News

2016年4月22日(金)

『薔薇に隠されしヴェリテ』達観した王太子・ルイ16世役 白井悠介さんインタビュー完全版をお届け

文:電撃Girl'sStyle

 激動の中世フランスを舞台に、貴族や革命家たちとちょっと危険なアバンチュールが楽しめる『薔薇に隠されしヴェリテ』。本作に出演するキャストのみなさんに直撃インタビューを敢行♪ 今回は、電撃Girl’sStyle5月号(4月9日発売)に掲載された、ルイ16世役・白井悠介さんインタビューの完全版をお届けします。

『薔薇に隠されしヴェリテ』白井悠介さんインタビュー完全版

――担当されたキャラクターの印象や魅力を教えてください。

 次期王ということで、最初は偉ぶっている感じなのかなと思っていました。実際にキャラクターの設定をいただいたら何事にも動じず無関心と書いてあって、どうやって演じようかなと考えましたね。ただ彼は物語が進んで主人公と交流するなかで、他人にも興味を持つようになり、それが恋愛感情に変わっていくんです。その変化を見て、人間らしい感情があってよかったなとうれしくなりました。ルイ王太子は人と接し慣れていない分、とてもピュアな人物です。そんな部分が、彼の魅力なのかなと思います。

――演じられたルイ16世は作中で成長し、さらに王太子から国王へと位が変わります。演じる際に意識されたことはありますか?

 その国の王になるわけですから、しゃべり方や振舞いは王の自覚を持ったものに変えていっています。また作中で成長して大人になっていくので、成長後の演技は、落ち着いて貫禄が出るように意識しています。

――ルイ16世は王族としての生活と庶民の生活の両方を送っていますが、それぞれ印象深いシーンはありますか?

 王族としては、マリー・アントワネットとの出会いのシーンですね。未来の王妃になる人物と初めて会うのに、本当に無関心で……。どうして、そこまで無関心でいられるのかなと驚きました。それが斬新というか、印象深かったです。

 庶民としての生活は、身分を偽って庶民に溶け込もうとしているのがおもしろかったです。パリの酒場では、がんばって庶民風のしゃべり方をしているんですが、全然できていないんですよ(笑)。そこは彼のギャップとして、ぜひ楽しんでいただきたいですね。

――恋愛面での見どころや、ここはおもしろいと感じられた部分はありますか?

 無関心で、恋愛をしたことのないルイが、恋を一から知っていく様子が印象的です。初心に返るといいますか、初々しくて心がキレイになった気がします。その一方で、切ない描写も多く、演じていてジーンとくるシーンもありましたね。史実ではあまり幸せな結末を迎えなかったルイたちが、本作ではどんなエンディングを迎えるのかも見どころだと思います。

――タイトルの「ヴェリテ」には、「真実」という意味があります。ご自身は隠したい「真実」を隠すのは得意な方ですか? それともすぐにばれてしまう方ですか?

 僕は得意な方で、全然顔に出ないですね。友人から相談されることが多いのですが、「絶対に言わないでね」とお願いされたら守りますし、問い詰められてもばれない自信はあります。ただ内心では、「俺は知ってるけどね」とニヤニヤはしているかもしれませんが(笑)。

――本作には「ジュ・ヴォーグ」というドレス・髪型がカスタマイズできるシステムがあります。白井様が本作のキャラクターの中で着てみたい服装や、やってみたい髪型はありますか?

 ダントンの服装もいいですが、この衣装は現代でも普通に着ることができそうですからね。そういう意味では、ベルタン夫人でしょうか(笑)。女装するときは、こういうボリュームのあるスカートを着てみたいと思います(笑)。こういう衣装は動きにくそうなので、中世フランス時代の女性は大変だったでしょうね。昔の軍服はカッコいいですし、緑色が大好きなので、フェルゼンの服装も気になります!

――もし『身代わりの薬』があったら、誰になってみたいですか?

 責任重大なポストは遠慮したいので、王には絶対になりたくないですね。女性になって、普段は行けない場所に行ってみたいです(笑)。あと、サッカーが大好きなので、サッカー選手になりたいですね。スタジアムに入って、いろいろな選手のサインをもらいたいです。

――最後に、発売を楽しみにしている電撃Girl’sStyle読者にメッセージをお願いします。

 今回は身代わりの薬が、大きなカギを握っています。主人公がマリー・アントワネットの身代わりをすることで、いろいろな出来事が起き、登場人物たちの運命が変わっていきます。攻略キャラクターごとに違いがあるので、ぜひ全ルート攻略していただきたいです。笑いあり、涙ありの展開になっておりますので、楽しんでいただければうれしいです。

データ

▼『薔薇に隠されしヴェリテ』
■メーカー:オトメイト(アイディアファクトリー)
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ADV
■発売日:2016年9月1日
■希望小売価格:6,300円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『薔薇に隠されしヴェリテ(限定版)』
■メーカー:オトメイト(アイディアファクトリー)
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ADV
■発売日:2016年9月1日
■希望小売価格:8,300円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『薔薇に隠されしヴェリテ(ダウンロード版)』
■メーカー:オトメイト(アイディアファクトリー)
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ADV
■配信日:2016年9月1日
■価格:6,264円+税

関連記事

関連サイト

電撃Girl'sStyle

最新号紹介

  • 電撃Girl’sStyle3月号

     電撃Girl’sStyle3月号表紙画像

    2017年2月10日発売/特別定価980円


    【スペシャル付録】
    ★『あんさんぶるスターズ!』&『ユーリ!!! on ICE』両面B2ポスター
    表紙を飾る『あんスタ!』と、オフショット風の『ユーリ!!! on ICE』のイラストを両面にあしらった、スペシャルなポスター♪

    【巻頭特集『あんさんぶるスターズ!』】
    Switch初表紙記念ということで、今月は『あんスタ!』を8ページで特集します!

    【ハートを伝えて・ハッピーバレンタイン特集】
    ガルスタだけの描き下ろしイラストやショートストーリーが満載です!!
    『DIABOLIK LOVERS』シリーズ
    『ドリフェス!』
    『ボーイフレンド(仮)』シリーズ
    『遙かなる時空の中で3 Ultimate』
    『夢王国と眠れる100人の王子様』
    『罪喰い~千の呪い、千の祈り~ for V』
    『スタンドマイヒーローズ』
    『プリンス・オブ・ストライド』
    『A3!(Act! Addict! Actors!)』
    『アイ★チュウ』
    『茜さすセカイでキミと詠う』>
    『輪華ネーション』

    >> 詳細はこちら