News

2016年9月29日(木)

山田ジェームズ武さん、荒牧慶彦さん、染谷俊之さんが出演する『輪華ネーション』の舞台稽古に潜入!

文:電撃Girl'sStyle

 9月30日に「第0回 輪華ネーションファンMTG」での公演を控えた、舞台「輪華ネーション~はじまりの章~」の公開舞台稽古が行われました。 吉田松陰役:山田ジェームス武さん、ニコラ・テスラ役:荒牧慶彦さん、ヨハネス・フェルメール役:染谷俊之さんによる舞台稽古の模様とインタビューをお届けします。

『輪華ネーション』の舞台稽古に潜入

 『輪華ネーション』には、文・理・芸のさまざまな偉人の生まれ変わりである“リンネ”たちが多数登場!  彼らと協力しながら謎の敵と戦い「危険区域」の謎の真相に迫る、ドラマチック偉人シュミレーションゲームです。

 また、キャラクターの育成方法が異なるPC版とスマホ版の2種類が配信予定。PC版ではアイテムの生成ができる「サロン(箱庭)」システムを通しキャラクターたちを成長させることができます。

 スマホ版ではGPSやSNSを使用した「交換機能」で成長させ、さらにシナリオのコンプリートも目指せます。 スマホ版限定のシナリオ配信もあり、PC版、スマホ版ともに楽しめる内容に! 配信されるストーリーは本編の謎の真相に迫るものや、 各リンネをフィーチャーしたシナリオになる予定だそうです。

 舞台稽古が始まると、BGMに合わせた3人の息が合った芝居に早速ひき込まれました。 観客をゲームの設定と同様に「研究生」とみたてての演出となっており、研究生へ語りかけるシーンや、バトルシーンでも研究生を意識した視線、振り付けも。

『輪華ネーション』の舞台稽古に潜入
左よりヨハネス・フェルメール役:染谷俊之さん、吉田松陰役:山田ジェームス武さん、ニコラ・テスラ役:荒牧慶彦さん。

 2.5次元舞台としてはめずらしい、台本を見ながら声と体で表現する「アクトリーディング」という演出に3人とも細かな調整を入れつつ、 自身が演じるキャラクターを作り上げていました。コメディなシーンでは稽古場に笑い声が漏れたりすることも! 

 また、シリアスなシーンでは和気あいあいとした雰囲気から一転、3人の白熱した演技には息をするのも忘れるほど見いってしまいました。

『輪華ネーション』の舞台稽古に潜入
『輪華ネーション』の舞台稽古に潜入

 舞台稽古後、出演する3人にインタビュー!

――ご自身のキャラクターの第一印象や演じてからの印象はいかがでしたか? またキャラクターの魅力を教えてください。

山田ジェームズ武さん(以下、山田):地元に吉田松陰の武家屋敷があって小学生の時に少しだけ勉強したことがあるんです!  実在の吉田松陰にはあったことはないんですけどね(笑)。冷静で頭のよい人なのかなと思っていたのですが、熱血で、正義感に溢れる男です。

荒牧慶彦さん(以下、荒牧):ニコラ・テスラのことは知ってはいましたが、詳しくは知らなかったぶん、見た目と中身のギャップに驚きました。 優しい性格を表現できるように“ふんわり”演じたいです(笑)。

染谷俊之さん(以下、染谷):フェルメールは見た目が貴族で王子様なイメージの反面、じつは腹黒い一面があって惹かれるものがありました。 僕も腹黒いんですけど(笑)。ドSな性格にも親近感があります。秘密が多い部分もあるのでゲームでもプレイしていただいてベールを脱がせてもらえると嬉しいです!

――印象に残ったセリフ、シチュエーションはありましたか?

山田:高杉晋作から手紙をもらうシーンなど、実在するストーリーも交えてくれるところが勉強になるなと思いました。 今回は松陰だけですが、ゲームのなかではほかのキャラクターたちのストーリーも読めるのかと僕も楽しみです!

荒牧:染くん(フェルメール)のいきなりの長セリフがおもしろくて堪らないです。初っ端から長セリフがあるなと思いました(笑)。

染谷:松陰が独白するシーンです。あのような過去があって輪廻転生して生まれ変わった後のシーンに繋がっているのだとおもうと素敵だなと感じました。

――今回の舞台で、ぜひココを見てほしいというシーンがあれば教えてください。

山田:攻撃時のポーズを表現したうえで、ゲームをプレイしていただいて「Jがやっていたのはこのシーンなんだ」というゲームとの連結する部分をみせることができたらなと思います。

荒牧:今回2.5次元の舞台では、なかなかみることができないアクトリーディングとなっています。 作品自体に見どころがあるので、2.5次元舞台をみたことのあるお客様も、初めてみるお客様でも楽しめる作品になっているのではないかと思います。

染谷:プレイヤーの気分になってみていただきたいです。みに来ていただいてる方を研究生として語りかけるように演じるので、楽しんでいただけたらなと思います。

――今後また『輪華ネーション』で舞台をやるとしたら、ご自身の演じるキャラクターのこんなシーンが見てみたい、という希望がありましたら教えてください。

山田:武器がそれぞれのキャラクターに縁のあるものなので、武器を取り入れながらアクションをする殺陣をやってみたいです!!

荒牧:エジソンと前世では争っていたので、来世ではどうなるのだろうという関係性を見てみたいと思います。

染谷:今回は描かれていないフェルメールの、嫉妬深くて、計算高くて、腹黒いという部分を演じてみたいです。ドSな一面も見てみたいなと思います。

――電撃ガルスタオンラインの読者へメッセージをお願いします。

山田:アクトリーディングが僕自身初めての試みですが、会場で生の舞台をみてもらい、そのうえで実際にゲームを楽しんでもらえたら一番嬉しいです。 そうしていただけるようがんばります!

荒牧:配信前のパフォーマンスではありますが、みに来ていただける方に『輪華ネーション』の魅力を伝えることができたらなと思います。 ぜひ楽しみにしていてください。

染谷:アクトリーディングということで、演じている僕たちの姿をプレイヤーの気分になってみて頂けますと嬉しいです。楽しみにしていてください。

 今回、ご紹介した舞台「輪華ネーション~はじまりの章~」を鑑賞できるイベント 「第0回 輪華ネーションファンMTG」は9月30日(金)17時より池袋サンシャイン噴水広場にて開催予定。 ほかにもメインキャラの声優陣がゲームの制作秘話を語るトークショーや主題歌を担当するHARUKCAさんによるミニライブも開催されます。

 声優陣は吉田松陰役・生田鷹司さん、ニコラ・テスラ役・武内駿輔さん、ヨハネス・フェルメール役・八代拓さんが登壇予定です。 お時間のある方は是非会場にお越しください!

【第0回 輪華ネーションファンMTG】
 http://mixi.jp/landing_page.pl?id=53&nh

【ゲーム情報】
 2016年秋始動! 事前登録大好評受付中!
 https://www.link-a-nation.com/
 対応OS:PCブラウザ / 一部iOS・Android

<事前登録キャンペーン実施中>

1:登録人数に応じて豪華アイテムをプレゼント!
 事前登録をして豪華アイテムをGetしよう!

2:投票で衣装をプレゼント!
 投票で1位になった衣装を登録者全員にもれなくプレゼント! 投票チャンスは1日1回。欲しい衣装にどんどん投票しよう!

 ※受付期間は事前登録終了までとなります。


【Twitterキャンペーン情報】
 出演者のサイン色紙があたる! Twitterキャンペーン実施中!!

■キャンペーン応募期間(全4回予定)

 2016年9月12日~10月10日(日)23:59

※各期間はページ内に記載

 第1回:9月12日~19日
 第2回:9月20日~25日
 第3回:9月26日~10月2日
 第4回:10月3日~10月10日

■対象者
 各期間で、輪華ネーション公式アカウントをフォローし、対象ツイートをリツイート

■賞品
 輪華ネーション出演者サイン色紙各1名
 ※賞品はそれぞれの期間での当選者の中で抽選となります。

■当選発表
 9月下旬以降(TwitterのDM(ダイレクトメッセージ))

(C)Link-a-Nation
(C)2013 TMS ENTERTAINMENT CO.,LTD. All rights reserved.
(C)mixi, Inc. All rights reserved.

関連サイト

電撃Girl'sStyle

最新号紹介

  • 電撃Girl’sStyle3月号

     電撃Girl’sStyle3月号表紙画像

    2017年2月10日発売/特別定価980円


    【スペシャル付録】
    ★『あんさんぶるスターズ!』&『ユーリ!!! on ICE』両面B2ポスター
    表紙を飾る『あんスタ!』と、オフショット風の『ユーリ!!! on ICE』のイラストを両面にあしらった、スペシャルなポスター♪

    【巻頭特集『あんさんぶるスターズ!』】
    Switch初表紙記念ということで、今月は『あんスタ!』を8ページで特集します!

    【ハートを伝えて・ハッピーバレンタイン特集】
    ガルスタだけの描き下ろしイラストやショートストーリーが満載です!!
    『DIABOLIK LOVERS』シリーズ
    『ドリフェス!』
    『ボーイフレンド(仮)』シリーズ
    『遙かなる時空の中で3 Ultimate』
    『夢王国と眠れる100人の王子様』
    『罪喰い~千の呪い、千の祈り~ for V』
    『スタンドマイヒーローズ』
    『プリンス・オブ・ストライド』
    『A3!(Act! Addict! Actors!)』
    『アイ★チュウ』
    『茜さすセカイでキミと詠う』>
    『輪華ネーション』

    >> 詳細はこちら