News

2016年9月17日(土)

『SAO HR』に黒エルフの女剣士・キズメル(声優:伊藤静)が登場決定【TGS2016】

文:てけおん

 10月27日に発売されるPS4/PS Vita用ソフト『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』に、黒エルフの女剣士・キズメルが登場することが判明した。声を担当するのは伊藤静さん。

『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』

 これは、千葉・幕張メッセで開催中のイベント・東京ゲームショウ2016のステージイベントで明らかになったもの。ステージで公開された新PVに、キズメルの姿が映し出されていた。

 キズメルは、《アインクラッド》で繰り広げられたデスゲームでの戦いを第1層から描写していく小説『ソードアート・オンライン プログレッシブ』シリーズに登場したキャラクターだ。

 現在のところ、明らかになっているのはキズメルが登場することのみ。続報はわかり次第掲載していく予定なので、楽しみに待っていてもらいたい。

『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』 『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』
『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』 『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』
『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』
▲プレミアの髪の色が!? これはいったい何を意味しているのだろうか?

【追記】

 『SAO ホロウ・リアリゼーション』のエンディングテーマが、アスナ役・戸松遥さんが歌う『Two of us』になることが発表された。

『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』
▲戸松遥さん

 これに伴い、ゲーム公式サイトでは戸松さん、そしてオープニングテーマ『Windia』を歌う春奈るなさんのコメント動画が公開されている。

『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』
▲春奈るなさん

【追記その2】

 本作の大型アップデートが実施されることが明らかになった。

 まず最初に予定されているのは、無料大型アップデート『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-“蒼空の闘士”(仮)』で、こちらは2016年内に実施予定。

 アップデートの内容は、キャラクター・ストーリー・マップの追加。このアップデートでは『ソードアート・オンライン -ロスト・ソング-』に登場した“セブン”と“レイン”が参戦することが明らかになっている。プレイ時間は約20時間ほどになるとのこと。

 続いて有料ダウンロードコンテンツ『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-“深淵の巫女”(仮)』も発表された。

 2017年の配信を予定しているこちらのDLCでは、本編と異なる新しい物語を全3章で順次配信するという。“深淵の巫女”についてはシーズンパスも販売予定とのことだ。

『ソードアート・オンライン』スペシャルステージの模様をお届け

 ここからは、バンダイナムコエンターテインメントブースで実施された『ソードアート・オンライン』スペシャルステージの模様をお届けしていこう。

 この日のステージに登壇したのは、松岡禎丞さん(キリト役)、日高里菜さん(シリカ役)、三木一馬氏(ストレートエッジ)、柏田真一郎氏(アニプレックス)、そして二見鷹介P(バンダイナムコエンターテインメント)&河合泰一P(バンダイナムコエンターテインメント)。

 イベントは、この日が誕生日だという松岡さんをサプライズでお祝いするところからスタート。さらに、ユイちゃんに続く愛らしいキャラクター“シリカchang(ちゃん)”も登場し、日高さんや観客を喜ばせていた。

『ソードアート・オンライ』
『ソードアート・オンライ』

 続いて、昨年のTGSステージで二見さんたちが約束したことがどれくらい達成できたのかを報告していくことに。三木氏の「ハリウッド映画化」との目標は、ドラマ化ではあるものの達成。柏田氏の「アニメ第2期で終わらないように」という目標も劇場版を出すことで達成。

 二見氏の「VRに対応したゲームを作りたい」という目標はまだ達成されていなかったが、こちらも何らかの展開を考えていることが明かされた。さらに先の話として、擬似ではなく実際のMMORPG作品を発表できれば……と、気になる発言が飛び出した。

『ソードアート・オンライ』

 先の話ということでは、三木氏から小説『ソードアート・オンライン』についても少しだけ話があった。8月に発売された小説最新第18巻にて《アリシゼーション》編が終わったが、三木氏によると、続編ではまた新たなゲームが登場するとのことだ。

 映画についてはこのステージでは特に発表はなかったが、10月2日に開催されるイベント“電撃文庫 秋の祭典”で最新情報が一挙公開されることが明かされた。

『ソードアート・オンライ』

 ここでステージに、200万ダウンロードを達成したアプリ『ソードアート・オンライン メモリー・デフラグ』の試遊機が持ち込まれ、松岡さんと日高さんがプレイすることに。

 松岡さんと日高さんは、先日実装されたばかりのマルチプレイに挑戦! 松岡さんがプレイした時には、マッチングしたユーザーのレベルが高く、ようやく松岡さんがボス戦でソードスキルを披露したかと思ったら、アっという間にボスを倒してしまった。

 シリカを使ってプレイした日高さんは、やはり高レベルのプレイヤーに助けられながらも活躍するところを見せていた。

 なお、『メモデフ』では東京ゲームショウの開催にあわせて、メモリー・ダイヤをゲットできるプレゼントクエストを実施中だ。こちらは17・18日の2日間限定で開催されるイベントとなっているので、忘れずにプレイしてもらいたい。

 他にも河合Pからは『コード・レジスタ』についても新機能の紹介が行われた。情報としてはすでに発表されているものだったが、今後、順次実装されていくようなのでプレイしている人はお楽しみに。

 この後、記事の冒頭で掲載したように最新PVの公開やキズメルの登場や、戸松さんによるエンディングテーマ、発売後のアップデート&DLCなど『SAO HR』についての情報が発表された。電撃オンラインや電撃PlayStationでは、引き続き『SAO HR』の情報をお届けしていく予定なので、楽しみにしていてもらいたい。

動画:PS4/PS Vita『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』第4弾PV

『ソードアート・オンライ』
『ソードアート・オンライ』
『ソードアート・オンライ』
▲最後の告知では、気になる一文が……。こちらは10月2日に開催される“電撃文庫 秋の祭典”で判明する!?

■“東京ゲームショウ 2016”開催概要
【開催期間】
ビジネスデイ……2016年9月15日・16日10:00~17:00
一般公開日……2016年9月17日・18日10:00~17:00
※一般公開日は、状況により9:30に開場する場合があります。
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)2014 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAOII Project
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。