News

2016年4月9日(土)

『ドラゴンクエストヒーローズII』のオルネーゼ役・水樹奈々さんにインタビュー! 小学生の頃から戦闘曲を演奏

文:電撃PlayStation

 スクウェア・エニックスが贈るPS4/PS3/PS Vita用ソフト『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』。本作は歴代シリーズのキャラクターとともに、大軍勢のモンスターとの攻防が楽しめる『ドラゴンクエストヒーローズ』シリーズの2作目で、『DQ』シリーズ30周年の記念日でもある5月27日に発売される大注目タイトルだ。 

『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』

 今回は、“赤き女戦士”として世界中に名が知られる、主人公たちの姉貴ぶん・オルネーゼ役を務めた水樹奈々さんへのインタビューをお届けする。

『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』
▲水樹奈々さん。
『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』
▲オルネーゼ。

――このお話を受けたときの感想を聞かせてください。

 もうメチャクチャうれしかったです! 子どもの頃から『DQ』シリーズをプレイしてきたので、セリフに音声がつくと知ってから「声優として活動しているからには、どんな役でもいいからかかわれたらいいなぁ」と思っていました。あまりに夢のようで、「本当ですかっ!」と聞き返してしまったほどです(笑)。

――ほかの役の方たちは、オファーを受けてとても光栄だがプレッシャーもすごい、と口をそろえておっしゃっていました。

 私もです! やはりたくさんのファンの方々に長く愛されているシリーズですので、私もすごくプレッシャーを感じています。でも、お声がけいただいたということは、そのキャラクターに“合う”とスタッフの皆さんに思っていただけたのだと思うので、それを信じて、自分のできるかぎりの力を尽くして演じさせていただきました! 

――オルネーゼのイラストはどのタイミングで見られたんですか?

 台本をいただいたときに、鳥山明さんがデザインされたイラストが資料として付属していました。『DQIII』の女戦士のような露出度の高いコスチュームでオノを軽々しく振り回す、セクシーかつ猛々しい印象でしたね。

 でもそれだけではなく、母性的な部分もあるんですよ。言葉づかいも姉御気質なところもあるけれど、騎士として王にお仕えしているので、ていねいな話し方もするんです。オルネーゼは勇者タイプというか、魔法も使えるので、知性も高くあわせ持っているんですよ。そこを声でどう表現するかというのが難しいポイントでした。

『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』

――収録時に堀井雄二さんにお会いされたとのことですが、いかがでしたか?

 事前に聞いていなかったので、すごく驚きました! もう神様にお会いした感じで舞い上がってしまい、一緒に写真も撮ってもらいました! 

――収録時の感想を聞かせてください。

 ムービーシーンから収録がスタートしたんですが、ほぼ完成形に近い状態までできあがっていたので、すごく演じやすかったです。ゲームの収録は、先に音声を収録してあとで絵を合わせるということが多いので、今回はありがたいな~と思いました。また、ほかの方の音声もほぼ入っている状態で、みなさんの声を聴きながら収録できたので、キャラクターや世界観もつかみやすく、すごく楽しかったです!

『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』

――『DQ』シリーズをかなりプレイされているとお聞きしましたが。

 はい、ひととおりはプレイしています。一番最初にプレイしたのは『DQIII』でした。親が厳しくて、何度もおねだりをしていたら、見かねた親戚のおばさんが買ってくれたんです(笑)。プレイするとストーリーにあらゆる伏線が張られているのに気づき、さらに裏世界の存在や、それが『DQI』にお話がつながってるなど、もうたぎりまくりの設定でしたね。もちろんそのあと『DQI』『DQII』とさかのぼってプレイしました。

――『DQ』シリーズの音楽がとても好きだとうかがいました。

 そうなんです! 冒険を彩る音楽って、ゲームの大事な要素だと思っています。『DQ』シリーズはシチュエーションにピッタリな音楽が、絶妙なタイミングで流れてくるじゃないですか! とくに『DQIV』の戦闘曲が好きで、戦闘をわざと長引かせて後半のかっこいい展開を聞いたりしていました(笑)。

 ちなみに、私が初めて買ったCDは『DQIV』のサウンドトラックなんです。小学生の頃にシリーズの楽譜を手に入れてからは、昼休みや放課後に音楽室にピアノを弾きに行っていました。戦闘曲がめちゃくちゃ難しいんですよ!

――小学生の頃からシリーズの音楽を弾いていたんですか!?

 はい! 小学校の頃からです。みんな『DQ』が好きだったので「あの音楽弾いてよ!」などとたくさんリクエストされました(笑)。

――『DQ』シリーズで一番印象に残っているタイトルはどれですか?

 思い入れという意味では、最初にプレイした『DQIII』ですね。連れて行く仲間の自由度が高く、自分でプレイ方針を組み立てていける感じがいいですよね。『DQIV』も印象深く、各キャラクターの設定やバックボーンがしっかりあって、感情移入しやすかったです。

――『DQIV』のパーティは誰を入れてましたか?

 アリーナは必ず入れていました。クリフトとあとはライアンかなぁ、状況によって変わっちゃいますね。わりと通常の戦闘はMPを温存したいタイプで、できるだけ直接攻撃で戦って、ボス戦ではぶわぁぁっと一気に呪文で攻撃したいんです。“ガンガンいこうぜ”だとMPが減りやすいので、呪文を使わないようにさせていました。

『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』

――本作ではパーティメンバーに誰を入れる予定ですか?

 うーん……悩み過ぎてため息が出ちゃいます(笑)。マーニャは魔法が強いから好きなんですけどね。絶対アリーナは外せないんですよ。あとは……テリーかなぁ!

――今回オファーを受けてからイメージトレーニング目的などで、過去作をプレイしたりしたのですか?

 私の役はオリジナルキャラクターだったので、新たな気持ちで臨みたいと思い、逆にしませんでした。そのかわり、とにかく台本を読み込みました。そして、台本を読んでいるときから「ルーラとか使えちゃうんだ、私!」「ミナデインもあるんだ、あぁ勇者みたい!」とか、すごく興奮してしまいました(笑)。

――実際に本作をプレイをしてみた感想はいかがですか?

 とにかくすごくうれしかったですね。自分の大好きな『DQ』の世界のなかに、自分が演じたキャラクターがいると思うと、とっても幸せです。あとはプレイされたみなさまにかわいがっていただけるような、そんなキャラクターに成長していけばいいな、という思いでいっぱいです。みなさまに実際に声を聞いていただき、「オルネーゼは水樹でよかった」と思っていただけるとうれしいです。

――堀井さんは水樹さんの声を聞いて、かっこいいと大絶賛でしたよ。

 本当ですか!? よかった~うれしいです! 自分は『DQ』で育ってきたので、愛と感謝を込めて演じようと思ってました。オルネーゼも情熱の塊のような人なので、それが自分の『DQ』熱とシンクロするといいなぁと思いながら魂を注入しました!

――本作をプレイされる方々にメッセージをお願いします。

 とにかく自由度が高く、キャラクターたちが生き生きと動いているので、本当に楽しいです。すぐにこの世界観にハマっていただけるんじゃないかと思います。ストーリーも今回は“まさか!”の連続で、見ごたえのあるものになっていますし、ムービーパートもすごく多いんです。ぜひスミズミまで楽しんでいただけたらと思います。やり込んでくださいね!

 また、素敵なキャラクターが多いので、パーティメンバーに入るかどうかの争いに巻き込まれるかもしれませんが、できればオルネーゼを最後までパーティメンバーに入れてもらえたらうれしいです。彼女はとても使いやすいキャラクターですよ!(笑)。

『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』

 以上、本作の主要キャラクター・オルネーゼの声優を務める水樹奈々さんへのインタビューをお届けしました。

(C)2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

データ

▼『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:ARPG
■発売日:2016年5月27日
■希望小売価格:7,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:ARPG
■発売日:2016年5月27日
■希望小売価格:6,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ARPG
■発売日:2016年5月27日
■希望小売価格:6,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連記事

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.674

    電撃PlayStation Vol.674表紙画像

    [ 5月号 ] 2019年3月28日発売
    特別定価:880円+税

    【表紙&冊子付録】
     SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE
    【毎号付録】デンプレコミック #28
    【Visual Gallery】岸田メルの世界
    【特集企画】『戦国無双』シリーズ15周年
     クリエイターに聞く忘れられないPS4ゲーム
     歌広場淳×ふ~どの格闘ゲーマー座談会
    【POWER PUSH】イースⅨ / 閃の軌跡Ⅳ
     SAO FB / 勇者ネプテューヌ
    【電撃特報】
     ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団
     殺人探偵ジャック・ザ・リッパー
    【MONTHLY DEEP】Days Gone
     EDF:IRON RAIN / ラングリッサーⅠ&Ⅱ
     スターリンク バトル・フォー・アトラス
     コール・オブ・クトゥルフ ほか
    【BRAND NEW】進撃の巨人2 -Final Battle-
     デート・ア・ライブ 蓮ディストピア
     アライアンス・アライブ / PixARK
     GRANBLUE FANTASY Versus
    【話題作】ルルアのアトリエ
     スパロボT / LoveR(ラヴアール)
    【Online Game】PSO2 / Anthem
     バトオペ2 / FFXIV / FFXI
    【コード付録】戦国無双シリーズ
     ルルアのアトリエ / LoveR(ラヴアール)
     エンゲージプリンセス / DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら