News

2016年6月17日(金)

E3 2016に参加した日本のクリエイターの感想を掲載。気になるタイトルはどれ!?

文:電撃オンライン

 米国・ロサンゼルスにて、現地時間6月14日~16日に開催されているコンピュータゲームの祭典“Electronic Entertainment Expo 2016(E3 2016)”

“E3 2016”インタビュー

 イベント開催にあわせて、ハードメーカーやソフトメーカーはカンファレンスや動画配信を実施。さらに会場ではこれから発売されるタイトルを試遊できる。

 多くの日本のクリエイターは会場に足を運び、今後1年間のゲームを確認したり、業界の動向を調べたりしている“E3 2016”。今回は会場に来ていた日本のクリエイターへのインタビューを掲載する。

“E3 2016”インタビュー

 用意した質問は3つ。各社カンファレンスの感想、E3 2016の感想や気になったタイトル、読者へのメッセージだ。

 掲載は50音順。

アクワイア 遠藤琢磨さん

――各社カンファレンスの感想や、気になったタイトルを教えてください。

 マイクロソフトは緑の空間演出がカッコイイ感じ。発表の中では『Gears of War 4』のクオリティがダントツ。『Xbox One S』はコンパクトになった機体が結構いい印象でこれが最初から出ていれば、と思ってしまった。異色さでいえば『We Happy Few』。精神的な怖さがあって、ちょっと気になったタイトルだった。

 SIEのカンファレンスはクラシックな劇場にオーケストラも控えており、雰囲気からすごく対照的。ハードの発表こそなかったが、充実したゲームラインナップなど、さすがという感じ。『Horizon Zero Dawn』はやってみたいなぁと思った。オーケストラだけでなく、映像の投影などすごく凝っていて、クラシックな会場と最新の技術をあわせた全体の印象に“スゴイ”と感じさせる迫力があった。

 それにしても、海外のカンファレンスで思うところとしては……“ゾンビ”が好きなのねぇ。

――E3 2016の感想や、E3会場で気になったタイトルを教えてください。

 どのタイトルも年末に向けて気合が入っているのはもちろんであるが、E3会場でしか体験できないという意味では、サムソンのVR体験コーナーが見どころ。特にジェットコースターはびっくりした。というか本当に怖かった。

 完全に錯覚を起こして、「なんで360度回った感じに?」と不思議な状態だった。これって、せまい空間でも遊園地が作れちゃうんじゃないの?

“E3 2016”インタビュー

 『マフィア3』のブースはもっとも凝った作りで、昔のE3を思い起こさせるものがあった。E3の会場でいいところとしては、音がうるさくないこと。普通に会話もできるし、体験しているゲーム(ヘッドホン)に集中できるような配慮がされている。

“E3 2016”インタビュー

 任天堂のブースに朝から並んで、『ゼルダの伝説』を体験プレイ。さすがの操作感に、とにかく「素晴らしい」としか言いようがない。オープンな世界と雰囲気がよかった。

 SIEのブースで、『Days Gone』のデモを見たんだけど、続きが気になってしょうがない。

――国内のファンに向けて、メッセージをお願いします。

“E3 2016”インタビュー

 異彩を放っていたのは、ATLUSやMARVELOUSブース。欧米のゲームの中でも日本のコンテンツは目立っていた。MARVELOUSブースでは、アクワイアが発表した秋発売予定の新作タイトル『AKIBA’S BEAT』のプロモーション映像もこっそり出展。よろしくお願いします。

アクワイア 高野康太さん

――各社カンファレンスの感想や、気になったタイトルを教えてください。

 SIEのカンファレンスでは、『Days Gone』が気になりました。ゾンビの数がえらいことになっていたからです。

――E3 2016の感想や、E3会場で気になったタイトルを教えてください。

 『ペルソナ』がアメリカでここまで人気があるのか! と驚きました。純粋にすごいな、と思った次第です。

 あとは『ウォッチドッグス』がすごく好きなので、『2』が楽しみです。ただ、試遊台はクローズドな場所だったので、実機プレイを見ることができなかったのが残念です。試遊台に並ぶ時間もなかったので……。

――国内のファンに向けて、メッセージをお願いします。

 実は『AKIBA’S BEAT』も、北米版のパブリッシャーであるXSEEDのブースで映像出展していました! 今回のE3で発表された海外のAAAタイトルと比べると、やはり見劣りすることもあるかと思いますが、きっちりと日本人が作る、日本のセンスのゲームとして、楽しいゲーム体験を届けられるようにブラッシュアップを重ねていきますので、楽しみにしていてくださいね!

インティ・クリエイツ 會津卓也さん

――各社カンファレンスの感想や、気になったタイトルを教えてください。

 カンファレンスは参加していません。

――E3 2016の感想や、E3会場で気になったタイトルを教えてください。

“E3 2016”インタビュー

 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』はシームレスなフィールド内で、風を感じられる作りになっていました。特に火計で枯草を燃やして敵をせん滅すると言った遊びが自由にできる作りはとても楽しく、このシステムだったらこう言った地形や、こう言ったギミックで遊ばせられそうだなと、遊びながら考えさせられたのが印象深いです。

 会場全体からは、出展社が少ない印象を受けました。コンソールが中心のショウだけに、年々寂しくなって行く感じです。モバイルメーカーを巻き込んで、規模の拡大を続けるTGSの方針の違いを感じます。

――国内のファンに向けて、メッセージをお願いします。

 E3と同日に近所で開催されているMedia Indie Exchangeに参加しましたが、まだまだ、コンソールで新しいゲームを提案したい方々が集まっていて熱気を感じました。

 AAAタイトルとIndieに二極化が進んだ後、Indieからメジャーに進むチームが増えて、その間を埋める存在になってきている感じを受けました。日本にもその様な風が吹くと、楽しいゲームが増えてくるのだろうなと思います。

コーエーテクモゲームス 早矢仕洋介さん

――各社カンファレンスの感想や、気になったタイトルを教えてください。

 どのカンファレンスもハードでなく、ソフトが主役となっていて、しかもどれも個性のあるタイトルが多いのが印象的でした。

――E3 2016の感想や、E3会場で気になったタイトルを教えてください。

 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』です。今までの『ゼルダの伝説』のアタリマエが徹底的に見直されており、非常に衝撃を受けました。ある程度長い時間試遊させてもらったのですが、もっともっとプレイしてみたいと思わせるタイトルでした。

――国内のファンに向けて、メッセージをお願いします。

 『仁王』に関して、β体験版を8月に実施します。より完成度をあげておりますので、α体験版を遊んでいただいた方、まだ遊ばれていない方、ぜひこの機会に“戦国死にゲー”の『仁王』を体験してみてください!

スクウェア・エニックス 片野尚志さん

――各社カンファレンスの感想や、気になったタイトルを教えてください。

 マイクロソフトのカンファレンスに参加したのですが、参加されていた皆様の熱狂度がすごく、ストリーミングで見るのとは違う雰囲気でその熱狂を楽しみつつ参加しました。発表されていたタイトルで気になったタイトルは、映像のすごさとしては『Gears of War 4』、プラットフォームを超えた共有プレイを実現という点で一緒に遊ぶ環境が広がり楽しめそうと思った『Minecraft』に興味を持ちました。

――E3 2016の感想や、E3会場で気になったタイトルを教えてください。

“E3 2016”インタビュー

 取材対応でじっくり会場を回っていませんが、VRをいたるところで見かけてVR熱の高さを感じました。

――国内のファンに向けて、メッセージをお願いします。

 『FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE』は、いい思い出として残っている方にはさらにいい体験をしてもらうこと、進めづらいと感じた方はその思い出からいい体験に変えること、また、新しく遊ばれる方にはオープンワールドとは違う丁寧に作りこまれた世界で、新鮮な体験として楽しく遊んでいただけることを目標にして、映像、音、遊びやすさを改良しておりますのでぜひお楽しみにしてください。

スクウェア・エニックス 加藤弘彰さん

――各社カンファレンスの感想や、気になったタイトルを教えてください。

 カンファレンスのトレーラーを観てその荒廃感にぞくぞく来たのと、ブースがお隣だったこともあり『バイオハザード7 レジデント イービル』がとても気になります。日本に戻ったら早速、体験版をプレイしてみます!

――E3 2016の感想や、E3会場で気になったタイトルを教えてください。

 VR熱の高さはもちろんのこと、新ハードや新タイトルの発表が盛りだくさんで、ゲーム市場のさらなる勢いを肌で感じました。今後がとても楽しみです。

――国内のファンに向けて、何かメッセージがありましたらご記入ください。

 『FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE』は、現世代の映像およびサウンドの表現技術を導入しています。それによってPS4用ゲームとして遜色ない品質であるのはもちろんのこと、より遊びやすくするためのさまざまな改良を行い、RPGの醍醐味であるキャラクター育成の楽しさや世界を冒険している感を、存分に味わっていただけます。今後の続報にご期待ください。

スクウェア・エニックス 齊藤陽介さん

――各社カンファレンスの感想や、気になったタイトルを教えてください。

 MS、SIEのカンファレンスともに刺激的な内容でした。まだまだコンシューマも捨てたもんじゃないなと。中でも昨年同様に『Horizon Zero Dawn』は「早く遊びたいぞ!」と感じさせてくれる内容でした!

――E3 2016の感想や、E3会場で気になったタイトルを教えてください。

 正直、ずっと取材対応でまったく他を見れていません。日本では何が評判だったのか帰国してから情報収集したいと思います!

――国内のファンに向けて、メッセージをお願いします。

 昨年のE3同様、各国のメディアさんに「褒め殺しか?」と思うほど期待されている『NieR:Automata』ですが、仮に“褒め殺し”だったとしてもその期待に負けないような仕上がりで皆様にお届けできるようにヨコオタロウ、田浦さんを始めとしたスタッフ一丸となって頑張りますので応援宜しくお願いいたします。

スクウェア・エニックス 藤本則義さん

――各社カンファレンスの感想や、気になったタイトルを教えてください。

 SIE E3カンファレンスの『Detroit Become Human』です。プレイヤーの行動次第でどんどんお話が変わっていくスタイルのゲームで、これぞゲームだからできる体験だなと感じました。『ライフ イズ ストレンジ』同様にこの手のゲームジャンルが今後増えていくと感じました。

――E3 2016の感想や、E3会場で気になったタイトルを教えてください。

 WiiUの『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』です。グラフィックの新たな挑戦、アクション性の進化を強く感じました。30周年を記念する素晴らしいゲームになっていると感じました。

――国内のファンに向けて、メッセージをお願いします。

 『ドラゴンクエストビルダーズ』は世界中のゲーマーの注目を集めていると実感しました。自由にモノ作りを楽しむサンドボックスの要素と『DQ』のようにストーリー展開していくRPGの要素が融合した新しい遊びを世界に広めていきたいと思います!

スクウェア・エニックス 安江泰さん

――各社カンファレンスの感想や、気になったタイトルを教えてください。

 タイトルとは違いますが、SIE E3カンファレンスの舞台演出が一番印象に残りました。これまでのカンファレンスの雰囲気は違って、生オーケストラを使ったり、大画面の床や横から垂れている布に映像を流したり、とても芸術的! 過去と決別して、新しいことに挑戦する覚悟のようなものを感じました。

――E3 2016の感想や、E3会場で気になったタイトルを教えてください。

 会場のゲームファンやメディアがとてもストレートで情熱的! 感動したら大声で叫び拍手したり、メディア取材では遠慮はなく意見や聞きたいことを直球で投げてきたり、開発したゲームへの反応がストレートに伝わってくるので、開発の参考になりました。

 『キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ』の映像イベントでも『KH』ファンのいかついお兄さんが「アイ・ラブ・ユー!」と大声で叫んでいたので、感謝の気持ちを込めて「アイ・ラブ・ユー!」と大袈裟に返しておきました(笑)。

――国内のファンに向けて、メッセージをお願いします。

“E3 2016”インタビュー

 2016年12月の発売に向けて『キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ』を絶賛開発中です! 『KHIII』のストーリーに繋がっている新規のストーリーが楽しめ、これまでの『KH』のルックやプレイ感覚を大きく進化させているので、楽しみにしてください!

スパイク・チュンソフト 本間覚さん

――各社カンファレンスの感想や、気になったタイトルを教えてください。

 弊社ビジネスの関係上、マイクロソフトさんとSIEさんのカンファレンスしか出席していませんが、純粋にゲーマーとしてプレイしたくなったのは、Xbox One/Windows 10用ソフト『Sea of Thieves』でした。ゲーマーをスタジオに呼んで実際にプレイしてもらった映像を流すという手法が、自由なゲーム性の魅力をより引き立ててくれたと思います。

――E3 2016の感想や、E3会場で気になったタイトルを教えてください。

 VRタイトルで溢れる中、一番最初に向かったのはもちろん『バトルフィールド1』! Biowareさんのご好意で、EA Playでプレイさせてもらえました。結果は64人対戦でチーム勝利&スコア2位を獲得! 完成された『バトルフィールド4』からの進化ってそうそう簡単ではないのでは……と思っていましたが、プレイするとそんな不安は一瞬で吹き飛びましたゼ! 今年の10月はとんでもない洋ゲーラインナップが控えてますが、自分の中では『バトルフィールド1』一択です!

――国内のファンに向けて、メッセージをお願いします。

 これからもバリバリ最先端の洋ゲーを日本にお届けしますので、ご期待ください!

セガ 飯塚隆さん

――各社カンファレンスの感想や、気になったタイトルを教えてください。

 マイクロソフトさんはスリムになった新『Xbox One S』を$299という手頃な価格で発売することを発表したり、2017年にパワフルなXbox Oneを提供する予定であることを告知したりと話題性のあるカンファレンスでした。

 さらに盛り上がった印象があるのは、充実したラインナップとVRの展望を紹介したPlayStationカンファレンスです。個人的には『STAR WARS』ファンなので、VRでXウィングが体験できる『Star Wars バトルフロント: X-Wing VR Mission』の発表には興奮しました。

――E3 2016の感想や、E3会場で気になったタイトルを教えてください。

 会場に行った皆さんが感じられていることだと思いますが、今年は例年に比較して会場自体への出展メーカーが減り、多少寂しい印象を受けました。VR関連の発表には世間の期待を感じましたが、やはり、新ハードの発表があればより盛り上がったのではないでしょうか。

 また、北米では人気のある3DSタイトルが、日系パブリッシャーからしか出展していなかった点については、E3の特異性を感じます。

――国内のファンに向けて、メッセージをお願いします。

 今年のE3でセガは、アトラスの『ペルソナ5』とともに『Yakuza0(龍が如く0 誓いの場所)』『ソニックトゥーン ファイアー&アイス』などを出展し、遊んでいただいた方々から高い評価をいただきました。

 『ソニックトゥーン ファイアー&アイス』は、6月25日に東京ジョイポリスで開催される“ソニック25周年アニバーサリーパーティ”の会場で、国内で初めて体験版が遊べますので、ぜひ足を運んでみてください。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント 外山圭一郎さん

――各社カンファレンスの感想や、気になったタイトルを教えてください。

 SIEプレスカンファレンスでの怒涛の新作ラッシュに驚愕! あれもこれも全然知らなかった!(笑) 『God of War』での地響きがするかのような大歓声が忘れられません。

――E3 2016の感想や、E3会場で気になったタイトルを教えてください。

 画面の美しさと、粋なブースとで『ABZU』が印象的でした。そして『BOUND』のぶっとんだ世界観とキャラクターデザイン、踊るようなアクション。よく見ると技術的にもかなりすごいことをやっている……としばし目が釘付けになりましたが、どれだけ見てもどんなゲームかさっぱり分からないのがすごいです(笑)。

――国内のファンに向けて、メッセージをお願いします。

 『GRAVITY DAZE 2』制作もラストスパート! 今回は海外での試遊出展でしたが、できるだけ早い機会に日本の皆様にも体験いただけるようにしたいです。これから新情報もどんどん出していきますので、ご注目ください!

バンダイナムコエンターテインメント 原田勝弘さん

――各社カンファレンスの感想や、気になったタイトルを教えてください。

 『Injustice 2』は気になりますね。発表前にリークされて、開き直って公式アナウンスしちゃうあたりはE3の醍醐味と言えます。

――E3 2016の感想や、E3会場で気になったタイトルを教えてください。

 今年はEAとアクティビジョンが出展しないというニュースになっていますが、正確には少し違います。彼らは狙いあって会場外に大きく出展しているんですよ。その狙いについては次週、私原田がお伝えします。(「しません」BNE担当者記)

 See you next week guys!

――国内のファンに向けて、メッセージをお願いします。

 いやー、E3では『鉄拳7』に国内では『サマーレッスン』の製品化発表で問い合わせが殺到しそうな予感ですが、とにかく『The Walking Dead(ウォーキング・デッド)』シーズン6のと『Game of Thrones(ゲーム・オブ・スローンズ)』シーズン6の話の行方が気になってしょうがないです。

ブッコロ ヨコオタロウさん

――各社カンファレンスの感想や、気になったタイトルを教えてください。

 会場ではインタビュー漬けで会場もあまり見られず、カンファレンスには参加せず、ストリーム放送も見ず、夜はホテルで『ニーア』のシナリオを書いてました……が、きっと『Horizon Zero Dawn』、『ゼルダの伝説』、『大鷲のトリコ』は素晴らしかったに違いありません。多分。

――E3 2016の感想や、E3会場で気になったタイトルを教えてください。

 今年のE3は、目玉タイトルがどうこうというより、全体のクオリティが一気に底上げされた感じがしました。あまり知られていないタイトルでもよくできている物が多く、今世代までゲーム業界で生き延びてしまったことを後悔しています。

――国内のファンに向けて、メッセージをお願いします。

 『NieR:Automata』の新しい映像を出した気がするのでお時間がある時でも見ていただければ~。

プラチナゲームズ 稲葉敦志さん

――各社カンファレンスの感想や、気になったタイトルを教えてください。

 マイクロソフトカンファレンスでは、ようやく『Scalebound』の実機プレイをお見せすることができたので、もうそのことだけで頭がいっぱいでした。神谷がステージ上でスピーチをかまないかどうかも心配でしたからね。お見せできたプレイ映像も評判がいいようでホッとしています。

 SIEのカンファレンスは、ものすごく楽しめました。冒頭から『God of War』を出してくるとはまったく思いもよらず大変驚きましたし、何よりもあのPVの作りや演出が非常に洒落ており、あれで一気にSIEカンファレンスの世界に惹きこまれてしまいした。

 そこからはもうサプライズの連続という怒涛の展開で……さまざまな驚きや楽しみを感じましたが、タイトル群の中でもっとも気になったのはQuantic Dreamが発表した新作『Detroit Become Human』です。ストーリーゲームに定評のあるデベロッパーなので、お話のおもしろさは当然として、インタラクティブにストーリーを分岐させるシステムをどのように構築しているのか非常に興味が湧きます。

 あのような途中分岐システムに挑戦したゲームはたくさんありますが、おもしろさと遊び応えをきちん両立できたタイトルは未だ存在していないと思っていますので。早く遊んでみたいですね。

――E3 2016の感想や、E3会場で気になったタイトルを教えてください。

 会場の第一印象は、静かだな……という感じ。今年は大手数社がブース出展を見合わせたため、E3独特の“力こそすべて”という空気はなく、かといって活気がないわけでもないという不思議な空気に包まれています。会場スペースにも余裕があり、そこかしこがゆったりした感じ。これまでのE3ではちょっと考えられないですね。

 これって「何かと雰囲気が似ているなあ?」と考えていたのですが、ライプツィヒで開催されていた黎明期のGamescomの空気感と通ずるものがあると思い当たりました。来年からのE3は活気がなくなり存在感も失われてゆくのか、それとも異なる空気でリブートさせてゆくのかわかりませんが、今年はその分岐点のような気がします。

 会場出展タイトルについては、あまり目を惹くものはありませんでした。タイトルのおもしろさという話ではありませんが、SIEブースで見た『FURI』というゲームの制作者と話をする機会があり、日本のゲームとゲームクリエイターを大変リスペクトしてくれていたことを大変うれしく感じましたし、「まだまだ僕たちも頑張って存在感出していかないと!」という刺激にもなりました。

――国内のファンに向けて、メッセージをお願いします。

“E3 2016”インタビュー

 今年のE3では『Scalebound』『NieR:Automata』について無事に新情報を出すことができ、大変うれしく思います。今の僕たちはこの2つのタイトルを成功させることしか考えていませんし、それがプラチナゲームズにとってさらに新しいステージに繋がる道だと信じています。皆さまの応援に応えられるよう、頑張ります。

プラチナゲームズ 神谷英樹さん

――各社カンファレンスの感想や、気になったタイトルを教えてください。

 Xbox One、プレイステーション4両陣営ともに、バラエティあふれるタイトルを発表して、ゲーム業界がおおいに盛り上がることを確信させてくれるカンファレンスだったと思います。また、毎年際立ってクオリティの高い作品があり、それは今年も例外ではないのですが、今回はその水準がさらに跳ね上がり、特に海外勢のフォトリアルな方向での表現力は、日本国産作品の追随を容易に許さない、はるかな高みに達したと実感させられました。

 そんな中でも、自社フランチャイズを着実に発展させて、強い存在感を示したカプコンには、僕はすでにその一員ではありませんが、同じ日本の開発者として頼もしさを感じました。

――E3 2016の感想や、E3会場で気になったタイトルを教えてください。

“E3 2016”インタビュー

 ひとつひとつ挙げ始めたらきりがないのですが、ここでは敢えてオリジナル作品ではなく、シリーズ化したタイトルの最新作となる『バイオハザード7 レジデント イービル』を挙げたいと思います。

 これだけ看板が巨大化すると、そのシリーズを待ちわびるファンのそれぞれの頭の中に「この作品ははこうあってほしい」という自分だけの作品像ができ上がり、開発陣はその幻影との戦いを強いられます。『バイオ』にももちろんファンによる“バイオ像”の存在が付きまとい、新作が出るたびに形のない物差しで測られ続けてきたわけですが、今回発表された最新作は、その亡霊に怯えることなく、作り手の「我々はこれが作りたいんだ」という強い想いがそのまま形になっていて、僕は開発者の立場から、感動と尊敬の念を覚えました。

――国内のファンに向けて、メッセージをお願いします。

 今回は自分自身の最新作である『Scalebound』も出展させていただいたのですが、他の素晴らしい作品の勢いに揉まれて、気持ちが引き締まる思いでした。皆さんに満足してもらえるものをお届けできるよう、残された開発期間を頑張りたいと思いますので、楽しみに待っていてください。

プラチナゲームズ 田浦貴久さん

――各社カンファレンスの感想や、気になったタイトルを教えてください。

 PlayStation Press ConferenceでのPlayStation VRの発売日発表が一番でした。絶対買います。ソフトでは、各社ともに気にならなかったタイトルがないです。

――E3 2016の感想や、E3会場で気になったタイトルを教えてください。

 長く開発されていたタイトルがずらりと出そろっている感。相変わらずの賑わいで会場の熱気はすごかったです。以前から気にかけていた『ReCore』だけは仕事の合間に見に行きました。Xbox One、これの為に買います。

――国内のファンに向けて、メッセージをお願いします。

 現在制作中の『NieR:Automata』も、新しいトレーラーとともに情報を出させていただきました。ぜひとも、チェックしてみてください!

(C)Nintendo
(C)Disney Developed by SQUARE ENIX
(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。