News

2016年5月26日(木)

PS4の全世界累計実売台数が4,000万台を突破。PS4向けタイトルの実売本数は累計2億7,090万本超え

文:たけのこ

 SIEは、PS4が歴代プレイステーションハードウェア史上、最速のペースで普及、拡大を続け、5月22日次点で全世界の累計実売台数が4,000万台を突破したと発表しました。

 また、ソフトウェアメーカー各社およびSIEワールドワイド・スタジオ(SIE WWS)から充実したタイトルラインアップを全世界のユーザーに届けることにより、PS4向けタイトルの実売本数が、販売店およびプレイステーションストアにおいて、2016年5月22日時点で累計2億7,090万本を突破したことも明らかにしました。

PS4

■社長兼グローバルCEO アンドリュー・ハウス氏のコメント

 PS4が極めて短期間で4,000万台という新たなマイルストーンを踏むことができましたことは、一重に世界中のユーザーの皆様のご支援、そしてパートナー各社様のご協力あってのことと、心から感謝いたします。

 今年度も強力なソフトウェアラインアップに加え、バーチャルリアリティ(VR)システムPlayStation VRの市場導入、革新的な機能やネットワークサービスの提供・拡充を通じて、より豊かなゲーム体験をユーザーの皆様にお届けし、PS4のモメンタム加速とビジネスの更なる成長を目指してまいります。

 PS4向けタイトルについては、5月10日にSIE WWSから発売された『アンチャーテッド海賊王と最後の秘宝』が、発売からわずか一週間で全世界の累計実売本数が270万本を突破。

 今後もソフトウェアメーカー各社およびSIE WWSから、『仁王』(コーエーテクモゲームス)、『FINAL FANTASY XV』(スクウェア・エニックス)、『龍が如く6(仮称)』(セガゲームス)、『GRAVITY DAZE 2』、『グランツーリスモSPORT』、『人喰いの大鷲トリコ』(SIE WWS)、またインディーズ開発者から『DOWNWELL』(Devolver Digital)、『Jotun』(Thunder Lotus Games)、『Push Me Pull You』(House House Games)など幅広いジャンルの魅力的なタイトルが続々登場予定です。

※PS4の実売数量は、SIE調査による推計値です。日本は、2014年2月22日から2016年5月22日までの数値、北米は2013年11月15日から2016年5月21日まで、ラテンアメリカ、欧州は2013年11月29日から2016年5月21日まで、アジアは2013年12月17日から2016年5月22日までの数値です。
※プレイステーションストアの実売数量は、SIE調査による推計値です。日本は、2014年2月22日から2016年5月22日までの数値、北米は2013年11月15日から2016年5月21日まで、ラテンアメリカ、欧州は2013年11月29日から2016年5月21日まで、アジアは2013年12月17日から2016年5月22日までの数値です。追加コンテンツは含まれません。
※発売されるタイトルは地域によって異なります。
※プレイステーションおよびPS4は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。
※その他記載されている名称は各社の商標または登録商標です。
(C)2016 Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved.

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。