News

2016年4月7日(木)

PS Vita『Dance with Devils』南那城メィジ役・木村 昴さんのインタビュー完全版をお届け♪

文:電撃Girl'sStyle

 3月24日に発売された、PS Vita『Dance with Devils』。電撃Girl’sStyle4月号に掲載された、南那城メィジ役・木村 昴さんのインタビュー完全版をお届け!! 

PS Vita『Dance with Devils』南那城メィジ役・木村 昴さんインタビュー

――収録後のご感想をお願いします。

 長かったですね~(笑)。1つの作品に対して、これだけ時間をかけて作り上げていったのは初めてのことでした。これはメィジに限った話ではありませんが、自身のルートだけではなく、ほかのキャラクターのルートにも出ているのでセリフ量が本当に多かったです!!  多分、僕の人生のなかで喋った台詞の半分は“南那城メィジ”になったかと思います(笑)。そのぶん、いろいろなメィジを演じられたことが楽しかったです! 

 『Dance with Devils』は女性向けゲームということですが、僕自身も初めて携わらせていただいたジャンルでした。ダミーヘッドマイクさんとも「ダンデビ」で初共演を果たしたくらいなので(笑)。今では結構仲よくなれたかと思いますが、慣れない最初の内は大変でした。ダミーヘッドマイクさんとは飲みに行けるくらい仲よしになりたいのですが、今のレベル的にはマイミク止まりでしょうか(笑)。

 また、「ダンデビ」では声優として貴重な経験をたくさんさせていただきました。初めてのこと尽くしで勉強しながら手探りでここまで進んできましたが、無事に収録も終わりそうでうれしく思います。アニメではみんな揃っての収録が多かったので、1人での長丁場の収録が寂しくて「みんなに会いた~い!」と泣きそうになったことも思い出深いです(笑)。

――「ヒトルート」と「アクマルート」の各ルートの見どころやオススメシーンを教えてください。

 ルート毎というよりも個人的に印象深かったシーンの話になってしまうんですが、全員が水着で登場する場面はオススメです!! アクマなのに海でのバナナボートにはしゃいだりと「意外とカワイイとこあるじゃん」と(笑)。アニメでは水着になるイベントがなかったので、みんなの水着姿はゲームならではのお楽しみですよ。腹筋割れまくりのスマートボーイズたちを堪能してください!

 また、メィジはアニメの5話でもそうでしたがグイグイ押していくのに、いざヒロインが困ったら「おう、悪ぃ……」みたいに引く優しさも持っているんですよね。それでちょっと頬を赤らめてみたりする部分はアクマなのにどこか人間っぽくていいなと思っています。オラオラしている部分とピュアなギャップにキュンキュンですよ!! 僕がヒロインだったら100%メィジと付き合ってます(笑)。みなさんもお買い上げの際はぜひメィジルートからプレイしてキュン死にした後で、ウリエ辺りをチラホラ進めていただければ……(笑)。

――アニメとゲームでは異なる展開を迎える本作ですが、演じ分けなどはされたのでしょうか?

 アニメでは描かれなかったディープな部分を出せるようにしました。具体的に挙げるとすれば“メィジの持つ人間くささ”でしょうか。人との距離の取り方はアニメと変化をつけています。アニメはリツカの成長にスポットを当てていたので、メィジの内面までは深く描き切れなかったと思うんですが、本作ではパーソナルな部分を知れるエピソードがたくさん盛り込まれています。ヒロインに囁いたり、仲間との掛け合いは距離感を大切に演じさせていただきました。

 また、ヒロインを巡って闇の眷属たちが続々やって来るので蹴散らすためにバトルするシーンも満載です。メィジの場合は特攻隊長的な立ち位置のアクマなので、仲間が「まだ動かないでいよう」と決めても「うるせぇ、俺は行く!」と殴り込みに行ってしまうこともあるんですけどね(笑)。彼は仲間想いの性格なので「俺はお前らのことなんて興味ねぇ、けど大丈夫か?」と一匹狼を気取ろうとして、なりきれないところがかわいいなと思っています。

――アクマに1つだけ願い事を叶えてもらえるとしたら、なにをお願いしますか?

 アクマに叶えてもらいたい願いはたくさんあるんですが、シンプルにひとことで言うなら「大量のお金が欲しい」ですね(笑)。そうすれば、大抵の買いたい物って手に入ると思うので……。もしくは「びっくりするぐらいモテたい」でもいいな(笑)。特定の人だけにモテたいとかそんな小さい規模の話ではなくて、いっそ「街が俺を見てる!」くらいのモテ方をしてみたいです!! きっと世界の中心に立てたような気になれますよね。せっかくアクマにお願いするんだったら、それくらい派手な方がいいなと思います(笑)。きっと代償も半端じゃないほど大きそうですよね。「死ぬほどモテるけど鼻が曲がりそうなほど足が臭い」なんてことが起こりそうですが、それでも構わないです!!

――読者の方にメッセージをお願いします。

 一度ゲームを始めたら部屋から出られなくなるほどおもしろいので、すべての用事を済ませてからプレイしてくださいね! 僕もプレイしようと思っているほど自信を持ってオススメできる作品に仕上がっています。メィジの物語は甘く、ハッピーな雰囲気の展開が多いのでみなさんを虜にしてしまうかも知れません。プレイ中はアクマの誘惑にはご注意を……!

(C)グリモワール編纂室/Dance with Devils製作委員会 (C)2015 Rejet

データ

▼『Dance with Devils』
■メーカー:Rejet
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:女性向け恋愛アドベンチャー
■発売日:2016年3月24日発売
■価格:5,800円+税
 
■『Dance with Devils』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『Dance with Devils』ダウンロード版
■メーカー:Rejet
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:女性向け恋愛アドベンチャー
■発売日:2016年3月24日発売
■価格:5,023円+税
▼『Dance with Devils』限定版
■メーカー:Rejet
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:女性向け恋愛アドベンチャー
■発売日:2016年3月24日発売
■価格:7,800円+税
 
■『Dance with Devils』限定版の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連記事

関連サイト

電撃Girl'sStyle

最新号紹介

  • 電撃Girl’sStyle3月号

     電撃Girl’sStyle3月号表紙画像

    2017年2月10日発売/特別定価980円


    【スペシャル付録】
    ★『あんさんぶるスターズ!』&『ユーリ!!! on ICE』両面B2ポスター
    表紙を飾る『あんスタ!』と、オフショット風の『ユーリ!!! on ICE』のイラストを両面にあしらった、スペシャルなポスター♪

    【巻頭特集『あんさんぶるスターズ!』】
    Switch初表紙記念ということで、今月は『あんスタ!』を8ページで特集します!

    【ハートを伝えて・ハッピーバレンタイン特集】
    ガルスタだけの描き下ろしイラストやショートストーリーが満載です!!
    『DIABOLIK LOVERS』シリーズ
    『ドリフェス!』
    『ボーイフレンド(仮)』シリーズ
    『遙かなる時空の中で3 Ultimate』
    『夢王国と眠れる100人の王子様』
    『罪喰い~千の呪い、千の祈り~ for V』
    『スタンドマイヒーローズ』
    『プリンス・オブ・ストライド』
    『A3!(Act! Addict! Actors!)』
    『アイ★チュウ』
    『茜さすセカイでキミと詠う』>
    『輪華ネーション』

    >> 詳細はこちら