News

2016年2月18日(木)

本日発売『いけにえと雪のセツナ』情報まとめ。記憶に残る物語とゲーム体験を追求した純国産RPG

文:喜一

『いけにえと雪のセツナ』

 本日2月18日にスクウェア・エニックスより発売されたPS4/PS Vita用ソフト『いけにえと雪のセツナ』は、“とりもどそう。ボクたちのRPG”をスローガンとして作られたタイトルです。

 本作はスクウェア・エニックスが設立した日本発のRPG専門スタジオ“Tokyo RPG Factory”の第1弾タイトル。純国産RPGが隆盛を極めた1990年代。今でも記憶に残る当時のRPGのプレイフィールを追及し、“記憶に残る物語”、“記憶に残るゲーム体験を”の理念のもとに開発が行われました。

 この記事では、電撃オンラインで掲載してきた情報をまとめてお届けします。

▼『いけにえと雪のセツナ』ストーリー

 その島には、古来より伝わる習わしがあった。

 十年に一度いけにえを捧げ、魔物の被害を抑制する。このいけにえの儀式により、島の平穏は保たれてきた。

 ところが、次の儀式の年を待たずして、魔物の被害が急増し始めたのだ。

 事態を重く見た島の人々は、例外であるものの再度いけにえを捧げることで魔物たちを鎮めようと考えた。

 いけにえの名は“セツナ”。極めて高い魔力を持つ18歳の少女。いけにえの儀式が行われる“最果ての地”へ“セツナ”は護衛隊とともに旅立ってゆく――。

とりもどそう、ぼくたちのRPG。スクエニ×TRFが『いけにえと雪のセツナ』を作った理由

 ディレクターの橋本厚志さんへのインタビュー記事です。本作への意気込みやゲームボリュームについても聞いています。

『いけにえと雪のセツナ』

おかえり。ぼくらの好きなRPG。『クロノ・トリガー』のATBとの再会【いけにえと雪のセツナ情報&コラム】

 独自のシステムである“刹那システム”や『クロノ・トリガー』をベースとしたATB2.0(アクティムタイムバトル)を触った感想などを掲載している記事です。

『いけにえと雪のセツナ』

ピアノが神がかった『いけにえと雪のセツナ』バトル曲を先行公開。新キャラを含めたバトル性能レビューも掲載

 キャラクターごとのバトル性能をまとめたレビュー記事です。パーティ編成の際に参考にしてみてください。バトル中の連携技についても、紹介しています。

『いけにえと雪のセツナ』

『いけにえと雪のセツナ』の法石は『FFVII』のマテリアのようにキャラカスタマイズが楽しい!(音楽先行公開あり)

 『FFVII』のマテリアに似ている“法石”という装備品に焦点をあてた記事です。刹那システムと並ぶ、本作の特徴的な要素の1つで、キャラクターのカスタマイズ性を高めるものになっています。

『いけにえと雪のセツナ』

『いけにえと雪のセツナ』情報まとめ。登場キャラやバトルシステムをおさらい(音楽先行公開あり)

 これまでに公開された情報をまとめた記事です。どんなゲームなのか知りたいという方は、この記事を見てみることをオススメします!

『いけにえと雪のセツナ』

『いけにえと雪のセツナ』を物語のネタバレなしで評価。小まめなセーブや収集要素が大事な古きよきRPG

 ストーリーのネタバレなしで書かれたレビュー記事です。実際にプレイしてみた感想を重視した内容となっています。

『いけにえと雪のセツナ』

(C)2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All rights reserved. Developed by Tokyo RPG Factory

データ

イメージ
▼『いけにえと雪のセツナ』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:RPG
■発売日:2016年2月18日
■希望小売価格:4,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『いけにえと雪のセツナ(ダウンロード版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:RPG
■配信日:2016年2月18日
■価格:4,800円+税
イメージ
▼『いけにえと雪のセツナ』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:RPG
■発売日:2016年2月18日
■希望小売価格:4,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『いけにえと雪のセツナ(ダウンロード版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:RPG
■配信日:2016年2月18日
■価格:4,800円+税

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。