News

2016年4月8日(金)

PS Vita『Dance with Devils』棗坂シキ役・平川大輔さんのインタビュー完全版をお届け♪

文:電撃Girl'sStyle

 3月24日に発売された、PS Vita『Dance with Devils』。電撃Girl’sStyle4月号に掲載された、棗坂シキ役・平川大輔さんのインタビュー完全版をお届け!! 

PS Vita『Dance with Devils』棗坂シキ役・平川大輔さんインタビュー

――収録後のご感想をお願いします。

 僕が演じた棗坂シキは、アニメだとリツカちゃんと結ばれる役回りではありませんでしたし、セリフ数もそれほど多くはありませんでした。ただ、シキはアニメ・ゲームともに僕にとって落としどころの見つけずらい特殊な役柄だったので、スタッフさんと相談しながら1つ1つ手探りで作り上げていきました。

 彼は考えていることが話している言葉通りでなかったり、含んだ言い回しが多いので、真意やニュアンスの込め方に苦戦しながらのチャレンジでしたね。シキの思考回路が人間の理解の範疇を越えていたので、1歩進んでは模索して、悩んで、咀嚼して、また1歩進むといったステップの繰り返しで、何とかここまでくることができました(笑)。

 ゲームでは物語が進んだり、主人公と親密になっていくにつれて関係性が変化していくので「シキはこう変わっていくんだ」と驚かされました。彼の物語は血みどろなので、体力的にも精神的にもパワーを使いながらの収録となりました(笑)。

――「ヒトルート」と「アクマルート」の各ルートの見どころやオススメシーンを教えてください。

 シキはどちらのルートも基本的には血みどろです(笑)。彼は堕天使なので正確にはアクマでも天使でも人でもないんですよね。どこにも属せないシキにとって「ヒトルート」は荒波に揉まれながら、葛藤しながらの物語になっています。じつは立場的な意味でシキに1番近いのはヒロインなんじゃないかと思うので、2人の想いに注目してもらいたいですね。

 また、随所にシキの絶叫が散りばめられていますので、ヘッドホンなどをご使用になる方は音量に気をつけてくださいね(笑)。恋をしていくと彼のアイデンティティーでもある“一種の気持ち悪さ”(笑)が鳴りを潜めていきますので「愛に飢えていたシキってこんなふうに変わるんだ」という新たな一面も見られるんじゃないかと思います。僕個人としてはそこが1番の見どころですね!

 「アクマルート」はディレクターさん曰く“もっとも血みどろなルート”とのことです(笑)。趣味が破壊の彼ですが、物理的なものから精神的なものまでさまざまな破壊っぷりが見られるかと思いますよ。彼がなぜ一人ぼっちでいるのか、傍にいてくれる大切な人が現れたときに各ルートでどう変貌するのか、まさに「ヒトかアクマか――?」といった気持ちでいっぱいです(笑)。

――アニメとゲームでは異なる展開を迎える本作ですが、演じ分けなどはされたのでしょうか?

 アニメでのシキはウリエやメィジと一緒になにかを企むことが多かったかと思いますが、ゲームでは3人で行動することはあまりなかったですね。さらに、アニメのときはシキの持ち味でもあるねっとりした言い回しについてバランス調整を行ったのですが、今回は割とフルスロットルで演じさせていただきました(笑)。ただ、その方が物語中盤から後半のシキの変化をより顕著に感じていただけるんじゃないかなと思います。

 それから今作では武器を持って戦うこともあります! 基本的には羽根攻撃をするシキですが、弓矢も担当させてもらっています。あまりアニメのシキに囚われ過ぎず、あえてアニメの彼とは若干異なるアプローチのご指示をいただくこともありましたね。

 そういった意味では、プレイされる方によってはアニメのシキとちょっと性格が異なるように感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、アニメもゲームも「Dance with Devils」として楽しんでいただけるように、試行錯誤しながらスタッフのみなさんと新たに“棗坂シキ”を作り上げていった感じがしています。

――アクマに1つだけ願い事を叶えてもらえるとしたら、なにをお願いしますか?

 なんでもいいのであれば、人間界に出てきて悪さをしないでくださいとお願いしたいです(笑)。いい人になってくださいでもいいんですが、ホラー系は苦手なのと僕が流されやすい性格なので……。誘惑されないようにアクマたちが避けてくれることを祈るばかりです!

――読者の方にメッセージをお願いします。

 アニメではコミカルなシーンもあったシキですが、本作ではなかなかにハードなストーリーを展開していきます。もう一つの「Dance with Devils」としてアニメをご覧いただいた方にも、「ダンデビ」はゲームが初めてという方にも楽しんでいただける作品になったんじゃないかなと思います。ただ、シキのルートは夜にプレイしない方がいいかも知れません(笑)。明かりを最大限に点けたお部屋で健康的な精神状態の元、プレイしてみてくださいね!

(C)グリモワール編纂室/Dance with Devils製作委員会 (C)2015 Rejet

データ

▼『Dance with Devils』
■メーカー:Rejet
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:女性向け恋愛アドベンチャー
■発売日:2016年3月24日発売
■価格:5,800円+税
 
■『Dance with Devils』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『Dance with Devils』ダウンロード版
■メーカー:Rejet
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:女性向け恋愛アドベンチャー
■発売日:2016年3月24日発売
■価格:5,023円+税
▼『Dance with Devils』限定版
■メーカー:Rejet
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:女性向け恋愛アドベンチャー
■発売日:2016年3月24日発売
■価格:7,800円+税
 
■『Dance with Devils』限定版の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連記事

関連サイト

電撃Girl'sStyle

最新号紹介

  • 電撃Girl’sStyle3月号

     電撃Girl’sStyle3月号表紙画像

    2017年2月10日発売/特別定価980円


    【スペシャル付録】
    ★『あんさんぶるスターズ!』&『ユーリ!!! on ICE』両面B2ポスター
    表紙を飾る『あんスタ!』と、オフショット風の『ユーリ!!! on ICE』のイラストを両面にあしらった、スペシャルなポスター♪

    【巻頭特集『あんさんぶるスターズ!』】
    Switch初表紙記念ということで、今月は『あんスタ!』を8ページで特集します!

    【ハートを伝えて・ハッピーバレンタイン特集】
    ガルスタだけの描き下ろしイラストやショートストーリーが満載です!!
    『DIABOLIK LOVERS』シリーズ
    『ドリフェス!』
    『ボーイフレンド(仮)』シリーズ
    『遙かなる時空の中で3 Ultimate』
    『夢王国と眠れる100人の王子様』
    『罪喰い~千の呪い、千の祈り~ for V』
    『スタンドマイヒーローズ』
    『プリンス・オブ・ストライド』
    『A3!(Act! Addict! Actors!)』
    『アイ★チュウ』
    『茜さすセカイでキミと詠う』>
    『輪華ネーション』

    >> 詳細はこちら