News

2016年9月16日(金)

『キングダム ハーツ HD 2.8』レビュー。国内初出展の『KH0.2』と『KHDDD』の感触に迫る!【TGS2016】

文:スズタク

 9月15日~18日にかけて千葉・幕張メッセで開催中の“東京ゲームショウ2016”。そのスクウェア・エニックスブースに出展されている、『キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナルチャプタープロローグ(KH2.8)』の試遊レビューを掲載します。

『キングダム ハーツ 2.8』

 本作は、完全新作のプレイアブル作品『KINGDOM HEARTS 0.2 Birth by Sleep -A fragmentary passage-(KH0.2)』と、新規HD映像作品『KINGDOM HEARTS χ Back Cover』、そしてHDリマスター作品『KINGDOM HEARTS Dream Drop Distance HD(KHDDD)』の3作品を収録したタイトル。TGS2016では、この中から『KH0.2』と『KHDDD』の体験版をプレイできます。

『キングダム ハーツ 2.8』

『KINGDOM HEARTS 0.2 Birth by Sleep -A fragmentary passage-』レビュー

 まずは『KH0.2』から。体験版では、アクアを操作して闇の世界を探索し、マップ内に置かれた歯車を探して壊していくことになります。

 操作方法は、『KHII』がベースになっているイメージです。魔法もMPチャージ式で、シリーズファンには懐かしいシステムかと。“ケアルガ”で安易に回復すると、残りMPが一気になくなって困ってしまうから注意ですね(笑)。

 ○ボタン連打による武器コンボだけでも十分戦えますが、個人的には魔法を使って戦うことをオススメします。アクアといえばやはり魔法であり、体験版で使用できる“ファイガ”、“ブリザガ”、“サンダガ”はどれも強力! 移動しながら撃つことが可能で、連続して使うとコンボフィニッシュも発動します。あと、弾がめちゃくちゃ遠くまで届くので、ぜひゲーム開始地点から魔法を撃って飛距離を確かめてみてください。

『キングダム ハーツ 2.8』

 ゲームを進めて歯車を壊すと、そのたびに新アクションが解放されます。最終的にダブルフライト、スタイルチェンジ、シュートロック、エアスライドが使えるようになり、体験版の中だけでも豊富なアクションを楽しめました。

 スタイルチェンジは『KHBbS』から少し仕様が変わり、条件を満たした後に△ボタンを押すと変身できます。『KHBbS』の時は条件を満たすと自動で変身しましたが、『KH0.2』では任意変身になったことで、ノーマル状態のまま戦い続けるといったことも可能です。これは個人的にうれしかったポイント!

『キングダム ハーツ 2.8』

 体験版の舞台となる町は予想以上に広く、特に縦方向(高さ)の広がりを大きく感じる作りになっていました。闇の世界の影響か、地形が崩れて入り組んだマップになっており、探索しがいがありましたね。スケールの大きさだけでなく、背景の美しさも特筆すべき点で、町並みから水面までいたるところに目を奪われてしまいます。

 “完全新作”とうたうだけのクオリティを如実に感じさせる『KH0.2』。こんな魅力満載の体験版を遊んじゃったら、製品版と『KHIII』にも期待するしかありません!

『キングダム ハーツ 2.8』

『KINGDOM HEARTS Dream Drop Distance HD』レビュー

 続いて『KHDDD』。体験版には3つのモードがあり、ソラ編の“トラヴァースタウン”、リク編の“ラ・シテ・デ・クローシュ”、リク編の“ザ・グリッド”が遊べました。

 大部分はオリジナル版と同じですが、HD化されて大画面でプレイできるようになったことで、目に飛び込むビジュアルのインパクトがすさまじいです! イベントシーンもバトルもくっきり描かれ、ドリームイーターの愛らしさもより際立っています。トラヴァースタウンを探索している時、壁に貼られたポスターを細部までしっかり視認できたのが衝撃でした……!

『キングダム ハーツ 2.8』

 もともと3DSで2画面だったゲームが1画面になったことで、操作方法が変わった部分はあります。具体的には“リアリティシフト”や“リンク攻撃”で、“リアリティシフト”の場合はタッチペン操作から△+○ボタンになりました。

 “リンク攻撃”は十字ボタン左右でコマンドウィンドウを切り替えて選択するやり方の他、L2ボタンを使ってショートカットを利用しても実行できます。このショートカット機能は、“E3 2016”の体験版にはなかった要素ですね。どちらのアクションもそこまで大きな変化ではないので、オリジナル版を遊んでいた人でもすぐになじむと思います。

 余談ですが、ソラ編をプレイしててボス戦でゲームオーバーになっちゃいました(汗)。当時、オリジナル版をかなりやり込んでいたので、負ける気などサラサラなかったのに……ぐぬぬ。製品版でなんとしてもリベンジせねば!

『キングダム ハーツ 2.8』

 約15分ほどの試遊でしたが、『KH0.2』も『KHDDD』もバッチリ魅力を感じる内容でした(もう数時間ほど遊びたい!)。日本国内での出展は今回が初なので、ぜひ1人でも多くのファンに体験してもらいたいです。

『キングダム ハーツ 2.8』
▲『KH2.8』の試遊コーナーには『KH0.2』が17台、『KHDDD』が3台用意されていました。『KHDDD』のほうはかなり台数が少なめなのでご注意を!

■“東京ゲームショウ2016”開催概要
【開催期間】
ビジネスデイ……2016年9月15日・16日10:00~17:00
一般公開日……2016年9月17日・18日10:00~17:00
※一般公開日は、状況により9:30に開場する場合があります。
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)Disney Developed by SQUARE ENIX

データ

イメージ
▼『キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナルチャプタープロローグ』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:RPG
■発売日:2017年1月12日
■希望小売価格:6,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

その他のおすすめ記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。