News

2016年3月12日(土)

『俺たち!! きゅぴきゅぴQピッツ!!』第22回電撃小説大賞《電撃文庫MAGAZINE賞》涙爽創太先生インタビュー

文:電撃オンライン

 第22回電撃小説大賞で《電撃文庫MAGAZINE賞》を受賞した『俺たち!! きゅぴきゅぴ▼Qピッツ!!』(▼はハートマーク)。電撃文庫から好評発売中の本作の魅力を、著者の涙爽創太先生に語っていただきました。

『俺たち!! きゅぴきゅぴ▼Qピッツ!!』

「……坊主、いい目をしているな。特にその、涙がいい。
どうだ、その失恋、俺たちのために役立ててみないか?」

【作品紹介】

 東に片思いしている女子生徒がいれば一緒に告白のプランを練り、西に失恋した男子生徒がいれば美女応援団を連れていって励ます――。

 悩める学生たちの恋のキューピッドになるべく、学園内の恋愛事件を調査する部活動、それが“恋愛警察『Qピッツ』”。

 人助け? それともただのおせっかい――!?

 そんな恋愛刑事の一員にスカウトされた主人公・陽方朝道の学園ライフを描く衝撃のコメディ、第22回電撃小説大賞《電撃文庫MAGAZINE賞》受賞作!!

動画:第22回電撃小説大賞受賞作まとめPV(電撃文庫)

――電撃小説大賞に作品を応募しようと思った理由は何ですか?

 堂々と言えるような理由ではないです。ただ、一次選考に万が一、通ったときの選評が欲しくて。

 あとは「どうせ落選するなら、倍率が一番凄い新人賞にして、落ちたときの言い訳にしよう」と。思い返しても、実に情けない理由です。

 正直、僕は今でも電撃文庫の作家になったと、100%は信じきれていないです。二割ぐらい冗談だと思っています。

 今からでも「嘘です。本は出ません」と言われたら、たぶんショックとか受けないと思います。「でしょうね(笑)」と言ったあと、普通に就活するかもしれません。泣きながら。

――本作は恋文字学園を舞台に、告白できずに悩む学生を応援する恋愛警察“Qピッツ”に所属する高校生たちの熱い青春ストーリーです。実にバカバカしい……もとい、腹筋と涙腺を刺激する人物たちが登場しますが、なぜこの物語を作ろうと思ったのでしょうか。

 本当、なぜでしょう(笑)。

 たぶん、アレです。初めての投稿でしたので、どうせなら落選覚悟で自由にやってやろうと思ったんですかね。

 ヒロインよりも、オジサンを中心とした野郎共が席巻する物語が、逆に今、パンクなんじゃないか? キテるんじゃないか? と、勘違いしていたんだと思います。

 それと「お前、本当はあいつのこと、好きなんだろ?」的なキザな台詞を言う脇役だけをピックアップして、どこまでいけるのかを見てみたかったっていうのもあります。

 そんなバカバカしいきっかけですが、この作品を読んだ読者が“恋愛”を真剣に考える良いきっかけになってくれたらな、とちょっぴり思っています。実際、そんな風に捉えられたら、笑いますが。

――本作には注目すべき美少女――生徒会長にして、学園内の恋愛事を応援している恋愛警視総監・香澄歌織と巨乳がまぶしいブロンドのハーフ少女・チェルシー鈴木が登場します。ご自身が考える、2人の魅力を教えてください。

 香澄歌織の魅力は、よく分からないです。逆に、分からないから良い、分からないからこそ男の探究心をくすぐる、的な。そんな感じです。

 変に魅力が浮き彫りになってしまうと、逆に冷めるっていうことがあると思うんですけど、それとは無縁の存在です。叩けば叩くだけ、いろいろと妙な物が飛び出してくるヒロインです。

 どんな男であろうとも、彼女の思考パターンを読むことは不可能でしょう。ましてや、うちの主人公(陽方朝道)では無理です。まともな男子高校生が手を出しちゃ駄目なヒロイン、それが香澄歌織です。

 チェルシー鈴木は、今では『パパイヤ刑事』ってアダ名になってますけど、元々のアダ名は『お母さん刑事』の予定だったんです。

 可愛くて、金髪ハーフで巨乳、それなのに恋愛対象から最も遠い『お母さん』ってアダ名のヒロインがいたら、可愛いのに可哀想で逆に良いなと、パンク気取って形作ったヒロインです。

 ですが、このアダ名も、次点に控えていた『ナマコ刑事』ってアダ名も、担当編集者さんに却下されて(当然ですが)しまいました。

 その結果、明るくて優しくて、まぶしい巨乳。そして、一生懸命お願いしたら、赤面してエッチなポーズを取ってくれる、少しチョロい年上のお姉さんキャラって部分だけが残ってしまいました。

 ようは、渋みが抜けた干し柿みたいに甘い女の子ってことです。表紙のヒロインを“干し柿”に例えるのも、ちょっとアレですけれど。僕は、こんなお姉さんが好きなのですが、読者のみなさんはどうですかね。……僕は、すっごく、好きです。

――主人公の陽方朝道が自作の歌で告白したり、文中に歌詞が書かれたミュージカル調のシーンがあったり、実にハチャメチャな……もとい、解放感にあふれたエピソードが満載です。ご自身が太鼓判を押す名シーンはどこですか?

 ものは言いようですね。

 凄いです。実際に質問されてみると、改めてまともな作品内容ではないことを実感してしまいます。

 好きなシーンはいろいろありますが、恋愛警察Qピッツのモブ刑事たちが、女子に好かれている男子バスケットボール部のエースに嫉妬して野次を飛ばすシーンは、書いていて好きでした。

――どの部分が評価されて<電撃文庫MAGAZINE賞>を受賞したのだとお考えですか?

 よく分かりません。選考委員の方々の選評では、“勢い”という字と、“作者は本当に22歳か?”と年令詐称の疑いを持つ意見が多かったように記憶しております。それじゃないかな、と。

――正直にお答えください。本作からは巨乳へのただならぬ想いを感じます。ズバリ!! 涙爽先生は“巨乳は正義”派ですか?

 出てますか? 想いが、ただならぬほどに?

 そうですね、正義とかは思ったことはないですが、胸は大きいほうが好みといいますか、眼に優しいです。

 巨乳は、僕にとって“みどり色”みたいな感じです。見てると視力が良くなる気がします。俗に眼福というやつです。

 え? 好みのバストサイズですか? もちろん、“眼(アイ)”カップです……作品のテーマ的には『愛』カップです。

――最後に、本作の読みどころや魅力を3つのキーワードでアピールしていただけますか? それを選んだ理由もぜひ教えてください。

 主人公 みんなモテると 思うまじ

 3つということで、せっかくなので川柳にしてみました。これ以上ふさわしい台詞は出てこないです。

【CHECK】担当編集の“ココが推し!!”

●くだらな過ぎて笑ってしまう――そんな作品です。

 正直、とてもくだらない物語です。しかし、それを突き詰めた、とても潔いコメディになっています。

 ヒゲのむさいオッサンが全編出てくるわ、主人公はまったくモテないわ、筋肉ムキムキの傭兵集団が活躍するわ……作者も言ってますが、どうかしてる内容とも思えます。

 でも、そういうものを楽しみたいときって、誰にでもありますよね。ぜひ「くだらねー!」と腹を抱えながら笑って、日頃の憂さを晴らしてください。

著者紹介

涙爽創太(なだそう そうた)
●1992年、青森県に生まれる。高校の3年間を「日曜朝8時の枠を『仮面ライダー』シリーズから奪う」という野望のために捧げ、50話以上のシナリオを作成。それが訓練になったかどうかは謎だが、第22回電撃小説大賞<電撃文庫MAGAZINE賞>を受賞する。今後の抱負は「全力でふざけ倒す!」。

(C)涙爽創太/KADOKAWA CORPORATION 2016

データ

▼『俺たち!! きゅぴきゅぴ▼Qピッツ!!』
■著:涙爽創太
■プロデュース:アスキー・メディアワークス
■発行:KADOKAWA
■発売日:2016年3月10日
■価格:本体590円+税
 
■『俺たち!! きゅぴきゅぴ▼Qピッツ!!』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。