News

2016年3月11日(金)

『ダークソウル3』完成発表試遊会ではエスト瓶を配布! 等身大の騎士や1/1スケールの篝火の展示も

文:イトヤン

 3月10日、フロム・ソフトウェアは東京・浅草橋のヒューリックホールにて、PS4/Xbox One版が3月24日、PC版が4月12日に発売されるアクションRPG『DARK SOULS III(ダークソウル3)』の完成発表試遊会を開催しました。

 本記事では、会場の様子の他、会場で行われた完成発表セレモニーの模様をお届けします。

『ダークソウル3』

 この完成発表試遊会は一般参加も可能ということで、会場では本作の発売を心待ちにしている、たくさんのファンの姿を見ることができました。

『ダークソウル3』
▲完成発表セレモニーが行われた第一部は、抽選で選ばれた招待者のみが参加。第二部からは誰でも自由に参加できたので、大勢のファンが長い列を作っていました。

 会場の入り口では、1/1スケールの篝火や等身大の騎士フィギュアが参加者をお出迎え。

 また、コンセプトアートを鑑賞できるアートギャラリーや黒板ライブペインティング、シリーズおなじみの“エスト瓶”に入ったドリンクの無料提供など、『ダークソウル』の世界観をリアルに感じられる展示が、会場内に多数用意されていました。

『ダークソウル3』
▲巨大なタペストリーと、1/1スケールの篝火。
『ダークソウル3』
『ダークソウル3』
▲等身大の騎士フィギュアは、ディテールが緻密(ちみつ)で圧倒的な存在感を放っていました。
『ダークソウル3』
『ダークソウル3』
『ダークソウル3』
『ダークソウル3』
▲アートギャラリーには、『ダークソウル3』の世界が描かれた多数のコンセプトアートの展示が。
『ダークソウル3』
『ダークソウル3』
▲『ダークソウル』のプレイヤーなら必ずお世話になる、エスト瓶に入ったドリンクを無料で提供。飲んだ後のエスト瓶は、希望すれば持ち帰ることも可能でした。

ディレクターの宮崎英高氏が、本作の完成を発表!

 会場内のステージで行われた完成発表セレモニーでは、『ダークソウル3』のディレクターを務める宮崎英高氏が登壇しました。

『ダークソウル3』
▲宮崎英高氏。

 宮崎氏によると、本作は『ダークソウル』シリーズの大きな区切りとして位置づけていることもあり、開発には非常に苦労したとのこと。それでもなんとかこの完成発表を迎えることができて、少しだけホッとしたそうです。

 『ダークソウル3』は、主人公である“火の無い灰”が王殺しに挑む物語だと語った宮崎氏。「ユーザーの皆さんには、“滅びの寂しさに満ちた世界”で待ち受ける圧倒的な困難と、それを克服していく喜びをぜひ感じてほしい」とメッセージを送っていました。

 さらに宮崎氏は、会場に用意された試遊バージョンについても解説を行いました。今回の試遊では、ヒートアップするボス戦に加え、戦術性とロールプレイを高めるための新しい要素である“戦技”などといった、本作の特徴を体験できるそうです。

 ちなみに試遊会バージョンは、本作のさまざまな要素を体験してもらうため、製品版よりもほんの少しだけ難易度を下げているとのこと。

 とはいえ、心が折れそうになるほどの難易度で知られるシリーズだけあって、宮崎氏は「これで本当に難易度が低いのか! という苦情は受け付けておりませんのでご勘弁ください」と語り、会場の笑いを誘っていました。

『ダークソウル3』
▲会場で試遊できたバージョンでは、製品版で選択できるプレイヤーキャラの“素性”全10種類が、すべて選択可能になっていました。
『ダークソウル3』
▲本会場では“不死街”と呼ばれるエリアでのプレイを体験できました。宮崎氏によると「不死街は非常にスケールの大きな探索を楽しめるマップ」とのことです。

Twitterでのキャンペーンをはじめとする、プロモーション戦略が明らかに

 続いて、フロム・ソフトウェアの宣伝部部長である小倉康敬氏からは、『ダークソウル3』の発売に向けたプロモーションの説明が行われました。

『ダークソウル3』
▲小倉康敬氏。

 まず、アパレルブランド“DOWBL(ダブル)”と『ダークソウル3』とのコラボレーションアイテムは、今後も新たなラインナップが追加されていくとのこと。

 また現在、渋谷109MEN’S7階にある“DOWBLカフェ”で提供されている『ダークソウル』オリジナルのドリンク&フードメニューは、3月31日まで期間延長してメニューに並び続けるそうです。

『ダークソウル3』
『ダークソウル3』

 続いて、フィギュアメーカー“Gecco(ゲッコウ)”より、『ダークソウル3』のフィギュアの発売が決定したことが発表されました。Geccoは、フロム・ソフトウェアがSCEと共同開発した『Bloodborne(ブラッドボーン)』のフィギュアも手がけているメーカーです。商品の詳細については、今後発表される予定となっています。

『ダークソウル3』
『ダークソウル3』

 さらに、3月10日から、PS4/Xbox One版の発売日である3月24日にかけて、Twitterでのキャンペーンが行われます。

 専用のカメラアプリをスマートフォンにダウンロードすると、篝火を灯した際や強敵を倒した時などにゲーム中で表示されるメッセージと日常の風景とを合成した写真を撮影することができます。

 こうした“ダークソウルな瞬間”の写真をハッシュタグ付きでTwitterに投稿すると、リツイート数によってキャンペーンサイトにその写真が掲載されたり、特製のエスト瓶を抽選でゲットできたりするとのことでした。

 詳しくは『ダークソウル3』公式サイトの特設ページを確認してみてください。

『ダークソウル3』
『ダークソウル3』

会場を訪れた熱烈なファンが“不死街”での探索にチャレンジ!

 完成発表セレモニーの終了後は、会場での試遊が開始されました。試遊は1人につき10分間となっており、試遊の希望者には整理券が配布される形となっていましたが、順番を待ちきれない人たちが、プレイしている人の戦いぶりを熱心に見つめている様子が印象的でした。

『ダークソウル3』
『ダークソウル3』
『ダークソウル3』
▲会場の巨大モニターでは、実際に試遊しているプレイ画面が上映されていました。

 今回の完成試遊会は、『ダークソウル3』を一刻も早くプレイしたいというファンの熱気が伝わってくるイベントとなっていました。これから発売に向けて、より一層の盛り上がりを見せてくれるであろう『ダークソウル3』。発売が待ちきれませんね!

※画像は開発中のものです。
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc. / (C)2011-2016 FromSoftware, Inc.

データ

イメージ
▼『ダークソウルIII』
■メーカー:フロム・ソフトウェア
■対応機種:PS4
■ジャンル:ARPG
■発売日:2016年3月24日
■希望小売価格:7,430円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『ダークソウルIII』
■メーカー:フロム・ソフトウェア
■対応機種:Xbox One
■ジャンル:ARPG
■発売日:2016年3月24日
■希望小売価格:7,430円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ダークソウル3』
■メーカー:フロム・ソフトウェア
■対応機種:PC
■ジャンル:ARPG
■発売日:2016年4月12日
■希望小売価格:未定

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。