News

2016年6月17日(金)

『ウォッチドッグス2』のマーカスと協力プレイに迫る。前作主人公・エイデンは登場するのか?【E3 2016】

文:電撃オンライン

 米ロサンゼルスで開催された“E3 2016”会場で、PS4/Xbox One/PC用ソフト『Watch Dogs2(ウォッチドッグス2)』のゲームディレクター・DANNY BELANGENさんにインタビューを行った。

『Watch Dogs2』
▲ゲームディレクターのDANNY BELANGENさん。

 インタビューでは、舞台がシカゴからサンフランシスコに変わった理由や、主人公マーカスのキャラクター性、ドローンやラジコンカーの活用方法、協力プレイについてお聞きした。

ラジコンカーはアップグレード可能。前作主人公は登場するのか?

――『ウォッチドッグス2』では、舞台がシカゴからサンフランシスコに変わりましたが、改めてその理由を教えてください。

 たくさんの理由があるのですが、1つはサンフランシスコがソーシャルメディアやサーチエンジン、AIなど、いろいろなテクノロジーの発生の地であること。

 もう1つは、街自身がカラフルで明るいので、いろいろな意味でカラーチェンジできると思い、シカゴとは違ったトーンのサンフランシスコを選びました。

『Watch Dogs2』

――主人公のマーカスはどういったキャラクターですか? 性格、身体能力、過去に何をしていたのでしょうか?

 マーカスはカリスマ性がある人物で、友だちもたくさんいて社交性もあり、テクノロジーに対してもものすごく長けています。

 『1』のエイデン・ピアースは孤独系のキャラクターでしたが、今度はグループで仲間と一緒に行動していく主人公です。プレイヤーには、新しい世界観や1人ではなくグループで行動する時間を楽しんでいただきたいと思います。

『Watch Dogs2』

――ハッカーグループ“Dedsec”の3人はどういう関係なのでしょう。学友だったのでしょうか?

 まだはっきりとしたことは言えませんが、すごくいい友人で、ある部分を共有しているハッカー仲間ですね。

『Watch Dogs2』

――今回も乗り物をハッキングして拝借できると思うのですが、今作ならではのユニークな乗り物はありますか? 映像ではヨットがありました。

 ヨットはもちろん、オペレーティングシステム“ctOS”で管理されているありとあらゆるものを動かせます。

 ミッションを遂行するにあたっては、実際にその場所に行かなければいけないわけではなく、ある程度の範囲内にあるものを動かすことによって、ミッションを遂行することができます。

『Watch Dogs2』

――PVの中でドローンやラジコンカーのようなものが出てきたのですが、それらはどのように使うのですか。

 ラジコンカー(リモートコントロールジャンパー)は、主人公の代わりとして動かせるもので、離れている場所にあるものを操作したり、見たり、音を出して注意をひきつけたりできます。

 ジャンパー自身のアップグレードもどんどんできるので、できることが増えていきます。ドローンもインタラクティブに動くので、これらを使ってミッションを達成していきます。

『Watch Dogs2』

――今作にもデジタル・トリップはありますか?

 同じものではないですが、ありますよ。

――協力プレイ、マルチプレイについて教えてください。

 フリーローミング中であればいつでも協力プレイが可能で、Co-opミッションがあります。マーカスのストーリーラインに沿ったストーリーミッション中は、シングルプレイのみとなります。他の要素については、まだ言えません。

『Watch Dogs2』

――最後の質問です。答えられないとは思いますが、前作の主人公エイデンは登場します?

 ハハハ、言えません(笑)。

――わかりました。本日はありがとうございました。

●動画:『WatchDogs2』Gameplay Walkthrough‐E3 2016

(C) Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Ubisoft, Ubi.com and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U.S. and/or other countries.

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。