News

2016年11月16日(水)

『輪華ネーション』インタビュー連載開始! 吉田松陰を演じる生田鷹司さんにインタビュー

文:電撃Girl'sStyle

 ブラウザ/iOS/Androidにて好評配信中の『輪華ネーション』。輪廻(りんね)した偉人たちが暮らす世界を舞台に、魅力的なキャラクターたちとバトルや恋愛を楽しめちゃいます。そんな気になる本作の見どころを、出演されたキャスト陣にお聞きしたインタビュー連載がスタート。第1回は、吉田松陰役・生田鷹司さんが登場!

『輪華ネーション』生田鷹司さんインタビュー

吉田松陰プロフィール

『輪華ネーション』生田鷹司さんインタビュー

 誰に対しても明るく、一人でいる子などは放っておけないタイプ。普段は少年のように熱血で表情がコロコロ変わるが、真面目な時は年長者としての顔を見せる。

・国籍:日本
・前世での職業:職業思想家・教育者
・年齢:17歳
・身長:164㎝
・血液型:O型
・学年:高等部3年生
・趣味:料理/入浴剤(温泉系)
・好きなもの:おにぎり、ふわふわの卵焼き、あんドーナツ、日本茶

吉田松陰役 生田鷹司さん

『輪華ネーション』生田鷹司さんインタビュー

――収録後の感想をお願いします。

 第一に、大変緊張しました! 緊張したんですけど、現場の雰囲気がとてもよくて楽しくできたかなと思います。今回演じさせていただいた吉田松陰というキャラクターは、すごく面倒見がよくて、楽しい部分やかわいい部分のあるキャラクターだったので、演じていて本当に楽しかったです。

――キャラクターの印象はいかがでしたか?

 設定に身長が低いとあったので、この子はイケメンだけど、たぶんちょっとかわいいところがあるんだろうなと思っていたんです。実際に台本を読んでみると、ストーリー上でもちょっとデレるみたいなところがあったので、かわいい印象はそのままありました。

 ですが、かわいいだけではなく主人公に対しての優しさとか、熱くて面倒見のいい部分もあるので、僕が女の子だったら好きになるだろうなと思います。あと、僕も身長があまり高くないので親近感がわきました(笑)。

――印象に残ったシーンやセリフはありますか?

 パガニーニに一番風呂をとられたシーンです。吉田松陰は一番風呂に入ることにすごくこだわっていて、それをパガニーニにとられたときに、すねるというかおこるんですよ。「わからんのか!? この一番風呂をとられた悲しみを!」と。そこがかわいいなと思いました。演じていても楽しかったので印象に残っています。意外と料理にもこだわりがあるキャラクターなので、結構家庭的な感じなんですよ。

――研究生(プレーヤー)には最初から好意的なんでしょうか?

 最初は、「俺はここの先輩だから面倒見てやるよ」という先輩キャラだったんですけど、面倒を見ているうちに……というのが描かれている部分もありました。ただ、吉田松陰はうぶというか、なかなか自分の好きという気持ちをうまく伝えられないんですよ。だけど、さりげなく「そういうとこ好きだぜ」とかは言っちゃう。すごくじれったいので、少女漫画を見ているような感じはあると思います。

――吉田松陰は、面倒見のいいキャラクターです。生田さんご自身は、世話を焼かれたいですか? それとも世話を焼きたいタイプですか?

 僕は、絶対焼かれるんですよ。焼かれるし、焼かれたい(笑)。今まで生きてきたなかで、僕が世話を焼いた回数はそんなにないと思います。どちらかというと、いつも困ったときとかに誰かに手を差し伸べてもらって、「大丈夫か?」と言われるほうだったので、そういう意味では松陰とは逆かもしれないです。先輩、家族、友だちもそうですし、わりと周りの方々に手を差し伸べられていきています。僕はひとりじゃ生きていけません!(笑)

――偉人とは、並外れて優れた人物をさします。生田様がこれまで見た、もしくは聞いたなかで、この人は歴史に残る! すごい! と思ったエピソードがありましたらお聞かせください。

 ものすごいスケジュールなのに、仕事をテキパキとこなす人はすごいと思います。僕はバンドもやっているんですけど、マネージャーがかなり有能な方なんですよ。僕はその方に出会って、人生で初めて人に対してショックをうけました。

 僕ら以外にもアーティストさんを抱えていて、スケジュールを見るとバーッと埋まっているのに、「俺ならいける!」と言って本当に全部こなしてしまうんです。そこまでこなして、身体も壊さないし、休まないし、働き続けているんですよ。この人はたぶん本当にすごい人なんだろうなと思いました。僕ならアップアップして、誰かに手を差し伸べてもらいたいので(笑)。

――読者の方へメッセージをお願いします。

 この作品は、輪廻した偉人たちが、いろんなキャラクター性を持って学園生活を過ごし、ときには戦っていく作品です。ブラウザだけでなく、スマホとの連動もあるようなので、ゲームとしての楽しみもどんどん広くなっていくと思います。

 もしかしたら今後キャラクターも増えて、世界観がさらに広がるかもしれません。ぜひみなさん楽しみにしていただいてほしいと思います。僕自身もPCゲームが好きなので、とても楽しみです。みなさんも僕と一緒に楽しみましょう!


 次回は二コラ・テスラ役の武内俊輔さんのインタビューをご紹介予定。ゲームと合わせてぜひ、チェックしてくださいね。

(C)Link-a-Nation
(C)2013 TMS ENTERTAINMENT CO.,LTD. All rights reserved.
(C)mixi, Inc. All rights reserved.

その他のおすすめ記事

関連サイト

電撃Girl'sStyle

最新号紹介

  • 電撃Girl’sStyle2月号

     電撃Girl’sStyle2月号表紙画像

    2017年1月10日発売/特別定価980円


    【スペシャル付録】
    ★『MARGINAL#4』&『スタンドマイヒーローズ』両面B2ポスター
    『MARGINAL#4』は、パフォーマンス中のマジフォーメンバーがお目見え! 『スタンドマイヒーローズ』は、今大路峻、槙慶太、山崎カナメ、都築京介の4名のおやすみ姿のイラストが登場。

    ★『プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE』エピソード2 グッズ付きガルスタシート申込コード
    エピソード1が大好評のうちに終了した『プリステ』より、早くも4月に上演されるエピソード2の申込コードが付録に! FiFS描き下ろしのグッズ付きで観覧できるのは、ガルスタシートだけ!!

    【巻頭特集『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズ】
    シリーズ初のPS Vita移植タイトル『うたの☆プリンスさまっ♪Repeat LOVE』の発売まであと少し。ますます盛り上がる『うた☆プリ』シリーズを、10Pにわたって大特集。ガルスタが極秘入手したアイドル候補生時代の7人の秘蔵インタビューを一問一答形式で掲載。プロローグのルート別最速プレイレポート、TVアニメ『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』の名場面&挿入歌のおさらいも。

    【ガルスタイチ推し! ウワサのモテ男子『文豪とアルケミスト』】
     精神の世界である“本”を守るため、有名な文豪たちを転生させて戦う本作から、芥川龍之介の描き下ろしイラストが到着。ゲームのポイントをわかりやすく解説し、開発スタッフに図書館の疑問を直撃。イベントでの追加要素も紹介!

    【初夢特集2017~今年最初に見た夢は?~】
    ガルスタだけの描き下ろしイラストやショートストーリーが満載!
    『花朧 ~戦国伝乱奇~』
    『スタンドマイヒーローズ』
    『ドリフェス!』
    『プリンス・オブ・ストライド』
    『ときめきレストラン☆☆☆』
    『A3!(Act! Addict! Actors!)』
    『明治東亰恋伽』
    『DIABOLIK LOVERS』シリーズ
    『マジカルデイズ The Brats’ Parade』
    『夢王国と眠れる100人の王子様』
    『剣が君 百夜綴り』>
    『茜さすセカイでキミと詠う』
    『アイ★チュウ』

    >> 詳細はこちら