News

2016年10月23日(日)

【男性目線の『アイナナ』プレイレポ】モンジェネおじさんがアイナナに愛を注いでみた第四回

文:電撃Girl'sStyle、原 常樹

 みなさま、こんにちは。自称“モンジェネおじさん”ことフリーライターの原 常樹です。アイドルたちの活動にスポットライトを当てた本格リズムゲーム『アイドリッシュセブン』(通称:アイナナ)の魅力を、男性目線で紹介すべく再始動した本コンテンツ。

モンジェネおじさんがアイナナに愛を注いで みた第四回

 前回、前々回とレポート記事を掲載してきましたが、いやー、コラボって本当にいいですよね! 好きな作品の世界観が現実とリンクする感覚は、おじさんであってもやはりワクワクするものです。

 もうこのまま、コラボと聖地巡礼をひたすら続ける企画にしようかとも思ったんですが、「(ゲームライターとして)仕事をしろ」という無言の圧を感じたので、そろそろ元の路線に戻ろうと思います……はい……。

 そういえば、少しずつ僕の周りにも男性のマネージャーが増えてきたんですよ! 行きつけの飲食店のマスターも始めたみたいで、この前も仕事帰りのマネージャー談議に花が咲きました。

モンジェネおじさんがアイナナに愛を注いで みた第四回

 ちなみに店長は二階堂大和くんと十龍之介くんが好み……と、なんかどこかで聞いたような嗜好で。僕も神がかったタイミングで壮五くんが来てくれなかったら彼らの魅力にオチていた可能性が高いので、よくわかるんですよね!

 普段は飄々としていたり、消極的だったりするけれど、いざというときに進んで泥をかぶりにいく献身的なバランサー──そういう存在は男子から見ても理想だったりするものなんですよね。ああ、あんなオトナになりたかった……。

 こう考えると、世の男性マネージャーが「あのメンバーのなかで誰がお気に入りか」というのは気になりますね~。 大和くんや龍くんのような頼れる兄貴分は男性から見ても好感度が高そう……。男性からすると(少なくとも僕は)同性のキャラクターをついつい身近な環境に置き換えてしまいたくなるものなんですが、彼らが上司や先輩にいたらどれだけ頼れそうか! 一方で三月くんみたいに“内面がオトナ”なアイドルも一緒に飲んだときに疲れなさそう。これって実はおじさんにとってはかなりの高ポイントなんです。ゆっくりしっとり飲みたいときに傍にいてくれるとうれしい……そんなアイドルがいてもいいじゃないですか。

 一方でナギくんみたいに性格がおもしろいアイドルも場を和ませてくれそうだし、王道な陸くんたちも捨てがたいんですよね……うーん、今度誰が人気があるか、アンケートでも取ってみましょうか。

 周りにプレイしてくれる男性マネージャーが増えたことでさまざまな意見も聞けるようになりました。なかには、第2部を進めるのに苦戦しているという人もチラホラ……。

 僕はそれなりに音ゲーマーとしての下地があったり、あとエンドレスモンジェネループという楽しい修行(&アイドルのレベリング)があったので、わりとすんなり進められたんですが、たしかに人によっては「しおり」を集めるのに手こずる場合があるかもしれません。

 ということで、今回はしおり集めに苦労しているマネージャーさんに向けた攻略記事にしようかと思います。もちろん、通常のライブにも応用可能な内容ですよ~。

それでは、しおりについての基本を押さえておきましょう。

■しおりはストーリーを読み進めるためのカギである

 第2部はストーリーの中で“ストーリーライブ”と呼ばれるライブが入ります。ここで指定された条件をクリアーすることで、1曲につき最大3つ手に入るのがしおり。

 ストーリーの要所要所ではこの“しおりの数”をチェックされることになります。もちろん、一定以上のしおりを持っていなければ先を読み進めることはできません。あくまで“しおりをいくつ持っているか”を判定するだけなので、しおりが消費されるわけではないのでご安心を。

モンジェネおじさんがアイナナに愛を注いで みた第四回

■ストーリーライブは楽曲と難易度が固定

 ストーリーライブは、楽曲、難易度、指定条件がいずれも決まっています。通常のライブと違う点として初回のプレイには指定された楽曲の難易度に関わらずLIFEが30必要で、2回目以降は15必要になります。またストーリーライブではサポートフレンドを選択できません。ストーリーライブが入るタイミングは以下の通り。(以下はすべて第2部のストーリーとなります)

ストーリー 曲名 難易度
1章2話「涙のワケ」 Perfection Gimmick NORMAL
2章2話「昇っておいで」 SILVER SKY NORMAL
4章4話「無限の期待」 恋のかけら NORMAL
6章4話「少女A」 男子タルモノ!~MATSURI~ NORMAL
9章3話「心の真ん中にあるもの」 Love&Game NORMAL
10章5話「試される覚悟」 RESTART POiNTER HARD
12章3話「クローバー」 Last Dimension NORMAL
13章3話「壮五の嘘と儀式」 フレフレ!青春賛歌 NORMAL
15章5話「ゼロアリーナ」 Dis one. HARD
16章5話「潮騒の奇跡」 NATSU☆しようぜ! HARD

しおりゲットに必要となる条件は各曲ごとに3つ定められており、以下の種類に分けられます。

しおりゲットに必要となる条件
★1回ライブをプレイ
★MISSを一定回数以下に抑える
★COMBOを一定数以上繋げる
★SCOREを一定数以上獲得する

■現時点では、しおりをコンプリートする必要はない

 少なくとも第二部終了まで読み進めるのであれば、しおりをすべて取得する必要はありません。物語を読み進めるごとにチェックポイントで必要なしおりの数は増えていきますが、全部で24個あれば大丈夫。リズムゲームが苦手なマネージャーも、まずはここを目標にするといいでしょう。

■あとからストーリーライブにチャレンジするには

 ストーリーを読み進めていくことでしおりが足りず、そのままストーリーライブに挑戦することになる場合と、途中でしおりが足りなくなって以前のストーリーライブに再挑戦する場合の二通りのケースもあるかと思います。

 ですが、二つ目の挑戦が正直ちょっとわかりにくいんですよね……。もしかしたらここでつまずいたマネージャーもいるかも──ということで、あとから指定曲に挑戦するまでの流れを以下で簡単に説明しますね。

 (1)挑戦したいストーリーライブが登場する章を開き右下の「しおりの確認」をタップ 

モンジェネおじさんがアイナナに愛を注いで みた第四回

 (2)ストーリータイトルをタップ 

モンジェネおじさんがアイナナに愛を注いで みた第四回

 (3)「ストーリーライブ開始!」をタップ

モンジェネおじさんがアイナナに愛を注いで みた第四回

■指定条件を絞るなら何が狙い目なのか

 もちろん、指定条件の中には難しいものもあれば簡単なものもあります。まず“1回ライブをプレイ”はほぼ自動的に達成できる条件なので、これはクリアーできるものとしてカウントしてしまって問題ないでしょう。

 次に狙いやすいのは“MISSを一定回数以下に抑える”。

 MISSの回数が一桁だったりとかなり難しそうに見えますが、ここはなるべく取りこぼさずにいきたいところ。というのも、“COMBOを一定数以上繋げる”という指定条件のハードル(要求されるコンボ数)が全体的に厳しいため、こちらを達成するためにはMISSの回数は必然的に少なくなければなりません。どっちみち、MISSを減らさないとCOMBOの方を達成するのは難しいわけですね。

 なかには楽曲のちょうど真ん中ぐらいで1回MISSしたために“コンボは未達成、MISSの回数一定以下は達成”となって、思わず天を仰いだマネージャーもいるはず。……はい、僕も何回かやりました。

モンジェネおじさんがアイナナに愛を注いで みた第四回

 上記の指定条件をスムーズに達成するためには、“じゃがいもを握って。”(SSR逢坂壮五[夏の思い出2])でおなじみの“コンボ判定を○○回毎に○○%の確率で○秒間BAD以上をPERFECTに変更”などの判定強化系のスキルを持ったアイドルを活用すること。もうこの記事でもおなじみですね。

 判定強化系のスキルには様々な種類があり、BADをPERFECTに変えるスキルにも上記の“コンボ判定を○○回毎”が“PERFECT判定を○○回毎”や“〇〇秒毎”などに変わるものもあります。さらに新しいカードの中には回数限定でライブ中のMISSをPERFECTに変えるスキルのものも存在するので所持カードのスキルをチェックして自分に合ったカードでユニットを組むことが攻略への近道と言えるでしょう。

 これまでさまざまなリズムゲームを遊んできた筆者から見ても、本作のPERFECTを取るための判定はかなり厳しめに感じますが、GOODの判定以上を取るだけでよいのならば一気に余裕が出てきます。“コンボ判定を○○回毎”系の判定強化スキルはそういう人間にはうってつけ。GOODを通り越して“タイミングがズレかけ”といえるBADを出した際にカバーしてくれるので、非常に心強い味方になります。

モンジェネおじさんがアイナナに愛を注いで みた第四回

 また、BADをPERFECTに変える系のスキルのポイントは複数のアイドルが同時に発動した際に、効果時間がどんどんプラスになっていくこと。同時に発動して無駄になることもありませんし、このタイプのアイドルのみでユニットを組めば、途中から最後まで効果が続くこともざらに!

 こうなったら、判定を恐れる必要はありません。じゃがいもは神の恵みなのです。

 もちろん、ライブアシストも有効なので、“PERFECT開始10秒”や各種ノートチェンジを入れておけば、より盤石な状態を築くこともできるでしょう。

モンジェネおじさんがアイナナに愛を注いで みた第四回
▲SRの中にもこのタイプのスキルを持ったアイドル(候補生)がいます。スキルレベルを上げておけば、意外な活躍を見せてくれるかも。
モンジェネおじさんがアイナナに愛を注いで みた第四回
▲お仕事の大和さんはさすが縁の下の力持ち、“○○%の確率で発動!ライブ中のMISS→PERFECTに○回だけ変更!”タイプのスキルです。こちらもコンボを繋げる上で有用ですね。

 コンボ系の条件を達成する上では「PERFECT判定を○○回毎に○○%の確率で判定領域を○秒間だけ拡大してスコアが少しダウンする」という“判定拡大”タイプのスキルも有用ですが、こちらは判定が広がりすぎたことで意図せずに(次の)ノーツを押してしまい、演奏感覚がズレることもあります。

 高難易度でノーツが詰まってきた際に発生しやすい現象なので、最大難易度がHARDのストーリーライブではあまり心配ないかもしれませんが、留意しておくと安全かと。

モンジェネおじさんがアイナナに愛を注いで みた第四回

 さて、これまで触れてこなかった“SCOREを一定数以上獲得する”という条件ですが、サポートフレンドの恩恵に預かれないため、どれだけアイドルを育ててきたかがそのまま成否に直結します。

 本作では、ほとんど育っていない高レアリティのアイドルよりも、育ちきった低レアリティのアイドルの方がステータスが高かったりもするので、「ほれSSR艦隊だぜ! へいへ~い!」と侮っていると足元をすくわれることも……。

 なお、ライブアシストの“SCORE UP”も当然有効なので、少しでも多く稼ぎたい方はこちらも忘れないようにしましょう。

モンジェネおじさんがアイナナに愛を注いで みた第四回
▲要求されるスコアはわりと高水準なので、育成中のユニットだとALL PERFECTを出しても達成できないということも……。

 第2部は第1部の少年漫画チックな展開とはひと味違った、サスペンス風味のストーリーが展開されていくので、しおりで詰まってしまうと「うぉー! 先を読ませろー!」という感じになっちゃうんですよね……。ぜひリズムゲームが苦手な新人マネージャーも上記を参考にして、ストレスなく第2部のストーリーを楽しんでください。

 そして、第2部で忘れていけないのは、新たに解禁される楽曲が第1部に引き続き名曲揃いということ。かくいう僕自身もイベント等で楽曲を先行プレイしたことで「あの曲を早く遊びたい!」という気持ちが強くあって、それが第2部を一瞬でクリアーする原動力になりました。

 ……と、そんな感じで今回の連載はここまで。せっかくこういう引きにしたわけですから、次回は第2部の楽曲にスポットライトを当てたいと思います!

(C)アイドリッシュセブン CD:Arina Tanemura

データ

▼『アイドリッシュセブン』
■メーカー:バンダイナムコオンライン
■対応端末:iOS
■ジャンル:アクションADV
■配信日:2015年8月20日
■価格:基本無料/アイテム課金
 
iOS『アイドリッシュセブン』のダウンロードはこちら
▼『アイドリッシュセブン』
■メーカー:バンダイナムコオンライン
■対応端末:Android
■ジャンル:アクションADV
■配信日:2015年8月20日
■価格:基本無料/アイテム課金
 
Android『アイドリッシュセブン』のダウンロードはこちら
その他のおすすめ記事

関連サイト

電撃Girl'sStyle

最新号紹介

  • 電撃Girl’sStyle2月号

     電撃Girl’sStyle2月号表紙画像

    2017年1月10日発売/特別定価980円


    【スペシャル付録】
    ★『MARGINAL#4』&『スタンドマイヒーローズ』両面B2ポスター
    『MARGINAL#4』は、パフォーマンス中のマジフォーメンバーがお目見え! 『スタンドマイヒーローズ』は、今大路峻、槙慶太、山崎カナメ、都築京介の4名のおやすみ姿のイラストが登場。

    ★『プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE』エピソード2 グッズ付きガルスタシート申込コード
    エピソード1が大好評のうちに終了した『プリステ』より、早くも4月に上演されるエピソード2の申込コードが付録に! FiFS描き下ろしのグッズ付きで観覧できるのは、ガルスタシートだけ!!

    【巻頭特集『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズ】
    シリーズ初のPS Vita移植タイトル『うたの☆プリンスさまっ♪Repeat LOVE』の発売まであと少し。ますます盛り上がる『うた☆プリ』シリーズを、10Pにわたって大特集。ガルスタが極秘入手したアイドル候補生時代の7人の秘蔵インタビューを一問一答形式で掲載。プロローグのルート別最速プレイレポート、TVアニメ『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』の名場面&挿入歌のおさらいも。

    【ガルスタイチ推し! ウワサのモテ男子『文豪とアルケミスト』】
     精神の世界である“本”を守るため、有名な文豪たちを転生させて戦う本作から、芥川龍之介の描き下ろしイラストが到着。ゲームのポイントをわかりやすく解説し、開発スタッフに図書館の疑問を直撃。イベントでの追加要素も紹介!

    【初夢特集2017~今年最初に見た夢は?~】
    ガルスタだけの描き下ろしイラストやショートストーリーが満載!
    『花朧 ~戦国伝乱奇~』
    『スタンドマイヒーローズ』
    『ドリフェス!』
    『プリンス・オブ・ストライド』
    『ときめきレストラン☆☆☆』
    『A3!(Act! Addict! Actors!)』
    『明治東亰恋伽』
    『DIABOLIK LOVERS』シリーズ
    『マジカルデイズ The Brats’ Parade』
    『夢王国と眠れる100人の王子様』
    『剣が君 百夜綴り』>
    『茜さすセカイでキミと詠う』
    『アイ★チュウ』

    >> 詳細はこちら