News

2016年4月21日(木)

『バイオハザード』とサバゲーフィールド“九龍 戦闘市街区”がコラボ! フィールドにクリーチャーが登場!?

文:kbj

 カプコンの『バイオハザード』シリーズを題材にしたイベント“SURVIVE of BIOHAZARD”が、インドアサバイバルフィールドの“九龍 戦闘市街区”にて4月22日~5月22日に開催される。そのメディア向けのお披露目会が本日4月21日に行われた。

“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”

 “九龍 戦闘市街区”は、今は亡き、幻の九龍城塞をモチーフにした、入り組んだ三階層の立体フィールドが人気のインドアサバイバルフィールド。“SURVIVE of BIOHAZARD”では、イベント特別ルールによるサバイバルゲームが展開する。

“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”

 お披露目会は、“九龍 戦闘市街区”店長の遠山秀樹さんによる説明からスタート。“九龍 戦闘市街区”は、屋内型のサバイバルフィールドになっているため、天候に左右されないのが特徴だという。3階建ての立体フィールドは、多数の通路によって周り込みやすく、状況が動きやすいフィールドになっている。

“SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”

 また、照明にも力を入れているようだ。照明はゲームルールにあわせてリアルタイムで変更することもあり、今回のコラボルールでは『バイオハザード』を意識したものになっているとのこと。照明だけではなく、フィールドに配置されているクリーチャーも『バイオハザード』らしさを演出。中を歩いているとクリーチャーが出てくるため、驚く人もいるかもしれない。

“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”

 今回のコラボルールは数種類存在。『バイオハザード』を意識したものもあるようで、「ファンならニヤリとすると思います」と説明した。5月9日以降の後半戦では『アンブレラコア』を意識した内容を考えているようだ。

 最後に遠山さんは「ルールが変わることもあり、何度も足を運んでほしいです。サバゲー初心者、経験者ともに楽しんでもらえると思うので、ぜひよろしくお願いいたします」とメッセージを送った。

“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”

 『バイオハザード アンブレラコア』のプロデューサーであるバンス・ジェームズさんは、ゲームについて改めて説明。対戦に特化しているため、サバイバルゲームのようなアクションが多数搭載されている。曲がり角に張り付いて安全を確保することはゲームでも重要と語っていた。

“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”

 本作をプレイできる体験会が5月5、6日に東京・秋葉原の“ファントム AKIBA ラジ館店”で開催される。試遊した人には先着でバンダナが、店舗でカプコングッズを購入した人には先着でステッカーがプレゼントされるという。

“SURVIVE of BIOHAZARD”

 ここで、ミリタリー雑誌記者やボディガードに加えて、モデルとしても活動中の乙夜さんがゲストとして登場。乙夜さんはゲームが好きということで、「シリーズ20周年おめでとうございます。『バイオハザード』は私の青春として刻まれているので、今日参加できてうれしいです」とコメントした。

 今回のコラボとして用意される特別ルールに先駆けて“九龍 戦闘市街区”で採用されているルールが説明された。自己申告による全身ヒット制を採用し、自分のチームメイトを撃ってしまった場合、どちらもヒットとなる。ゲームでは有効だが、ブラインドファイアやヒット後の仲間へのアドバイスは禁止。

“SURVIVE of BIOHAZARD”

 特別ルールの1つ目はセンターフラッグ戦。中央にセットされたポリタンクを奪い合うことになる。手に持ったポリタンクを仲間に渡すことはできないが、自分自身が応戦することは可能。ポリタンクを持った人がヒットした場合、その場に置く。陣地までポリタンクを持ち帰り、ベルを鳴らしたチームが勝利となる。制限時間は5分間。

 2つ目はワクチン争奪戦、フィールドに設置されたアタッシュケースを奪い合うことになる。その他のルールはセンターフラッグ戦と同様だ。

 3つ目は『アンブレラコア』にもルールが用意されている、ワンライフマッチ。各チームのメンバーが全滅するか、制限時間の3分後にメンバーが多く生存しているチームが勝ちとなる。

 “九龍 戦闘市街区”ではローチケHMVでの予約を受付中。もし、予約していない場合でも人数に空きがあれば参加できるとのこと。もし、興味がある人は電話で連絡してみては?

会場の様子

“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD”

乙夜さんと会場のフォトレポート

“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”
“SURVIVE of BIOHAZARD” “SURVIVE of BIOHAZARD”

■“SURVIVE of BIOHAZARD”概要
【開催期間】
前半:2016年4月22日~5月8日
後半:2016年5月9日~5月22日
【会場】九龍 戦闘市街区(クーロン セントウシガイク)(神奈川県相模原市緑区西橋本4-14-13)

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)CAPCOM CO., LTD. 2016 ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『バイオハザード アンブレラコア(ダウンロードコード版)』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS4
■ジャンル:STG
■発売日:2016年6月23日
■希望小売価格:5,990円+税
▼『バイオハザード アンブレラコア(ダウンロード版)』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS4
■ジャンル:STG
■配信日:2016年6月23日
■価格:3,694円+税

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。