News

2016年10月1日(土)

『ロードス島戦記』が舞台化。HKT48の多田愛佳さんがディードリットに

文:そみん

 ユーキース・エンタテインメントは、2017年1月6日~14日(土)に紀伊國屋サザンシアターで新装版『ロードス島戦記』を舞台化することを発表。あわせて、第一弾のキャスト公開とチケットオフィシャル先行発売の開始日程を公開しました。

舞台『ロードス島戦記』
▲舞台のティザーサイトもオープンしています。

 『ロードス島戦記』はテーブルトークRPGより生まれ、水野良さんの小説はシリーズ累計1,000万部を超え、ファンタジー小説の一時代を創った小説です。

 このたびシリーズの原点とも言える第一巻『灰色の魔女』をプロジェクションマッピングとアクション・殺陣を織り交ぜ、劇場版『ポケモンシリーズ』を始めとする多くのアニメ脚本や舞台脚本・演出を手がけ、心情描写の評価が高い園田英樹さんが脚本・演出を担当し、人情を描いた数々の舞台制作で好評を得ているユーキース・エンタテインメントとのタッグによる舞台化となります。

 出演者として、主人公パーン役は『テラスハウス』(CX)のレギュラー、舞台『タンブリング』やdTV版『テラフォーマーズ』でのアクションが好評だった菅谷哲也さんが演じます。

舞台『ロードス島戦記』
▲パーン:菅谷哲也さん。

 そしてヒロインのディードリット役にはHKT48、チームKIVのキャプテンを務め、映画『トイレの花子さん新章~花子VSヨースケ~』などに出演した多田愛佳さんです。

舞台『ロードス島戦記』
▲ディードリット:多田愛佳(HKT48)さん。

 パーン一行に立ちふさがりロードス島の一連の騒乱を糸引く魔女カーラ役に元月組男役スターで、舞台『GOKU』の三蔵法師役などを演じている月船さららさんが出演します。

舞台『ロードス島戦記』
▲カーラ:月船さららさん。

 舞台版オリジナルカバー曲は、最近ではTV『おそ松さん』のオープニングを担当したA応Pが『風ファンタジア』を歌うことによりロードスの歴史にフレッシュな風を吹き込みます。

 また、コラボ第一弾としてゲームオンで運営しているオンラインゲーム『ロードス島オンライン』とのコラボが行われます。舞台とゲーム、両方を観劇、プレイすることでより楽しめる企画になるとのこと。

舞台『ロードス島戦記』
▲エト:ピコさん。
舞台『ロードス島戦記』
▲スレイン:佐奈宏紀さん。
舞台『ロードス島戦記』
▲ウッド・チャック:汐崎アイルさん。
舞台『ロードス島戦記』
▲バグナード:成松慶彦さん。
舞台『ロードス島戦記』
▲ベルド:長江英和さん。

 本公演はバーチャルではなくライブだからこそ伝わるリアリティを追求し、映像と役者が組み合わさることで、まるで戦場にいるかのような錯覚に陥る迫力のアクションから感じる臨場感を味わえます。

 くわえて、ロードスを代表する自由騎士として名を刻むパーンと彼を支えるディードリットの出会い、そしてパーンの若さからくる向こう見ずな行動を支える仲間たちの初々しい描写にご期待ください。

 チケットのオフィシャル先行発売は、10月29日(土)12時よりスタートします。S席9,000円、A席7,000円(税込・全席指定)となります。

▼舞台『ロードス島戦記』概要
【公演期間】2017年1月6日(金)~14日(土)全14公演
【会場】紀伊國屋サザンシアター
【原作】新装版「ロードス島戦記 灰色の魔女」(角川スニーカー文庫)
【作・演出】園田英樹
【監修】水野良/KADOKAWA
【殺陣】森 和徳
【主催】ユーキース・エンタテインメント
【制作協力】(株)1107
【後援】BS朝日
【協力】KADOKAWA
【協賛】キャラアニ、ゲームオン、ビットキャッシュ
【出演】
・パーン:菅谷哲也
・ディードリット:多田愛佳(HKT48)
・エト:ピコ
・スレイン:佐奈宏紀
・ウッド・チャック:汐崎アイル
・ギム:深沢 敦
・フィアンナ姫:宮路由佳
・ファーン王:翁長 卓(TESSIN)
・バグナード:成松慶彦
・ミャーム:大林ちえり
・ファーム:今川宇宙
・パーン母親:八坂沙織
・カーラ:月船さらら
・ベルド:長江英和
※その他の出演者につきましては、順次公式サイトで発表されます。

(C)水野良・グループSNE 発行:株式会社KADOKAWA

その他のおすすめ記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。