News

2016年6月30日(木)

『マジカルデイズ』はRPG的育成要素も搭載予定!? 作品の秘密に迫る開発者インタビューをお届け

文:電撃Girl'sStyle

 豪華クリエイター陣が話題のサイバード新プロジェクト『マジカルデイズ』。先日公開されたPVも話題の本作より、スタッフインタビューが到着。まだまだ謎の多い『マジカルデイズ』の世界観が見えてくるかも?

『マジカルデイズ』開発者インタビュー

●あらすじ

 ここは魔法が学問の一つとして確立された世界。魔法とは、人々を脅かす存在ヴァイパーに対抗する手段であり、魔法使いとは、人々を守る、戦闘員である。

 千年の昔、大いなる災いから人々を守った英雄的存在である魔法使いは、現代も人々の希望を守る職業として、非常に高い人気を誇っていた。

 ごく普通の市民として生活してきた主人公のもとに、ある日、優秀な魔法使いを排出している名門校フェリクス魔法学園から召喚状が届く。それをきかっけに、主人公は魔法学校に特待生として編入することになる。とある重要な秘密を抱えて―――

 魔法使いのワルガキたちが、時に悩み、時に笑い、時に命をかけて戦いながら、それぞれの“一なる輝き”を見つける、魔法バトル×学園青春ストーリー!

 インタビューに答えてくださったのは、株式会社サイバードの山上さんと高橋さん。本作の制作にあたっている両ディレクターが語る『マジカルデイズ』の魅力とは……。

●胸キュン体験ならぬ胸アツ体験を!

――完全新作、『マジカルデイズ』が発表されましたが、本作に対する意気込みをお聞かせください。

山上:クリエイティブディレクターの山上です。主に世界観やシナリオ、キャラクター周りを専門に見ています。

 今作は、「かっこいい男性とのロマンティックな展開も好きだけど、愛や恋といった言葉では語れない絆に胸が熱くなるような展開も好き」。そんな人にぜひ、胸キュン体験ならぬ、胸アツ体験をしていただけたらという思いで制作しております。

 さらちよみ氏や菊田裕樹氏をはじめ、たくさんのクリエイターの方々と一緒に、今作ならではのハーモニーをお届けできたらうれしいです!

高橋:開発側のディレクターをしています高橋です。システム設計やゲームバランスを見ています。『マジカルデイズ』の特徴としてシナリオを読み進める過程に“アドベンチャーモード”だけではなく“育成”のようにRPG的な要素が組み込まれています。

 初めてゲームを遊ぶ方から、慣れた方まで、幅広くいろいろな人が楽しめるようゲーム全体の難易度とバランスに特にこだわって試行錯誤をしています。キャラクターやシナリオの魅力を最大限に活かせるように、ゲーム全体をコーディネートしていきたいですね。

――電撃Girl’sStyle7月号にて公開された3人のキャラクターについて、彼らの魅力を教えてください。また、キャラクターは総勢何名くらいになるのでしょうか?

山上:7月号で公開されたのは、主人公が主に行動をともにすることになる3人です。ノラはかわいい見た目に反して、結構粗野なところがあります。本能に忠実というか……その理由は、彼の出自にかかわってきます。

 カヲルは面倒見のいい優等生。主人公に対しても、優しいお兄ちゃんのように接してくれます。寮の違うレオンやノラに対しても世話を焼いていますし、この学園の良心的な存在ですね。

 最後に、主人公が転入してくる3日前に、同じく転入してきたレオン。いつも偉そうで横暴な振る舞いが目立ちますがちょっとおだてるとすぐに乗せられる、意外とチョロくてかわいいヤツです。そんな彼らの行動が、物語を大きく動かしていくことになります。

 そのほかのキャラクターについても、総人数を含め、徐々に徐々にお披露目していくので、情報公開を楽しみにしてください!

――楽曲へのこだわりを教えてください

山上:『聖剣伝説』シリーズなど、著名なタイトルの楽曲を手がけられている菊田裕樹氏に、素敵な楽曲をご提供いただきました。

 魔法ファンタジーというと管弦楽のイメージがあったのですが、今回はより学生たちの荒削りな青春感や少年漫画風のイメージの方が合うのではないかと考えバンドっぽい構成でお願いしました。一言でいうと、カッコイイ雰囲気になっています!

――魔法学園が舞台の本作ですが、その中で主人公はどのような存在になるのでしょうか。

山上:ある日突然、「フェリクス魔法学園」への入学通知が届き、主人公は2年生に転入することになります。女性の魔法使いはこの世界では非常に珍しいので、必然的に周りはほとんどすべて男性になります。しかも全寮制。さらにこの時まで本人は、自分に魔法が使えることすら気づいていませんでした。頭を抱えたくなる状況ですよね。

 なぜ、突然魔法が使えるようになったのか? なぜ、彼女は学園に招かれたのか? それは主人公が、自身もそれと知らないうちに手に入れてしまった、ある重要な「秘密」のせいなのですが……何も知らない主人公と一緒に、いろんな謎を楽しんでください。

――あらすじに書かれた“一なる輝き”とはどのようなものなのでしょうか。

山上:“一なる輝き”とは、魔法使いになるための絶対条件のひとつです。一人ひとりが持っている力……あるいは“覚悟”と言い換えてもいいかもしれません。

――今後の展開を楽しみにしている読者の方へメッセージをお願いいたします。

高橋:魅力的なキャラクターたちだけではなく、ゲーム性についても、これからどんどん情報を公開していきます。『マジカルデイズ』を構成する何か一つだけでもいいので、みなさまに興味を持っていただき少しでも多くの方々に遊んでいただけたらうれしいです。リリースをぜひ楽しみにお待ちください。

山上:これから今冬に向けて、いろいろな場所でお目にかかることを計画しております。まだまだお話できない部分が多く、もどかしいかぎりですが、末永くお付き合いいただければ幸いです。

 今回のお話で、『マジカルデイズ』のリリースがますます楽しみになった方も多いのでは? 今後も新情報を随時紹介していくので、『マジカルデイズ』ならびにガルスタオンラインをチェック!

(C)2016 CYBIRD

関連サイト

電撃Girl'sStyle

最新号紹介

  • 電撃Girl’sStyle3月号

     電撃Girl’sStyle3月号表紙画像

    2017年2月10日発売/特別定価980円


    【スペシャル付録】
    ★『あんさんぶるスターズ!』&『ユーリ!!! on ICE』両面B2ポスター
    表紙を飾る『あんスタ!』と、オフショット風の『ユーリ!!! on ICE』のイラストを両面にあしらった、スペシャルなポスター♪

    【巻頭特集『あんさんぶるスターズ!』】
    Switch初表紙記念ということで、今月は『あんスタ!』を8ページで特集します!

    【ハートを伝えて・ハッピーバレンタイン特集】
    ガルスタだけの描き下ろしイラストやショートストーリーが満載です!!
    『DIABOLIK LOVERS』シリーズ
    『ドリフェス!』
    『ボーイフレンド(仮)』シリーズ
    『遙かなる時空の中で3 Ultimate』
    『夢王国と眠れる100人の王子様』
    『罪喰い~千の呪い、千の祈り~ for V』
    『スタンドマイヒーローズ』
    『プリンス・オブ・ストライド』
    『A3!(Act! Addict! Actors!)』
    『アイ★チュウ』
    『茜さすセカイでキミと詠う』>
    『輪華ネーション』

    >> 詳細はこちら