News

2016年9月18日(日)

『ペルソナ5』福山潤さんや杉田智和さんがモルガナコンテストに挑戦。強そうなモルガナ登場?【TGS2016】

文:あべくん

 9月15日~18日にかけて開催された“東京ゲームショウ2016”のセガブースにて、アトラスより発売中のPS4/PS3用ソフト『ペルソナ5』のステージ“ペルソナ5発売記念!声優トークショウ”が行われました。

『ペルソナ5』

 本記事では、『ペルソナ5』の出演声優陣が多数登場した、本ステージの模様をご紹介します。なお、MCを務めたのは松澤千晶さん、磯村知美さん、マフィア梶田さんです。

『ペルソナ5』
▲左から松澤千晶さん、磯村知美さん、マフィア梶田さん。

 ステージが始まるとすぐに、主人公役の福山潤さん、モルガナ役の大谷育江さん、喜多川祐介役の杉田智和さん、佐倉双葉役の悠木碧さん、明智吾郎役の保志総一朗さんが登場。福山さんと杉田さんはそれぞれ演じるキャラが身に着けている仮面を被っており、それを観たファンは大きな歓声をあげていました。

『ペルソナ5』

 ちなみに皆さん、本作への出演オファーがあった瞬間は、ドッキリかと思ったり信じられなかったりと、非常に驚かれたそうです。特にモルガナを演じる大谷さんは「まさかネコだとは……いや、オレはネコじゃねえ!」と、ノリツッコミのような形で当時の心境を振り返られていました。

 出演の印象を皆さん述べた後は、「これぞモルガナ!」と思うものを投稿する“モルガナコンテスト”の作品を、登壇者がその場で描くというコーナーに。

『ペルソナ5』
▲檀上でスケッチブックが手渡されました。イラストを描く顔は真剣そのもの!

 ちなみに、本コーナーにはモルガナが登場! 「(『ペルソナ4』の)クマよりも機動力がある!」といった様子で元気に動く姿を披露してくれました。

『ペルソナ5』

 出演声優の皆さんが描いている間、MCの方々が用意したモルガナのイラストが披露されました。どれも特徴を見事にとらえていましたが、マフィア梶田さんのイラストにはモルガナもどこか不満げな様子……。

『ペルソナ5』
▲松澤画伯のモルガナ。カバンから顔をのぞかせている姿がかわいらしい!
『ペルソナ5』
▲磯村画伯のモルガナは非常に高い再現度。
『ペルソナ5』
▲マフィア画伯のモルガナはこちら。某人気悪魔とモルガナが合体した姿とのことですが……。

 声優の皆さんも描き終え、それぞれのモルガナをいよいよ発表。皆さん、あの短時間でこんなに特徴を捉えられるなんてスゴイ! こういった部分からも皆さんの『ペルソナ5』愛を実感できましたね。

『ペルソナ5』
▲大谷画伯のモルガナ。シンプルでとてもキュートです!
『ペルソナ5』
▲続いては福山画伯のモルガナ。こちらも高い再現度!
『ペルソナ5』
▲悠木画伯のモルガナは「なぜファイティングポーズを?」とツッコまれていました。たしかに、なんだか強そうな感じがします。
『ペルソナ5』
▲こちらは保志画伯の作品。短い時間でここまでの描き込みがすごい! 会場からも絶賛の声があがっていました。
『ペルソナ5』
▲そして杉田画伯のモルガナ。なんでしょう……とっても頼りになりそうです。どことなく海外発の某ダークヒーローを連想させます。

 なお、今回描かれたイラストは、12月開催予定の“ペルソナ20thフェス”に展示されるとのことです。

 続いて、福山さんがゲームをプレイするコーナーがスタート。福山さんは「ワナがあったら飛び込まずにはいられない」といった様子で、自らトラップに向かって突き進んでいました。

 しかし、それにより発生したバトルでは華麗に敵を撃破! 本作のオシャレで大迫力なバトルの魅力を、しっかりとアピールしていました。

『ペルソナ5』

 福山さんのプレイの後は、本作に収録されたバッティングセンターのミニゲームに悠木さんと杉田さんが挑戦。お2人ともホームランは出ませんでしたが、ヒット性の当たりを数本、きっちりと打っていました。

『ペルソナ5』
『ペルソナ5』
▲杉田さんとマフィアさんのツーショット。どことなくヒールな雰囲気ですね!
『ペルソナ5』

 楽しかったイベントもクライマックスに。保志さんは「遊んでいてすごく快適で楽しい。早くプレイの続きをしたいです」と述べ、まだプレイしていないという悠木さんも「ダウンロード版もあるし、家に帰ったら遊んでみたいと思います!」とコメント。

 杉田さんは「祐介、わりと変わり者ですが細かいことをやっているので見逃さないでほしいです。ぜひナンバリング最新作を遊び倒してください」と語り、大谷さんも「濃いストーリーを存分に楽しんでほしいです」と本作の魅力を語りました。

 最後に、主人公を演じた福山さんは本ステージの前日、朝まで本作をプレイしていたのだそうです。「本当に遊び尽くせるかな? というほどのボリューム。ぜひ体験してください」と述べ、本ステージを後にしました。

 ここでステージも閉幕、と思った瞬間、会場が赤く包まれ、本作の主題歌を担当するLynさんが登場。スペシャルライブとして『Wake Up, Get Up, Get Out There』はじめ2曲を披露しました。

『ペルソナ5』

 怪盗団らしく、最後までサプライズを仕掛けて観客を魅了した『ペルソナ5』ステージ。本作も絶賛発売中ですし、すでに遊ばれている方もまだの方も、一緒に『ペルソナ』の世界に飛び込みましょう!

『ペルソナ5』

■“東京ゲームショウ2016”開催概要
【開催期間】
ビジネスデイ……2016年9月15日・16日10:00~17:00
一般公開日……2016年9月17日・18日10:00~17:00
※一般公開日は、状況により9:30に開場する場合があります。
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)ATLUS (C)SEGA All rights reserved.

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。