News

2016年1月27日(水)

PS Vita版『三国恋戦記』『蝶の毒 華の鎖』に"色合い調整機能"が追加。PC版に近い発色で楽しめる

文:イズミン

 プロトタイプは、発売中のPS Vita用ソフト『三国恋戦記~オトメの兵法!~』『蝶の毒 華の鎖~大正艶恋異聞~』に“色合い調整機能”を追加できるアップデートファイルを配信開始しました。

“色合い調整機能”
“色合い調整機能”

 本機能は、発色が薄くやや黄色いPCH-2000シリーズでも、PC版に近い発色でゲームを楽しむことができるというもの。2月4日に発売のPS Vita用ソフト『三国恋戦記~思いでがえし~CS Edition』はもちろん、2014年8月以降に発売された同社のPS Vitaタイトルには標準搭載されています。

●“色合い調整機能”の詳細

 原作がWindows用ソフトの作品のグラフィックは、一般的なPC用液晶モニターに合わせて彩色されています。

 一方、PS Vitaは構造そのものが液晶モニターとは大きく異なる“有機EL”を搭載したPCH-1000シリーズと、構造はPC用液晶モニターに近いものの“黄色みがかった浅めの発色”になるPCH-2000シリーズがあり、どちらも一般的なPC用モニターとはかなり違った色味になっています。

 そこで、代表的なPC用ディスプレイメーカーEIZOのLEDバックライトディスプレイ『EV2736W-FS』を初期出荷状態で使用し、そこで表示される色合いとPS Vitaの色合いを比較し、より近い印象になるように、PS Vitaで表示されるグラフィックの色変換を行う機能が“色合い調整機能”です。

 “色合い調整機能”には2つのタイプが存在し、“タイプ A”もしくは“タイプ B”に設定した際には、それぞれの色合い調整の“適用量”も調節でき、好みにあわせた色合い設定が可能です。

“色合い調整機能”
“色合い調整機能”

●“色合い調整機能”一覧

・調整なし
 PS Vita TVでプレイする際や各々のPS Vita固有の発色で楽しみたい方用です。

・タイプ A
 PCH-1000シリーズの有機EL表示のビビッドな発色をおさえPC版に近づけます。

・タイプ B
 PCH-2000シリーズの液晶表示の色味を鮮やかにし、黄色みをおさえPC版に近づけます。

●PC用モニターとPCH-2000シリーズで表示した際の比較画像

“色合い調整機能”
▲調整なし
“色合い調整機能”
▲色合い調整機能使用(タイプ B)

※ゲーム画面はPS Vita用ソフト『三国恋戦記~オトメの兵法!~』のものです。
※PC 用モニター(LEDバックライト機)はEIZO『FlexScan EV2736W-FS』のものです。(カラーモードは出荷時初期設定。輝度のみPS Vitaに合わせて調整しています。)
※PS VitaはPCH-2000シリーズ(市販品)のものです。

●PCH-2000シリーズでの比較画像

“色合い調整機能”
▲上が“調整なし”下が“タイプ B”のものです。

※ゲーム画面はPS Vita用ソフト『蝶の毒 華の鎖~大正艶恋異聞~』のものです

■“色合い調整機能”標準搭載タイトル一覧
・PS Vita版『CLANNAD』:2014年8月14日発売
・PS Vita版『Rewrite』:2014年8月28日発売
・PS Vita版『FLOWERS』:2014年10月9日発売
・PS Vita版『グリザイアの迷宮 -LE LABYRINTHE DE LA GRISAIA-』:2014年10月30日発売
・PS Vita版『グリザイアの楽園 -LE EDEN DE LA GRISAIA-』:2014年12月11日発売
・PS Vita版『学園ヘヴン BOY'S LOVE SCRAMBLE!』:2015年2月11日発売
・PS Vita版『学園ヘヴン2~DOUBLE SCRAMBLE!~』:2015年4月23日発売
・PS Vita版『グリザイアの果実スピンアウト!? アイドル魔法少女ちるちる☆みちる』:2015年6月25日発売
・PS Vita版『 ひまわり-Pebble in the Sky-』:2015年8月27日発売
・PS Vita版『あまつみそらに! 雲のはたてに』:2015年9月17日発売
・PS Vita版『FLOWERS夏篇』:2015年10月22日発売
・PS Vita版『ヴァルプルガの詩』:2015年12月23日発売
・PS Vita版『三国恋戦記~思いでがえし~CS Edition』:2016年2月4日発売

(C)2013 Daisy2/PROTOTYPE
(C)2014 aromarie/PROTOTYPE

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。

ゲーム実況エクストリーム
再生数ランキング(04/17~04/23)

  1. 1

    【MHW】壊れ性能の新防具と鑑定武器の強さと仕様「マム・タロト」は最高の神アップデート【モンハンワールド】

  2. 2

    【MHW】新モンスター「マム・タロト」は期間限定クエストだった!有利に戦える方法や環境利用、肉質や弱点属性など【モンハンワールド】

  3. 3

    【MHW】落石利用で「マム・タロト」を達成度MAXで攻略、調査前と調査後の比較【モンハンワールド】

  4. 4

    【MHW】歴戦個体に閃光弾が一部無効に!?ツタの葉の増殖や調査クエストのソートが可能に「第二弾大型アップデート」に伴う仕様変更【モンハンワールド】

  5. 5

    【MHW】驚愕!アップデートで有料ダウンロードコンテンツがサイレント修正「乱れ桜は春爛漫」の詳細【モンハンワールド】

  6. 6

    【MHW】アステラ祭No.1の神クエスト!HR、痕跡、装飾品、竜玉、紅玉、宝玉が同時に収集できる「丘の上の雪見桜」【モンハンワールド】

  7. 7

    【MHW】大幅下方修正!最強のコンテスト大剣「竜熱機関式【鋼翼】改」がサイレント調整、影響は少なそう?【モンハンワールド】

  8. 8

    【MHW】新要素16人で討伐!新モンスター「爛輝龍 マム・タロト」の実機プレイはカプコンTVで【モンハンワールド】

  9. 9

    【MHW】マルチ!最強の鑑定武器狙いで「マム・タロト」をしばくモンスターハンターワールドなのである【モンハンワールド】

  10. 10

    【MHW】発掘武器復活か?「鑑定武器」やマム・タロトの武器や防具、重ね着が生産可能に【モンハンワールド】