News

2016年6月17日(金)

『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』遊木真役・松村泰一郎さん&衣更真緒役・谷水力さんインタビュー

文:電撃Girl'sStyle

 先日リリース1周年を迎えた大人気アプリ『あんさんぶるスターズ!』。本作の舞台版である『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』が、6月18日からAiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演されます。そこで、連日稽古に励まれている遊木真役・松村泰一郎さんと衣更真緒役・谷水力さんにたっぷりとお話を伺いました。電撃Girl’sStyle7月号に掲載されたインタビューの完全版です! とっても仲よしなお2人のやりとりに注目してくださいね♪

『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』遊木真役・松村泰一郎さん&衣更真緒役・谷水力さんインタビュー

――『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』に出演が決まったときの率直なお気持ちは?

松村さん:1番最初に思ったのは僕自身が「楽しめたらいいな」でした。作品のなかには自分を追いつめていくことが結果としていいものになるものもあるのですが、『あんスタ!』はきっとそれだけじゃなくて、全力で楽しんでいい作品なんだろうなと思いました。だから、とにかく楽しみですし、それと同時に遊木真を演じるといううれしさやプレッシャーも感じましたね。

谷水さん:僕、じつは以前から『あんスタ!』を知っていたんですよ。姉が作品のファンで、去年の秋頃にやっていたアニメイトカフェに一緒に行ったんです。だから、出演のお話をいただいたときに「あれじゃん!」と思って(笑)。すごくびっくりしましたし、うれしかったです。でも、僕自身が初めての舞台ということもあり、「僕で大丈夫かな? 原作や梶裕貴さんのファンの方にどう思われるかな?」という不安もありましたね。

松村さん:そうだよね。しかも、ストーリーがしっかりしている作品だから、キャラクターをまっとうしないといけないって責任を感じました。

――ご自身の役柄についてどう思っていますか? また、どうやってキャラクターを掴まれましたか?

谷水さん:真緒は世話焼きというか、お兄さん的存在ですよね。みんながわちゃわちゃしているところには自分からは入っていかないんですけど、なにかあると「面倒だな~」って言いながらも、やっぱり手を差し伸べる。本当に仲間想いで、Trickstarの一員だという自覚を持っています。だけど、ユニットと敵対する生徒会にも入っているから、自分の立ち位置には葛藤があると思うんですけど……。

 じつは僕、真緒とはいろいろ共通点があるんです。僕も中学3年間バスケ部でしたし、ギターも好きで中3の頃からずっと弾いているんです。あと、前髪のポンパドール! 出演のお話をいただく前からポンパドールにした写真をTwitterに上げていたので、真緒を見たときに「おお!」と思いました(笑)。

松村さん:(真緒役を)引き寄せたねー。

谷水さん:そうでしょ(笑)。似ているところも多いのですが、僕は末っ子なので、どちらかというと甘える方なんですよ。でも、だからこそ「頼りたい存在ってどんな人?」と、自分なりに考えながら真緒を模索しています。

松村さん:真はいろんなものを内側に抱えていますよね。だから、その反動で行動に出たり、逆に動けなかったり……。明るい部分とトラウマを抱えている部分を舞台上でどう表現しようかなと考えています。難しいですけど、やりがいがありますね。あと、僕、ダンスがあんまり得意じゃないんですよ。スタジオにこもって24時間練習したほうがいいのかなと、それこそリアルに真みたいに考えちゃう(笑)。

谷水さん:そして、真緒は心配だからって真につき合いますね(笑)。真緒はダンスが得意ですけど、僕はちょっと苦手で……。実際に、まっつー(松村さん)と一緒に練習していますし、明星スバル役の小澤廉くんが上手なので、教えてもらうこともありますね。

松村さん:リアルTrickstarです(笑)。ねえ、やっぱり真と真緒は「ズッ友」だよね?

谷水さん:「ズッ友」ですね(笑)。舞台でそれを見せられたらいいなって思っています。

『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』遊木真役・松村泰一郎さん&衣更真緒役・谷水力さんインタビュー

――お2人の初対面だったビジュアル撮影のご感想は?

松村さん:衣装の再現度に驚きました。原作に対するこだわりを感じたので、袖を通すときは緊張しましたね。

谷水さん:アクセサリーもすごく精密でしたし、身につける角度や長さを何度も調整したよね? それだけ原作を大事にしている作品なんだなって思いました。

松村さん:うん。だから、作ってもらったものを着て、舞台上で輝けるようにしないと、という責任感も生まれました。それと同時に、この衣装なら大丈夫だなって勇気をもらいましたし、背中も押してもらいましたね。

谷水さん:こんな衣装やウィッグを着けるのも、ビジュアル撮影も初めてで。新鮮な驚きとうれしさがありましたね。僕はきっと今、三次元から二次元に向かっているんだって(笑)。

松村さん:すごくハードル上がったよ?(笑)

谷水さん:あはは! 本当に鏡で自分の姿を見たときはスイッチが入りましたし、期待に添えるように撮らなきゃって思いました。

松村さん:僕たち、ツーショットも撮ったよね? あのとき、どう思ってたの?(笑)

谷水さん: 僕、先輩には恐縮しちゃうタイプなんですけど、まっつーは壁がない感じで接してくれて、いい人だなって思いました。まっつーでよかったなって。

松村さん:力くん、もっと言って?(笑)

谷水さん:(笑)。だから、真と真緒の仲のよさが出せているんじゃないかなと。

松村さん:うれしいですね。僕は活動のほとんどが舞台なので、力くんが初舞台だということもあって一緒に楽しんでやりたくて。舞台を好きになってくれたらいいなあって個人的には思ってますね。

谷水さん:そういうところ! そういう考え方が素敵!

『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』遊木真役・松村泰一郎さん&衣更真緒役・谷水力さんインタビュー

――では、稽古の様子を教えてください!

谷水さん:Trickstarでは小澤廉くんと、氷鷹北斗役の山本一慶くんは共演したことがあるそうなんですけど、僕らは2人とも完全に初めてで。僕、1番年下だしみんなとどう接したらいいかなあって思っていたのですが、知らない間に仲よくなって、そのままの感じで稽古ができています。なんでも言い合えるし、いい緊張感もありますね。

松村さん:稽古場の雰囲気は、楽しくて全然固さがないです。稽古では歌、ダンス、お芝居を同時に進めていて。お芝居の部分では、自分のセリフがないところでリアクションをしたり、「どうする?」って視線を交わしたりっていうのをわりと序盤の方からできていますね。自分がここにいていいんだなあって思いますし、受け止めてもらえているようでうれしいです。

谷水さん:僕は、セリフがない場所での立ち居振る舞いはまだ模索中で。

松村さん:言ってたね。探してるんですって。

谷水さん:うん。廉くんも言ってたんですけど、ゲームだと画面上のキャラクターしか見られないけれど、それ以外の人がリアクションをしているのを見られるのが舞台だって。そこは注目していただきたいですね。

松村さん:もしかしたら、Trickstarも自分のありかたを探してるのかなあ? って思うと、僕たちもずっと探し続けたいよね。

谷水さん:みんなで作っていってるよね。

松村さん:Trickstarが何もないところから始まって、なりふり構わず進んで行くところとか、実際の稽古場でも一緒だよね? 結構自由にやらせてもらってるじゃん?

谷水さん:うん(笑)。スバルと真は原作でもボケとツッコミで、遊べる部分では廉くんとまっつーがアドリブを入れるから「おもしろいな」って見ていて。

松村さん:スバルと真がふざけたあとは、だいたい北斗のセリフなので、一慶くんには申し訳ないなと思いながらも楽しんでます(笑)。

――歌やダンスは作中にどう出てきますか?

谷水さん:ミュージカルみたいな感じではなく、アイドルとして歌って踊ります。まさに、ユニットのライブとして楽しんでいただけるようになっていますね。舞台の半分くらいはライブを見る感覚じゃないかなと思うくらいのボリュームがあります!

松村さん:そうだね。個人的に、ライブでは暗い中でペンライトが光って揺れている景色を見られるかもしれないというのも楽しみですね。きっと綺麗だろうなあ。原作だと、サイリウムの数や色が評価になるじゃないですか? だから、きっと気になっちゃうと思います(笑)。みなさん、サイリウムをぜひ振ってください、お願いします!

――舞台ではいろいろなキャラクターと対話すると思いますが、気になるキャラクターはいますか?

谷水さん:大神晃牙と乙狩アドニスですね。僕、大神晃牙役の赤澤遼太郎くんと、乙狩アドニス役の瑛くんと同い年で、台本の読み合わせのときに話しかけてもらったんです。2人にはすごく仲よくしてもらってますし、UNDEADとは絡みも多いですしね。最近は、みんなで一慶くんに教えてもらったおいしいご飯屋さんに行きました。

松村さん:僕はあの人ですね……やっぱり避けては通れないですよねえ? 真の闇の部分をえぐってくる人ですからね。……いず……あ、名前言っちゃった!(笑) 泉は気になっているというか、避けられないです。瀬名泉役の高崎翔太くんとは今回初共演なので、探り合いながら作っていきたいです。あとは、晃牙かな。彼にも作中でかなりしごかれるので(笑)。この2人とのシーンはとても楽しみですね。

――千秋楽はライブビューイングが決まりましたね。

谷水さん:本当に驚きで! 国内だけじゃなく海外でも上演されるって聞いて、それだけ注目していただいているんだなと。いっそう気合いが入りましたし、高ぶりました。

松村さん:すごく楽しみだよね。まだいまいち実感が沸かないのですが、舞台で生きているTrickstarをたくさんの人に見てもらえることがうれしいです。

『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』遊木真役・松村泰一郎さん&衣更真緒役・谷水力さんインタビュー

――舞台を楽しみにしているファンへのメッセージや、意気込みをお願い致します。

谷水さん:稽古をする度にどんどんTrickstarになっていく……ほかのユニットもそうだと思うんですけど、ユニットの結束が強くなってきています。舞台は生なので、1回1回の公演で多少なりと差が出ると思います。1度見ても、また来たいなって感じていただけるような舞台に僕はしたいですし、みんなで作っていきたいと思っています。楽しみにしていてください!

松村さん:作品の大きなポイントでもある「青春」は、誰もがきっと通っているし、今、通っている最中の人もいるかと思います。楽しいことだけじゃなく、どこかで苦しんでいるところもある……。そんな男の子たちの“青春”を、みなさんも一緒になって感じてもらえたらいいなって思います。そのために、僕たちも本当に“青春”したいなと。あとは、やっぱりライブですよね! 会場のみなさんが一緒になって、ひとつの空間を作りたいです。「見なきゃ」って肩肘を張らずに、気軽な感じで見にきてもらえる舞台だと思いますので、一緒に楽しんでいきましょう!

公演概要

『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』

■原作:『あんさんぶるスターズ!』Happy Elements K.K
■脚本:赤澤ムック
■演出:宇治川まさなり
■出演:
[Trickstar]
 明星スバル役/小澤 廉
 氷鷹北斗役/山本一慶
 遊木 真役/松村泰一郎
 衣更真緒役/谷水 力
[UNDEAD]
 大神晃牙役/赤澤遼太郎
 朔間 零役/小南光司
 羽風 薫役/奥谷知弘
 乙狩アドニス役/瑛
[紅月]
 鬼龍紅郎役/上田堪大
 蓮巳敬人役/小松準弥
 神崎颯馬役/樋口裕太
[流星隊]
 南雲鉄虎役/小西成弥
[Ra*bits]
 紫之 創役/櫻井圭登
[2wink]
 葵 ひなた役/山中健太
 葵ゆうた役/山中翔太
[Knights]
 瀬名 泉役/高崎翔太
 鳴上 嵐役/北村 諒
■劇場:AiiA 2.5 Theater Tokyo
■公演日程:6月18日~26日(20日は休演)
[公式サイト]http://www.marv.jp/special/ensemble_stage/
[公式Twitter]@ensemble_stage

千秋楽公演のライブビューイング開催決定!!

■日時:6月26日 17:00~
■チケット:3,600円(税込)
■一般発売:6月12日10:00~
 [インターネット購入]http://w.pia.jp/t/ensemble-lv/
 ※PC・MB共通。[店頭直接購入]チケットぴあ店舗/サークルKサンクス/セブン-イレブン
■会場:全国60館&海外2カ所で上演

※映画館の詳細は公式サイトでご確認ください。

(C)2016 Happy Elements K.K/あんステ製作委員会

データ

関連サイト

電撃Girl'sStyle

最新号紹介

  • 電撃Girl’sStyle3月号

     電撃Girl’sStyle3月号表紙画像

    2017年2月10日発売/特別定価980円


    【スペシャル付録】
    ★『あんさんぶるスターズ!』&『ユーリ!!! on ICE』両面B2ポスター
    表紙を飾る『あんスタ!』と、オフショット風の『ユーリ!!! on ICE』のイラストを両面にあしらった、スペシャルなポスター♪

    【巻頭特集『あんさんぶるスターズ!』】
    Switch初表紙記念ということで、今月は『あんスタ!』を8ページで特集します!

    【ハートを伝えて・ハッピーバレンタイン特集】
    ガルスタだけの描き下ろしイラストやショートストーリーが満載です!!
    『DIABOLIK LOVERS』シリーズ
    『ドリフェス!』
    『ボーイフレンド(仮)』シリーズ
    『遙かなる時空の中で3 Ultimate』
    『夢王国と眠れる100人の王子様』
    『罪喰い~千の呪い、千の祈り~ for V』
    『スタンドマイヒーローズ』
    『プリンス・オブ・ストライド』
    『A3!(Act! Addict! Actors!)』
    『アイ★チュウ』
    『茜さすセカイでキミと詠う』>
    『輪華ネーション』

    >> 詳細はこちら