News

2016年11月11日(金)

小西克幸さん&津田健次郎さん&KENNさんを直撃。『マジカルデイズ』キャストインタビュー連載第3弾

文:電撃Girl'sStyle

 『マジカルデイズ』のキャスト陣にお話をうかがう連載企画! 連載第3回目は、リナト役・小西克幸さん、イオリ役・津田健次郎さん、カヲル役・KENNさんのインタビューを掲載しますよ!

『マジカルデイズ』キャストインタビュー第3回
▲左から、リナト(声:小西克幸)、イオリ(声:津田健次郎)、カヲル(声:KENN)

リナト役・小西克幸さん

『マジカルデイズ』キャストインタビュー第3回

――担当されたキャラクターはどのような人物でしょうか?

 魔法学園には3つの寮がありますが、そのなかの1つの寮長です。面倒見がよくて「困ったなぁ」と言いながらも、いろいろと世話を焼いてあげる大人なキャラクターです。いつもにこやかで優しくて、みんなを見守っているお兄ちゃん的存在でしたね。ですが、本心では何を考えているのかがわからない、謎めいたところもありました。

 あと、主人公に対して甘いセリフをささやくシーンがたくさんありましたね。リナトの設定資料に「おかん系ホスト」「アダルティなキャラクター」とあったのですが、まさにその通りでした! 

――本作のコンセプトは「ワルガキたちの反逆」ですが、ご自身のなかで「つい、逆らってみたくなってしまうこと」はありますか?

 特にないです。今は仕事しかしていないので、何かに逆らうということがないんですよ。収録でNGが出ても、指示にならいます。作品を作っている人たちの意向ですから、間違いはないんですよ。自分が意地をはっても仕方ないですし。流されるままです(笑)。

――本作は魔法学校が舞台ですが、もし魔法が使えるならどんな魔法を使ってみたいですか?

 無敵の喉を手に入れる魔法です。いろいろな声が出る喉もほしいですね。男性なのに女性の声が出るとか、動物の声が出るとか……。平和のために、世界を牛耳る魔法もいいですね。

 あとは、できれば、宝くじを当て続けたいんですよ。そうすればお金が手に入りますし、東京都くらいは牛耳ることができるんじゃないかなと思うことがあります(笑)。

――最後に読者へのメッセージをお願いします。

 たくさんいるキャラクターのなかの1人ですが、よかったら一度、リナトを選んでいただけるとうれしいです。多数いる登場人物のなかに、みなさん好みのキャラクターが絶対にいるはずです! なので、ゲームをインストールしていただいて、遊んでみていただけたらうれしいです。

イオリ役・津田健次郎さん

『マジカルデイズ』キャストインタビュー第3回

――担当されたキャラクターはどのような人物でしょうか?

 イオリは、関西弁でおっとりした感じの子でした。年齢も若く、かわいらしい印象です。そんな彼のかわいらしさが出せていたらいいなと思いますね。

――本作のコンセプトは「ワルガキたちの反逆」ですが、ご自身のなかで「つい、逆らってみたくなってしまうこと」はありますか?

 逆らうというほど強いものじゃないですが、常に思っていますよ。常識に縛られてしまうとあまりおもしろくないので、なるべくそこから外れたことをやっていきたいなと思います。

――本作は魔法学校が舞台ですが、もし魔法が使えるならどんな魔法を使ってみたいですか?

 移動系の魔法は非常に使い勝手がよさそうですよね。瞬間移動ができるような魔法がほしいです。あとは回復系の魔法もほしいです。疲れた時や元気がない時に、自分でかけられたらいいなと思いますね。

――最後に読者へのメッセージをお願いします。

 本作に登場するキャラクターのなかでが、非常にめずらしいタイプのカワイイ関西弁の男の子をやらせていただきまして、僕自身、できあがりが非常に楽しみです。みなさんもぜひ楽しみにしていただけたらと思います。イケメンがたくさん登場する作品なので、たくさん遊んでくださいね。

カヲル役・KENNさん

『マジカルデイズ』キャストインタビュー第3回

――担当されたキャラクターはどのような人物でしょうか?

 とてもステキなイラストですよね。第一印象からは、カヲルは自信にあふれたキャラクターなのかなと思っていたのですが、設定やストーリーを読ませていただくと、見た目とのギャップがありました。なんでもそつなくできるけれど、じつは自分に自信がなくて、主人公にもそんな一面を見せたりします。

 あとは、仲間想いで面倒見がいい“お母さんタイプ”ですね。仲のいい相手には世話焼きな面を見せるので、そこもファーストインプレッションとはいい意味でギャップがあるなと思いました。

――本作のコンセプトは「ワルガキたちの反逆」ですが、ご自身のなかで「つい、逆らってみたくなってしまうこと」はありますか?

 お店で食事をするとき、オススメのソースやドレッシングを提示されることがありますよね。そういうとき、“オススメ”以外のものを選びたくなります。それでおいしかったりすると、自分は違いが分かるんだなって密かに思ったり……(笑)。お店に置いてある以上、全部オススメなんでしょうけれどね。

 あとは、格闘ゲームやアクションゲームをするときも、あえて王道じゃないキャラクターを選びます。ゲームの難易度が上がるんですけれど、シビアな戦術を要求されるのが楽しかったりするんですよ。でも、ある程度プレイしたら結局正統派なキャラクターに戻してしまうので「反逆」にはなっていないかもしれません(笑)。

――本作は魔法学校が舞台ですが、もし魔法が使えるならどんな魔法を使ってみたいですか?

 視力がよくなりますようにとか形状記憶髪型とか、いろいろ考えたんですけれど……。足のサイズを自由に変えられる魔法が欲しいですね。欲しい靴があって自分のサイズがない時や、サイズは同じでもブランドによって履き心地が異なる時に便利だろうなって思います。

――最後に読者へのメッセージをお願いします。

 学園、魔法、反逆というコンセプトの本作は、親しみやすいキャラクターと一緒にパズルゲームで楽しい学園生活を過ごせると思います。ぜひリリースを楽しみにしていてください!


 次回更新では、リオ役・太田基裕さん、トウマ役・梶裕貴さん、カエデ役・酒井広大さんのインタビューを掲載!

 『マジカルデイズ』は現在、事前登録受付中&キャラクター投票企画も実施中! 気になるキャラクターが決まったら、ぜひ、チェックしてみてください♪

(C)2016 CYBIRD

その他のおすすめ記事

関連サイト

電撃Girl'sStyle

最新号紹介

  • 電撃Girl’sStyle2月号

     電撃Girl’sStyle2月号表紙画像

    2017年1月10日発売/特別定価980円


    【スペシャル付録】
    ★『MARGINAL#4』&『スタンドマイヒーローズ』両面B2ポスター
    『MARGINAL#4』は、パフォーマンス中のマジフォーメンバーがお目見え! 『スタンドマイヒーローズ』は、今大路峻、槙慶太、山崎カナメ、都築京介の4名のおやすみ姿のイラストが登場。

    ★『プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE』エピソード2 グッズ付きガルスタシート申込コード
    エピソード1が大好評のうちに終了した『プリステ』より、早くも4月に上演されるエピソード2の申込コードが付録に! FiFS描き下ろしのグッズ付きで観覧できるのは、ガルスタシートだけ!!

    【巻頭特集『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズ】
    シリーズ初のPS Vita移植タイトル『うたの☆プリンスさまっ♪Repeat LOVE』の発売まであと少し。ますます盛り上がる『うた☆プリ』シリーズを、10Pにわたって大特集。ガルスタが極秘入手したアイドル候補生時代の7人の秘蔵インタビューを一問一答形式で掲載。プロローグのルート別最速プレイレポート、TVアニメ『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』の名場面&挿入歌のおさらいも。

    【ガルスタイチ推し! ウワサのモテ男子『文豪とアルケミスト』】
     精神の世界である“本”を守るため、有名な文豪たちを転生させて戦う本作から、芥川龍之介の描き下ろしイラストが到着。ゲームのポイントをわかりやすく解説し、開発スタッフに図書館の疑問を直撃。イベントでの追加要素も紹介!

    【初夢特集2017~今年最初に見た夢は?~】
    ガルスタだけの描き下ろしイラストやショートストーリーが満載!
    『花朧 ~戦国伝乱奇~』
    『スタンドマイヒーローズ』
    『ドリフェス!』
    『プリンス・オブ・ストライド』
    『ときめきレストラン☆☆☆』
    『A3!(Act! Addict! Actors!)』
    『明治東亰恋伽』
    『DIABOLIK LOVERS』シリーズ
    『マジカルデイズ The Brats’ Parade』
    『夢王国と眠れる100人の王子様』
    『剣が君 百夜綴り』>
    『茜さすセカイでキミと詠う』
    『アイ★チュウ』

    >> 詳細はこちら