News

2016年6月16日(木)

『グラビティデイズ2』で新たなライバルキャラが登場。約50のサイドミッションを収録【E3 2016】

文:電撃オンライン

 米国ロサンゼルスで開催されている“E3 2016”会場で、PS4用ソフト『GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』のクリエイティブディレクター・外山圭一郎さんにインタビューを実施した。

『グラビティデイズ2』

 インタビューでは、会場で実際に試遊したユーザーの反応や、新システム、ストーリーボリューム、新たなライバルキャラクターなどについてお話をうかがった。

『グラビティデイズ2』

新たなライバルキャラの存在など、新情報が続々判明!

――今回のE3 2016で初めてプレイアブル出展されましたが、実際に遊ばれたユーザーの反応や感想はいかがですか?

 想像以上に好意的ですね。たぶん思っていたものよりも、派手なところは派手と言いますか、そういうところで「すごくいい」と言っていただいているので手ごたえを感じています。

『グラビティデイズ2』

――『グラビティデイズ2』を作るうえで、『1』での蓄積というのは大きかったですか?

 『1』の時は、基本となる重力アクションを確立する時に非常に時間がかかったので、そのベースがあるのは大きかったです。

 PS Vitaだったためできることが限られていたので、そのぶん堅実に作ることができました。今回PS4になったことで、そこに上乗せしていく形を取れたことが大きかったと思います。

――前作はPS Vitaならではのゲームだったので、PS Vitaで遊びたいというユーザーも未だに日本でも多いと思います。『2』のコントローラ操作になっての利点やメリットはありますか?

 コントローラ的なことよりも、大画面で遊べるところが利点ですね。

 PS Vita版を期待していただいた皆さんには申しわけありませんが、重力アクションとしての完成度は、PS4の性能の恩恵が大きかったことは映像を見ていただければわかっていただけると思います。

●動画:『GRAVITY DAZE 2』E3 2016トレーラー

――試遊させていただいて、出てくるNPCの多さや重力アクション時の周りの動きが大きく派手に見えたのですが、演出的に意識したことはありますか?

 はい。世界の広大さ、遠くまで一望できる風景、密度、そういっところはかなり力を入れました。

『グラビティデイズ2』

 例えば、雲はボリュームフォグを使って実際に流れています。『2』の開発初期くらいに「雲の中に入って行けたらいいよね」とダメ元というか、言うだけ言っておこうと言っていたんですが、スタッフが頑張ってくれて本当に実現してくれました。

『グラビティデイズ2』

――新たな重力アクションである“ルーナチューン”と“ユピトールチューン”を体験したユーザーの反応はいかがでしたか?

 ある程度想定していたことではありますが、一度使ってみて使いやすいと思った技を使っていただいているような傾向があります。

 こちらとしては敵との相性があるように作っているので、それに気づくと本当におもしろくなってきます。見ていると、試遊版のラスボスあたりで何かをつかんでくださった方もいらっしゃいました。

『グラビティデイズ2』

 ただ、ゴリゴリにゲーム性に寄せているわけではなくて、ある程度“ヒーロー感覚”で遊べる、フィーリングやなりきりの部分が大きいと思っています。イメージ通りにうまく切り替えと技がながった時は本当に楽しいと思うので、やり込んでいただければと思います。

――ボス戦のとどめの一撃“フェイタルムーブ”は今回もありますか?

 “フェイタルムーブ”は大ボスを倒す時に出るもので、毎回異なった演出が入るようになっています。

――オープニングデモではいろいろと意味深なシーンが確認できました。

 ゲーム序盤の興味がわきそうなシーンをいくつかピックアップして入れました。

 たぶん、街の世界観とはかけ離れた女の子がつかまっているシーンのことをおっしゃっていると思うのですが、あのシーンは中盤の山場的なところにかかわるエピソードです。どういう展開であのシーンに至るのかは、楽しみにしていただければと。

『グラビティデイズ2』

――ストーリーボリュームはあると思うですが、物語の起伏や緩急についてはいかがでしょうか?

 前作は、基本的にメインストーリーだけで構成されていたので、少しサイドに近い話もストーリーに入っていたのですが、今回はサイドミッションが約50個入ることになりました。

 本筋から離れるコメディタッチな話はそちらに振っていけるぶん、メインストーリーは世界の謎などに集中できているので、バラエティ感は格段に増えていると思います。

――サイドミッションでもイベントシーンのようなものが入ることもあるのでしょうか?

 はい。サイドといっても、ありがちなお使いのバリエーションといったものではなく、しっかりと起承転結のストーリーがあったり、それぞれ違う遊びがあったりと濃いものになっているので、期待していただければと思います。

『グラビティデイズ2』

――『2』ではクロウがパートナーとして出てきますが、キャラクターの深堀にも期待したいです。

 今回はキャラクター性にフォーカスしていくボリュームにできました。もちろん、まだまだ未発表のキャラクターもいますし、クロウがパートナーになってくれるということは、新しいライバルも登場します。

 そういったところの情報も今後続々と発表していきますので、ぜひご期待ください。

『グラビティデイズ2』

――最後に、海外での試遊が最初になってしまったので、日本のユーザーとしてはやきもきしてしまうこともあると思うのですが、日本のユーザーにメッセージをいただけますか。

 早く遊びたいところ本当に申しわけありません。日本での試遊はもちろんTGSがありますし、その前にもなんらかの機会を設けたいと思っています。やっぱり実際に触れていただけると違いが一目瞭然だと思うので、早くお届けしたいと思っています。

『グラビティデイズ2』 『グラビティデイズ2』
▲会場にはキトゥンのコスプレイヤーさんも!

(C)Sony Interactive Entertainment Inc.

データ

▼『GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』
■メーカー:SIE
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクションADV
■発売日:2017年1月19日
■希望小売価格:6,900円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。