

PS3やPS Vitaも話題作が盛りだくさん!

あべくん:今回の座談会はPlayStationフォーマット全体についてですが、どうしてもPS4に片寄りますね。PS4以外のハードの話もしましょう! まずはPS3から。

ophion:PS3は同じタイトルがPS4やPS Vitaで同時に発売されることが多かったですね。PS3オンリーのタイトルはさすがに減ってきたかもしれません。

まさん:でも、PS3にはまだゲームアーカイブスがあるから、勢いは衰えていないと思うよ。個人的にはSNKプレイモアの勢いがうれしいね。

 SNK時代の対戦格闘がどんどんゲームアーカイブスでリリースされているから、俺と同世代にはクリティカルヒットかも。『THE KING OF FIGHTERS』シリーズあたりはリメイク作も含めて豊富にリリースされているよ。

あべくん:電撃PS編集部では、PS3のどんなタイトルが遊ばれていました?

Ak:PS3だと『ドラゴンズドグマ オンライン』をプレイしている人が多かったですね。

PlayStation
▲8月31日に正式サービスがスタートしたPS4/PS3/PC用ソフト『ドラゴンズドグマ オンライン』。

あべくん:話題作だ!……なんですが手を出しそびれてしまったんですよ(涙)。でもダウンロード数100万突破など、スゴイなあと思います。

Ak:基本プレイ無料であれだけ遊べるアクションは見た事がないですからね。だからこそのダウンロード数なのではないでしょうか?

ophion:そういえば最近は基本プレイ無料タイトルも増えてきましたね。『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』などは順調にユーザー数を増やしているみたいですよ。

PlayStation
▲PS4やPS3でプレイ可能な『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』。コスチュームなどDLCも充実。

まさん:みんなエロいなあ。

ophion:そういう言い方はダメです(笑)。女の子もかわいいですし、意外と遊びやすいというのも大きいんじゃないでしょうか? とりあえず打撃か投げかホールドをすれば、なんとかなったりならなかったりする(笑)。

あべくん:あとは『ガンダムバトルオペレーションNEXT』も2015年のタイトルですね。

ophion:『バトオペNEXT』も人気ありますね。やっぱり若いガンダムファンを取り込みやすい作品だったのが大きいかと思います。

あべくん:個人的にはあのマッチングシステムが好きですね。1戦ごとに敵味方問わず解散するから、あとくされなく遊べるなと。

まさん:やっぱり無料ってのはいいよね。とりあえず気軽に始めて、合わなかったらやめてもいいわけだし。

ophion:いい機会だから聞いておきたいのですが『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』や『アルスラーン戦記×無双』といったいわゆる“コラボ無双”ってどうでした? プレイせずに情報だけ集めているとおもしろそうに見えるのですが、やっぱり基本的には『無双』シリーズなのかなって。

PlayStation
▲2月26日発売のPS4/PS3用アクションRPG『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』。

まさん:いやあ、その考え方はもったいないよ。今挙げた2タイトルは両方プレイしたけれど『ドラゴンクエストヒーローズ』なら『ドラゴンクエスト』らしさ、『アルスラーン戦記×無双』なら『アルスラーン戦記』らしさがきっちりゲームのシステムとして盛り込まれている。

 それはきっと本家の『無双』シリーズではナンバリングを重ねても現れない部分だと思うな。

Ak:僕は『アルスラーン戦記×無双』の攻略担当だったこともありしっかりプレイしましたけれど、正直やめどきがないですね。ストーリーが映像で描かれていると思ったらそのままシームレスにアクションパートに移行。それが終わるとすぐにストーリーという作りは、アニメをダイジェストで観ているみたいでした。

 最初は「これ、いつセーブされているんだろう」とか思いましたけど(笑)。ちなみに『アルスラーン戦記×無双』は、基本的にオートセーブ。どこでプレイをやめても問題ない仕様になっています。

PlayStation
▲10月1日発売のPS4/PS3用ソフト『アルスラーン戦記×無双』。

あべくん:あと語っていないのは、携帯ハードでしょうか。PS Vitaも話題作が豊富でした。

まさん:個人的には『魔壊神トリリオン』がおもしろかったなあ。

PlayStation
▲7月23日に発売されたPS Vita用ソフト『魔壊神トリリオン』。

Ak:難易度が高いという話をよく聞きますが?

まさん:そうでもないよ。進め方のコツを身に着けるまでが大変だけれど、そのあとはさくさく進む。答えを見つけるまでの過程を考えるという意味では、少々難しいかもしれないけれどね。

Ak:コンパイルハートは何気に2015年のタイトルが豊富ですよね。『魔壊神トリリオン』以外にも『限界凸起 モエロクリスタル』や『激次元タッグ ブラン+ネプテューヌVSゾンビ軍団』、『超次元大戦 ネプテューヌVSセガ・ハード・ガールズ 夢の合体スペシャル』、『メイQノ地下ニ死ス』と、PS Vitaタイトルだけでもこんなに!

あべくん:ゲームブランド“魔界1番館”の発足が大きいのかもしれませんね。人が多いほどたくさんタイトルを生みだせるわけですから。

まさん:ophionは何かPS Vitaで印象に残っているタイトルとかある?

ophion:僕は『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』にハマりましたね。リズムアクションとしては改善すべき部分もありましたが、キャラゲーとしては文句のない内容でした。しかもストーリーは『ペルソナ4』から続く完全な後日談。ファンならプレイしなきゃソンです!

PlayStation
▲6月25日発売のPS Vita用ソフト『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』。DLCも豊富に登場。

まさん:あとは結構最近のタイトルになるけれど、『ネットハイ』もお気に入りだね。

PlayStation
▲11月26日発売のPS Vita用ソフト『ネットハイ』。

あべくん:なんだかイロモノのようにも見えるあのタイトルですか?

まさん:いやいや、『ネットハイ』は『逆転裁判』シリーズや『ダンガンロンパ』シリーズのような、純粋な推理ものだよ。相手の矛盾や証拠を見つけて突きつける快感は最高だね!

Ak:『ネットハイ』は正直、よくあそこまで今のネット関係のネタを盛り込んだなあ、と思いましたよ。ネット関係のネタって時間とともに風化してしまう時事ネタですから、プレイするなら早いうちがいいですね。

まさん:そういえば『夜廻』って誰かプレイした人いないの?

PlayStation
▲PS Vita用ホラーACT『夜廻(よまわり)』は10月29日発売。

Ak:プレイしましたよー。ボリュームはやや少なめですが、雰囲気はもう最高。細かいイベントにも心をえぐるものがあって、ビクビクできますよ。あと、すごくよく死にます。

ophion:ホラーゲームという知識がないと、まったくほめているように聞こえませんね(笑)。

4人が個人的にオススメするタイトルはこちら!

あべくん:ひととおりハード別にタイトルを語ったので、それぞれのイチオシタイトルを挙げていきましょうか。僕は……『ロケットリーグ』ですかね。家に帰ってから数試合やって寝るのが日課になっていたので。

 ラジコンを球にぶつけてサッカーするんですが、思い通りにいかない不自由さがおもしろいんですよね。このゲームをプレイすると、実際のサッカー中継などを観た時に「なんであのシュート外すんだよ!」とか言わなくなると思います(笑)。

ophion:誰かにオススメしたいタイトルと言ったら『グランキングダム』です。一見さまざまな要素が複雑にからみあっているように見えるのですが、プレイしてみると意外とシンプル。しかも遊び方がわかってくると、今言った“さまざまな要素”部分がスパイスになって、おもしろさが広がっていくという作りが見事ですよ。

PlayStation PlayStation
▲11月19日発売のPS4/PS Vita用ソフト『グランキングダム』。

Ak:やはり、イチオシというと記憶が新しいぶん最近のタイトルになりますね。正直一番最近プレイした『STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)』が衝撃的過ぎて……。

PlayStation
▲12月10日発売のPS4/PS3/PS Vita用ソフト『STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)』。

あべくん:『STEINS;GATE』シリーズの正統続編でしたっけ? たしか小説版をもとにしているんですよね。

Ak:小説版は数あるルートのうちの1つですね。アドベンチャーという性質上なにか話すとネタバレになってしまいますが、β世界線の岡部がどうやって『STEINS;GATE』本編の“あの”岡部になったのかが知りたい人は、迷うことなく買いですよ。

まさん:俺は『ネットハイ』と『ブレードアークス from シャイニングEX』! あと、ユニークだったのは『風雨来記3』。これは北海道を舞台にしたアドベンチャーなんだけれど、実際の北海道を知らないとヒロインに誰一人会えない!

 ご都合主義じゃないからこそ、北海道を旅している感覚を味わえるというか、ヒロインとの出会いにもリアリティを感じられる。とりあえず、実際の地図かGoogleマップをかたわらに置いてプレイするのを勧めるよ(笑)。

PlayStation
▲2月19日に発売されたPS Vita用ソフト『風雨来記3』。今は冬だし、興味のある方はぜひ!

PlayStation VRは2016年の目玉となる?

あべくん:さて、2015年を振り返ったところで、最後に2016年のPlayStationといった未来の話もしましょうか。

まさん:ちょっと考えるだけでも『スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-』、『ペルソナ5』、『ストリートファイターV』、『サモンナイト6 失われた境界たち』、『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』と、こんなにタイトルがあるし、どれも話題作になるようなビジョンしか見えない!

ophion:2016年もPSフォーマットにとって当たり年になりそうですね。

Ak:個人的には『うたわれるもの 二人の白皇』にも期待しています。“二人の白皇”っていうことは物語の中心になるのは……。

ophion:『うたわれるもの 偽りの仮面』のネタバレをしたら……えぐる。

Ak:いくら『偽りの仮面』をまだプレイしていないからって怖いよ!?

あべくん:ネタバレはNGで! 怖いですし!

ophion:そうそう、ネタバレよくない。ところで、現役提督のAkは『艦これ改』に期待していないんですか?

まさん:延期が続いているからそろそろ発売して欲しいところだね。

Ak:うーん、発売してほしいけれども延期すればするほど収録される艦娘が増えるかもしれないわけで……正直悩ましいです(笑)。

あべくん:それと、タイトルではないけれど2016年と言えばPlayStation VRの発売も予定されています。ゲーム以外のメディアからも大きな注目を集めていますし、盛り上がってほしいですね。

PlayStation
▲“Project Morpheus(プロジェクト・モーフィアス)の正式名称がPlayStation VRになったのも2015年。

まさん:俺は仕事で何度も体験しているから欲しいと言い切れるけれど、一般のユーザーさんはまだピンときていないかもしれないね。

ophion:そうですね。一度体験すれば、あの新し過ぎて脳が追い付かないといった感覚に期待できるとは思うんですけれど、現状どんな情報媒体でもあの感覚を宣伝しようがないという。実際に体験しないとわからない。

Ak:まだ体験していない僕としては正直、なんかすごそうっていう程度の印象だったりします。

ophion:幅広くユーザーさんが体験できる機会があれば、一気に盛り上がると思いますよ。あとは価格しだいでしょうか。

あべくん:価格は気になりますよね~。実際いくらなら買いますか?

まさん:PS4本体と同じ価格までかな。

ophion:自分もそこが限界ですね。PS4より高額の周辺機器ってもう、どちらがメインなのかわからなくなっちゃいますから。

Ak:僕はまだピンと来ないですね。ただ、安い方がいいなあ(笑)。

まさん:それはそうだ(笑)。

あべくん:新作タイトルにPlayStation VR。2016年もPlayStationフォーマットから目が離せない1年になりそうですね!

[CHECK]あなたの2015年のベストコンシューマソフト&アプリを教えてください!

 ファン投票で2015年のコンシューマソフト&アプリを決める“電撃オンラインアワード2015”にぜひご投票ください! 対象タイトルは、2015年に発売されたコンシューマソフトと同年に皆さんが遊んでおもしろかったと感じたスマホアプリです。

 アプリについては、2015年以前に配信されたアプリも対象となるので、皆さんが名作だと思うものを教えてください。

 投票していただいた方の中から抽選で10名様にPS Store、ニンテンドー eショップ、Xbox live、iTunesかGoogle playで使えるギフト・カード(5,000円分)をプレゼントいたします。締切は2016年2月28日(日)24:00まで。ぜひ、あなたの2015年のベストコンシューマソフト&アプリに投票してください!

“電撃オンラインアワード2015”投票
はこちら

(C)Sony Computer Entertainment Inc. Developed by FromSoftware, Inc.
(C)2015 Bethesda Softworks LLC, a ZeniMax Media company. Bethesda, Bethesda Softworks, Bethesda Game Studios, ZeniMax, Pip-Boy, Vault-Tec and related logos are registered trademarks or trademarks of ZeniMax Media Inc. in the U.S. and/or other countries. Fallout, Vault Boy and related logos are trademarks or registered trademarks of Bethesda Softworks LLC in the U.S. and/or other countries. All Rights Reserved.
'Minecraft' is a trademark of Notch Development AB
(C)Konami Digital Entertainment
(C)SEGA (C)2015 KADOKAWA アスキー・メディアワークス
(C) CELLAR DOOR GAMES INC. 2013-2014. ALL RIGHTS RESERVED.
Rocket League, the logo, and other trademarks are trademarks of Psyonix, Inc and may not be used without permission.
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2012-2015 コーエーテクモゲームス Team NINJA All rights reserved.
Akira, Sarah, Pai, Jacky characters (C)SEGA.
Virtua Fighter is either a registered trademark or trademark of SEGA Corporation. (C)Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)2015 荒川弘・田中芳樹・講談社/「アルスラーン戦記」製作委員会・MBS
(C)2015 コーエーテクモゲームス
(C)2015 COMPILE HEART/PREAPP PARTNERS
(C)ATLUS (C)SEGA All rights reserved.
(C)2015 Marvelous Inc.
(C)2015 Nippon Ichi Software, Inc.
(C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
(C)2015 MAGES./5pb./Chiyo st.inc
(C)2009 MAGES./5pb./Nitroplus
(C)2015 Nippon Ichi Software, Inc./FOG
(C)2015 Sony Computer Entertainment Inc. All Rights Reserved.

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。